再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 「愛語」・言葉には体温がある。

<<   作成日時 : 2010/05/02 05:46   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像
 

かたくりの花りんりんと通り雨  玉宗


「愛語」

輪島の朝市を通ると、両側に並んだ出店の中から売り子のおばちゃんたちが声を掛けてくる。

「お客さん、こうてくだ。」

この「こうてくだ」という言葉について先日、地元新聞紙『北国新聞・社会面』に記事が載っていた。内容を掻い摘んで言えば、朝市の掛け声も変わってきているというもの。一昔前までは「こうてくだ」は観光客へのごく普通の掛け言葉だったのだが、今ではそれに代わって「こうてって」が主流らしい。それは単に売り手側の世代交代という理由だけではなく、買い手側の問題もあるというもの。

「こうてくだ」という言葉を聞いて「余り、良い感じはしない。ちょっと怖いな。押し付けがましい」という評判が近年多くなったらしい。新聞では古老の話として、本来「こうてくだ」にはその様な意味はなく、「こうて」は「買って」であり、「くだ」は「ください」を略したものだという。それが、どうして聞き取り側には極端に言えば強迫めいて受け取られるのか?

画像



板橋禅師は以前から「言葉には体温がある」とご指摘なさっている。「こうてくだ」も語る人によっては「買ってくれよ!」みたいな響きをもつこともあろうし、「かってくださいませんか?!」というような波長が伝わってくることもあろう。その人の心模様が響きとなり、光や影となり相手に届くのであろう。

「こうてくだ」だけではない、「死」や「愛」という言葉一つでもその温度差によって相手の反応も違ってくるものだろう。勿論、その場に適した言葉を選択すること、そして語彙や素養があれば意思の疎通に便利だろうが、便利さだけがこころを通わせる秘訣ではなかろうと思う。

もっと言えば言葉以前のもの、生きる姿勢の真実が言葉に力を与え、相手に伝わるのではないか。そこには確かに「体温」と言ってよいものが感じられる。こころのひろやかさ、こだわりのなさ、やわらかさのようなもの。

人を活かし自己を活かす「愛語」。それもまた布施のこころがなくては適わないものである。「こうてくだ」問題は、売る側、買う側双方に解決のさじが投げ掛けられている。私はそう思う。




よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
> 管理人様

公案を議することを「商量」などといいますが、これはまさに、「売り買いの議論」ということであり、我々の言葉には、ご指摘の様な「売る側、買う側双方に解決のさじが投げ掛けられている」というのが、常に問われていると感じています。
tenjin95
2010/05/02 06:48
おはようございます。
この新聞、読みました。私がこの「こうてくだ!」を
聞いたのが、小3年の終わり、転校して初めのころです。友達とオヤツを買いに行った先で「これ、くだ!」友達の言葉に? でもそんな嫌な印象は無く
私も真似して言ったものでした。
暖かい言葉だと思います。そういえばこの前輪島へ行ったとき あまり聞かれなかったですね。
残していって欲しい方言です。
ルフレママ
2010/05/02 10:49
私は難しいことはよく解らないけど
どんな言葉を使うにしても
口から音を発してでるいじょう
それは自分のきもちを、相手に伝える手段なのだから
その時は単なる言葉でなく
心になっていると思います
後は相手にどう伝わって欲しいかの
本人の使い方と
受け取る側の受け止め方で
こうてくだ(^^)(^^)
あら〜〜これくだ(^o^)!
で、かなり印象は変わります
こうてくだ(-_-)(-_-)
う〜んもう少し考えてからに〜〜(^^;)
言葉は昔から伝わるものであれば、、それ自体に
安心感があり
伝える心がこもれば更に活き活きと、その言葉は
相手の心をくすぐっていくのだと、、、思います
何とか、寒とか、、訳のわからないことを書きながら
方言はなくさないで欲しいものです〜〜〜
ナズナ
2010/05/02 22:33
こんばんは
私には普通の掛け言葉のニュアンスが感じられますね。
高岡生まれだからかな?
挨拶の言葉ですね。
湘次
2010/05/02 22:38
tenjin95さま。コメント恐縮です。馬の耳に念仏とならぬよう生きていきたいものです。
ルフレママさま。今年のゴールデンウイークは朝市を訪れている観光客が多いそうです。掛け声も必死でしょうね。必死さにも節度が必要です。買い手があっての商売。信頼を売り買いしているのだと思います。
ナズナさま。口から発したときに既に心模様、その姿が表現されている。まさにその通りだと思います。心は姿かたちを介して通ずるほかありませんね。
湘次さま。聞きなれた言葉。それは身にも心にも馴染んでいるのでしょうね。悪意・善意を聞きとめるのは受け取る側の度量にも関わる問題ですね。合掌
市堀
2010/05/03 18:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
「愛語」・言葉には体温がある。 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる