再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょこまか動き五十年

<<   作成日時 : 2010/05/13 17:52   >>

トラックバック 0 / コメント 7

画像


筍飯喰うて世に出ることもなし  玉宗

『ためしてガッテン!』を何気なく見ていたら、
  • <高血糖をふせぐにはどのような運動をすればいいの?>
  •  みたいなテロップが出て思わず喰いついた。その運動は要するに「ちょこまか動き」なのだという。3分間の動きを一日10回繰り返すのが理想的ならしい。一回だけかと期待したのだが10回ということで少し誤魔化された思い。

    番組では、<運動の趣味がない方でも、会社までの歩きや階段の上り下りなど、日常で普段使っていない「ちょこまか動き」で、筋肉の刺激を積み重ねてAMPキナーゼを活性化させてみましょう!>と、結論付けている。

    要するに、喰うただけのエネルギーを代謝させないからいろいろマズイことになるのだろう。なんでも溜め込むのはよろしくないということか。メタボ解消のために吾が五体へも布施の心で付き合ってゆくのが大事なんだね。


    画像


    端居せる酒池肉林の埒外に  玉宗

    ところで、インドかどこかで、70年以上物も食わず水も飲まず、排泄もしないで生きてきた仙人のような老人がいたとかで騒動になっているらしい。人間もここまでいけば宇宙的神秘である。どうでもいいけど、あれって、エントロピーの法則に反するんじゃなかろうか?
    (仙人だって霞を食うというのに!達磨大師さんだって面壁九年である。しかし達磨さんのあの体型はどう贔屓目に見ても、何も食べていなかったとは言えないが・・・)

    件の老人はこれまでどのような経歴で過ごしてきたのだろうか?形而下的にも形而上的にも何か生産的な仕事をして来たのだろうか?何もせず、ただ坐っていたのだろうか?だったら、もっと前に注目されていてもよさそうなものだが。山奥に隠れ住んでいたのだろうか?
    人間離れした在り様に驚かされるのはよくあることだが、痴呆老人の虚言であるとしたら、なんかちょっと切ないものがある。

    画像


    破戒せしごとく薄暑の茶漬け飯  玉宗


    それでもどこかに羨むこころが私にはある。「ちょこまか動き3分×10回」よりも余程エコではないか!

    もしかしたら、物に飽食し、文明の飽和状態にある現代人へ、この老人は無言の警告を発しているのかもしれない。

    <ちょこまか動き回り二酸化炭素を排出し続け、地球の生態系や自然を回復不可能にしてしまった人間よ。神よりも悪魔の領域に近い人間よ。何かすることが何もしないことより高尚であると錯覚している人間よ。私を笑うことは簡単だが、地球上に人類の墓穴を掘らぬように心したまへ。>





    よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

    にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ








    テーマ

    関連テーマ 一覧


    月別リンク

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(7件)

    内 容 ニックネーム/日時
    > 管理人様

    > ところで、インドかどこかで、70年以上物も食わず水も飲まず、排泄もしないで生きてきた仙人のような老人がいたとかで騒動になっているらしい。

    やっぱりインドだな〜って思いますね(笑)
    tenjin95
    2010/05/13 18:47
    市堀玉宗さん  こんばんは!

    世の中色々な人がいるものですね。
    食わず70年も生きるとは・・・。
    信じていませんが・・・。
    本当だとしたら、ノーベル賞ものですね。
    私も教えて頂きたいものです。(笑い)
    陽だまり
    2010/05/13 20:25
    面白いですね。究極のエコ人間は、生まれなかった人間でしたか。そうなると、地球の誕生も宇宙の存在も無駄の固まりだった。はて。
    志村建世
    2010/05/13 23:27
    蒲筵暫時暫時で還暦に     よし
    yoshiyoshi
    2010/05/14 02:43
    筍飯喰うて世に出ることもなし 玉宗
    ・・・同感です。
    湘次
    2010/05/14 08:55
    筍飯、筍寿司美味しいですね、
    今のところ筍だけは旬が有りますね。
    インドのお年寄りこそエコ人間ですね、
    地球上全ての人がこの様でしたら、食料の奪い合いもなくなるでしょう。
    愛媛子
    2010/05/14 09:16
    TENJIN95さま。仙人がいるんでしょうね。今でも仰天するような行者がいるのでしょうね。お釈迦様が極端を避けて中道を歩まれたのも肯けます。
    陽だまり。もしかしたら、人類を救う発見になるかもしれませんね。いや、ほんと。
    志村建世さま。いったい何のために生まれ、存在しているのかという哲学的問題でさえ感じられます。
    よしさま。もうすぐ還暦ですね。他人事かと思うちょりましたが、いやはや、わが身ながらも哀れなりけり、です。(笑)
    湘次さま。出る杭は打たれる、そんな人間に私はなりたい。(笑)出ることも儘なりません。
    愛媛子さま。今日も笋飯を戴きました。自然の恵みを戴いて生きる存在なのだと毎年のことながら気づかされます。食に謙虚でありたいですね。合掌
    市堀
    2010/05/14 20:37

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
    ちょこまか動き五十年 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる