再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS お坊さんという被災者

<<   作成日時 : 2011/04/20 04:12   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像


亀の鳴く世に遺されしものばかり 玉宗

東日本大震災では未だ行方不明の方々が多くおられる。その中にはお坊さんもいる。どうしたことか、お寺の被災状況がマスコミでは余り話題に上らない。

実は曹洞宗宗門だけでも未だに寺院の被災状況が把握し切れいていない。人の噂では50棟以上のお寺が全壊したたのではないかというものもある。亡くなったお坊さんも多くいるのではなかろうか?ご法事でもされていたのか、お袈裟を掛けたままの遺体が発見されたという話もある。地震後のお墓を点検しに行って津波に浚われたご住職もいたらしい。

地震と津波で、伽藍は勿論、お墓も、檀家さんも、無くしてしまったお坊さんがいることは確実である。
お寺の復旧・復興もまた大きな困難が待ち受けているだろう。その中には、地域の拠り所となっていたお寺もあっただろう。お寺を支える条件が崩壊してしまった可能性がある。その中には能登半島地震に被災した興禅寺を支援して下さったお寺もある。気が気ではないが、現状が把握できないままで現地に駆けつけることを躊躇している。開帳法要が終るまで手も足もでない状態である。せめては義援金を送ることで事を済ませている。申し訳ない思いの中で日々を過ごしている。

諸行無常。お寺の世界もその例外ではなかった。

「宗教団体の被害状況・安否情報」http://www.facebook.com/topic.php?uid=170476679671514&topic=206&post=516


ご縁のある皆様へ

3月11日発生した東北地方太平洋沖地震・津波で広範囲で甚大な被害が出ています。
この未曾有の災害に対し今後長い支援が必要になると思います.
拙ブログで何度かご紹介してきた「神戸・被災地NGO協働センター」のスタッフと足湯隊のメンバーが宮城県の被災地に入って活動を始めようとしていますので、この活動に対し後方支援するため募金活動を行っています。

募金は直接「神戸・被災地NGO協働センターhttp://www.pure.ne.jp/~ngo/の方へご送金くださっても結構です。

〒b927−2151
石川県輪島市門前町走出6−66ー4
       災害ボランテイア支援友の会
  
        








記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 被災され亡くなった方々を火葬し、読経をする活動を宗派を超えてボランティアのお坊さん達が支えている、という記事を読みました。ご家族が「お経をあげてもらって、ほっとしました」と言ってたのが印象的でした。
記事の数としては医者のそれよりも少ないですが、被災県では取り上げられたりしています。
 「私は何ができるんだろう」と多くの人が自問自答し、自分を責めています。息長く支援の活動も寄り添う気持ちも持ち続けたいですね。
くろちゃん
2011/04/20 07:19
おはようございます
 またひとつ天災のハードルが高くなりましたね。
湘次
2011/04/20 07:54
記事を読んでいて......何だか目頭が熱くなってしまいました。

ご遷化された方丈様の大寂定中更なる安寧を祈念申し上げ、亡くなられた犠牲者に衷心より哀悼の意を表します。礼拝合掌
叢林@Net
2011/04/21 00:08
 くろちゃんさま。
読経ボランテイアですね。存じ上げていました。
まさに捨身供養、捨心供養ですね。敬服します。
仰る通りに将来を見据えた支援が欠かせませんね。
あきらめない志が試されていると思います。

 湘次さま。
想定外が言い訳にならない様に、智慧を尽くしてほしいですね。  

 叢林@Netさま。
ご奉仕、ご苦労様です。
ボランテイアも被災者も知らないうちに身心に疲労が溜まります。無理をせず、ご活躍ください。
合掌

市堀
2011/04/21 15:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
お坊さんという被災者 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる