再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS お坊さんは被災者のために何ができるか?!

<<   作成日時 : 2011/03/24 06:51   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像


寄居虫と子供が覗く忘れ潮 玉宗


輪島市門前町の曹洞宗大本山總持寺祖院の雲水さん達12人が23日、輪島市内で東日本大震災の義援金を募る托鉢を行った記事が地元の北国新聞夕刊に載っていた。祖院は能登半島地震で殆どの伽藍に被害を受け、現在復旧工事が施されている最中である。復旧に際しては全国の宗門寺院は勿論、多くの一般檀信徒からの援助を受けている。このたびの東日本大震災の被災地には同じ被災者として無関心ではいられないであろうし、無関心である筈もない。
宗門寺院の被災状況も未だ全容を把握できていない中での、義援金托鉢である。ジッとしていられないのはお坊さんも同じである。現在、日本中のだれもが何かしたいと思っているに違いないだろうし、被災者と何らかの縁がある修行者もまた多いのである。祖院の中にも、連絡が取れないでいる嘗ての修行仲間がいるし、私自身も被災地で苦労しているであろうお寺さんの顔がいくつも浮かぶのである。

画像


今日、永福寺に新聞記者がやってきて、能登半島地震の被災者として、東日本大震災の被災者のためにできることがありますか?といような質問を受けた。昨日まで異なる2社の新聞社から同様の取材を受けている。明日の25日で4年目になる能登半島地震被災の日が近くなると、例年のように取材を受けるようになった。今年は東日本大震災の陰で忘れられていくのであろうと思っていたのだが、そうもいかないらしい。

規模は違っても同じ地震の被災者ではあるが、あちらは大津波が襲い、二重の災難である。その心情は察するに余りある。被災したお坊さんとして私になにが出来るか、それを思わぬ訳ではない。
個人的に義援金を送ることと、併せて永福寺の御開帳法要の浄財を提供しようと計画している。これは金銭的援助である。
金銭的援助とは云うものの、お寺のお布施は人様から頂いたお金、宗教活動のために檀信徒から預かっているような性質のものである。それを住職の采配だけで勝手に支援金として使っていいのかという疑義もない訳でもないのだが、然し、一般社会の財布の中身も、お坊さんの賽銭箱の中身も、巡り巡って偶々ここにある預かりものであるというもう一つの本質に変わりなかろう。その辺はお坊さんも遠慮なく、義援金として活用してほしいものだ。

画像


また、拙ブログに於いては、震災後、東日本被災者への応援メッセージとしての色合いが濃くなっている。思えば「再生の旅」は能登半島地震に被災した私というお坊さんの生き様を発信してきたつもりだ。それが、どれほどの人へ、どのように伝わっているのか想像の範囲も狭く心許ない。それは現在も続いていると云っていい。これが、市堀玉宗というお坊さんとしての被災者への支援の在り方と取ってもらってもいい。

私自身は、お坊さんとして何が出来るか、という自問もないではないが、人として何が出来るのだろうかと生きているようなところがある。被災者へのアプローチもそのスタンスである。ご縁があればボランテイアとして現地に入ってもいいが、能登に居ながら、或いは現地へ駆けつけお経をあげて供養する、或いは復興を祈願するという在り方もあろうし、ブログからの言葉の支援もあろう。支援の在り方も、人さまざまである。こうでなければならないというものではなかろう。基本的には出来る範囲でするのだろうが、出来そうもないことも少しだけ無理をしてできればいいな、とは思っている。どちらにしても、具体的でなければなにもしないに等しい。








よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
 現地の救援の映像を見て少しはほっとしていますが、今回は特に長期間の支援が必要ですね。
湘次
2011/03/24 08:04
復興のイメージ湧きません。
親族の学生たち2人は春休みなので
地震の前から海外に行っています。
アメリカ移住したい男の子と
オーストラリアに逃げたい女の子がいますが
何も言わない子達は引きこもりで・・・(笑)

唯一頑張っているのが姪のお婿さん
海上保安庁勤務、神戸を出て八戸に上陸した後
今遺体収容の任務に就いています。

二週間の間に大犬の陰能が
いっぱいいっぱい咲きました
去年と全然変わりなく愛らしく惜しみなく。
いらくさ
2011/03/24 21:45
おはようございます。
オオイヌノフグリ
字を間違えていますね私。

良いポスターが出来ました!
5月が楽しみです。


いらくさ
2011/03/25 05:31
はじめまして。巡り巡ってたどりつきました。

私は寺の嫁です。
こちらも微力ながら、被災地へ義援金を送らせていただきました。
復興するまでは長期にわたって続けます。

「人として何ができるか」
全く同意見です。

ブログ、拝見出来て本当に良かったです。
てらよめこ
2011/03/25 19:15
 湘次さま。
原発がまだ気にかかりますね。なんとか好転してほしいものです。

 いらくささま。
そうでしょうね。
原発の影響で、被災者支援もままならないようですね。意外と気丈夫な、いらくささん、大丈夫ですか?!無理をしないでくださいね。
現地で救援、支援、復興に尽力している多くの方々に頭が下がります。

 てらよめこさま。
コメントありがとうございます。
おっしゃるように、復興には、これまでにない長い時間を必要とするでしょうね。それは物心両面においてということになるでしょうね。
また、お立ち寄りください。
合掌
市堀
2011/03/25 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
お坊さんは被災者のために何ができるか?! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる