再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 神様になりたがる人間

<<   作成日時 : 2010/05/24 05:13   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像


生きるとは貝になること五月雨  玉宗

宮崎県の口蹄疫感染が終息する様子が覗えない。畜産関係者だけではなく、多方面に亘る影響が既に出始めているようだ。ウイルスによる人間社会への逆襲は今に始まったことではない。地球上から完全に姿を消した天然痘を除いて、彼らは姿を変え次から次へと波のように押し寄せては引き返し、引き返しては押し寄せる。そんなことも他人事であったが、小奇麗になった現代社会にも未だ息を潜めているウイルスの存在。パンデミックという言葉も私には耳新しかった。

食べると言う事は厳粛にして切ないものではある。先頃、インドで七十年間飲まず喰わず、排泄もしていないという仙人がいたとかいないとか。ある意味、彼は厳粛さを欠いていて喜劇的でもあった。

それは論外として、採食主義者であろうが、肉食であろうが、雑食であろうが、人間は地球上に存在し始めてからこの方、自己の外から他の命を戴いていることに変わりはないだろう。遺伝子操作やクローン技術の倫理性が問題視されているが、太古の昔より、人間は生きるために小動物を家畜化したり、野菜の量産化をしている。それはどちらも人間の本質的な手前勝手、自己保存欲の延長線上での作為であることに違いはないだろう。科学の力を借りているだけのことで、それをしも人類の進歩・進化と称賛すべきかどうか私には解らないが。

いづれにしても、生きるために物を食するということは、自己以外の命を戴き、体内に取り込むという賭けでもあり、薬にもなれば毒にもなるという事ではなかったか。存在すること自体リスクを伴っている。存在を否定する条件の中で命はなんとか保持されていると言ってもいいのではないか。奇跡と映るのも人間存在の危うさを知る故であろう。

画像


それにしても人間の食の貪欲さよ、と思わないではない。地球的に見れば、飢餓に瀕している民族国家がいる一方で、どうすれば食い過ぎることなく快適に長生きできるだろうかと腐心している国民がいる。食うための争い、争うために食う。食うために生き、生きるために食う。そこには命の尊厳という神の領域に抗う者の悲喜劇が見え隠れする。

人間は、自分が神やお天道様に支えられ生かされている弱い存在である。草や木や水や光りや動物の命を施されて存在している。その弱さを克服する為とはいえ、そして宿命であるとはいえ、なんという傲慢な動物になってしまったのか。神様を畏れていたことも今は昔。神様の真似をしたり、神様に成りたがったことも今では笑い草のようにも思える。

人間はいつから人間以外のものに成り下がったのだろう。



*宮崎県では、4月20日の県における口蹄疫発生以来、口蹄疫防疫活動により影響を受けた畜産農家に対する支援を行うため、5月14日から「宮崎県口蹄疫被害義援金」を下記により募集していますので、ご協力をお願いします。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html 


よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
生きる為に食うのだから
それが一番であるとは云えない
ましてや食う為に生きるのなら
もはやそれは人である必要もない

山牛蒡咲けば遺言を書くべきや   よし


yoshiyoshi
2010/05/24 05:44
おはようございます
 昨日のテレビで野菜のありがたさが改めて分かりました。特にトマトは素晴らしい野菜ですね。
湘次
2010/05/24 08:54
最近食事の時に「いただきます」を言わなくなったと聞きます、
沢山の命の上に、人間の命の繋がりが有ることを忘れず、常に頂きますの感謝が必要と思います。
これが人として最低の感謝と思います。
愛媛子
2010/05/24 09:51
贅沢な肉牛、畜産農家の苦労、疫病・・・
和尚さまがお書きになっているように、単に人間の食の問題ということ以上に考えさせられる、複雑な問題ですね。
最終的には「命をいただく」ということに対する、私自身の向き合い方が、問われているということでしょうか。
考えさせられました。
真山合掌
真山
2010/05/24 15:16
よしさま。人間が特別なものではない事を肝に銘じなければなりませんね。
湘次さま。トマトですか。それはしりませんでした。私は好きですが、なんか昔の味がなくなり、ちょっと引き気味ではあります。
愛媛子さま。同感です。それは学校教育とか家庭教育とか云う前の人間教育としてほしいものですね。
真山さま。道元禅師が食に関して懇切丁寧に説かれておられるのは「行」の本質に大きく関わる領域でもあるからでしょうね。お体、お大事に。四大調復を祈ります。合掌
市堀
2010/05/25 07:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
神様になりたがる人間 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる