再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 「自未得度先度他」・お坊さんというおせっかい屋さん?!

<<   作成日時 : 2011/04/13 04:28   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


春風に吹かれて僧の舞ひ上がる 玉宗

春めいた陽気が続いている。興禅寺の桜も開花した。陽気に誘われたようにここ数日、変なおじさんがやってくる。

まずはお香屋さん。
大阪にあるお香の会社の社員だという。社長さんから、在庫になっている商品を売り捌いてこいと厳命されて、格安の値段でご提供させていただいているのだという。ご提供と言っても買う買わないの話ではある。沈香と伽羅の香木を焚いて香を嗅がせてくれたが、鼻が利かない私にはよく解らない。元々お香には興味がない。
夫人はお香に拘りがあるのだが、今回は余り気乗りがしないのか、私に「いらないよ」という合図を送ってよこす。お香屋さんを座敷に上げたのがよくなかったのか、頻りに勧めて引き下がる様子がない。「おいら、いらないよ」と言っても、聞こえないふりをする。
夫人は夫人であきらかに欲しくあり欲しくもないという思いで揺れており、いつものようにはっきりした意思表示をしない。二人の逡巡をお香屋さんは見逃さなかった。沈香一袋をさらに格安な値にしてきた。

「まっ、いいか。夫人、買ってもいいんじゃない」

ということで、不本意ながら買ってしまった、といより買わされてしまったという感が強い。

お香屋さんは仕事が終わると領収書を置いてサッサと退散していった。
早速、袋を開けてみると沈香には違いないのだろうが、削られた数枚の殆どが色も薄く、如何にも安っぽいベニアのような切れ端である。これ見よがしに夫人の嘆息が聞こえる。

「お父さんが座敷に上げるから、こういうことになるのよ。玄関でいらないって言えばそれで済んだのに・・・」

「だって、おまえが欲しいのかなと思って・・・いらないって言えばいいのに・・おいらのせいにせんといてちょ」


画像


次にやってきたのは石屋さん。外に出て開花した桜を眺めていると見知らぬおじさんが声を掛けてきた。

「先生、石いらんかね」

「石?」

「庭石なんですけどね。見るだけでもどうですか、先生」

お坊さんを先生と呼ぶ人種がいる。見たい思いもあったが、見るだけでは済まなくなる失敗をしたばかりだったので、即座に答えた。

「ああ、いらないよ」

「先生、見るだけでも・・・」

「ご苦労さん」

「・・・・・・」


画像


最後は私。

毎日、ご開帳の勧進に戸別訪問をしているのだが、お香屋さんや石屋さんと大差のない生業に見えないこともない。お坊さんというおせっかい屋さんのご提供。寄付行為という善意を勧めるのであるが、勿論、強制できるようなものでもないし、できる筈もない。お布施・寄付行為が宗教的作善であることを教え含めるのに苦労している。

勧進は布教とか教化と呼ばれる宗教活動と多少趣は違い、仲間を募るといった観がある。事例によっては宗教的決着より、人様をお誘いすることこそが本筋になっているようなものも見受けられ、どうなんだろうといらぬ心配をしたりする。

宗門には「自未得度先度他」という教えがある。自分はまだ悟ってもいず、宗教的安心を得てもいないのに人様に宗旨を勧誘、ご提供するとは如何なものか?という疑問は昔からあるようだ。一見、ご尤ものようではあるが、本当にご尤もと言い切れるものなのかどうか。

世間には悟りとか安心というものが貯蓄のように貯めておくことが出来ると思っている節がある。悟り、安心は生モノで貯めがきかない。「度」がないとか保障の限りではないという話ではなく、この橋は「一人しか渡れない」ものなのである。自己を渡るのは自己のみ。それが仏道の面目であり、おせっかいの面目である。畢竟、行くも行かぬも自己責任の世界であり、お坊さんの勧進も「こんな世界、道がありますよ」という程度のものである。坐禅を勧めることも同じ理由による。

「ご開帳の勧進に参りました」

「けっこうです」

「そうですか、また、ご縁がありましたら、よろしくね」

縁がなければ即ち去るというのが、お坊さんの基本的ご提供の姿勢だと思うが、「そうじゃない。縁がなければ即ち努める、というのが菩薩なんじゃ」と諭されたお方も居られる。一人よりふたり、二人より三人。不特定多数の縁なき衆生に仏縁を、という誓願を持つのもお坊さんの存在意義ではある。
然し、おせっかいお坊さん。それはどこかドンキホーテのような悲喜劇の様相を呈していなくもない。






よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
 定期的に来る顔なじみは別として訪問販売の品物で満足した話は少ないですね。
 
湘次
2011/04/13 08:24
 湘次さま。
怪しげな犯罪が多くなった現代、訪問販売する方も苦労が多いでしょうね。
いづれにしても「信用」のやり取りですね。
合掌
市堀
2011/04/14 07:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「自未得度先度他」・お坊さんというおせっかい屋さん?! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる