再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島からの手紙

<<   作成日時 : 2011/06/09 03:24   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像


福島は
緑陰に逃るる術もなかりけり 玉宗

東日本大地震、大津波、原発被害と何重にも被害を受けている福島に住む知人から手紙が届いた。今年八十歳をこえた夫人からのものである。差しさわりのない範囲だが紹介させていただく。今現在も震災被害の中で暮らさざるを得ない慎ましい老夫婦の姿がここにある。

「拝啓 郭公の声を近くに聞く頃となりました。
この度は三十三年ぶりの御開帳法要、御喜び申しあげます。
地震よりの復興だけに感慨深いものがありましたことでしょう。

福島も地震以来原発で困りました。家の周りは運よく地震被害はまぬがれましたが、処によっては屋根瓦の落下、土蔵が倒壊、石塀の崩壊などの被害がありました。
現在、放射能の高いところの方々が避難されて来ています。福島は盆地のため放射能が高いのだそうです。学校では子供たちもあまり校庭に出ることができず、通学も皆マスクをして異様な姿ではあります。

山の雪、川魚なども大変汚染されているようです。街も人出が少なく、これから米、野菜、果物など、出来あがっても売ることが出来るのだろうかと心配です。サクランボの季節ですが、店には出回っておりません。
原発は、東電の管理の元、以前から週に一度は故障のニュースがあり、下請け業者任せの有様でした。今回の被害は天災であるとともに人災がこんな惨い結果になったのだと思います。

目に見えないものだけに恐ろしさに皆怯えています。
余裕のあるお子様方は遠方に避難されて、幼稚園などは大分園児がいなくなったと聞いております。原発は良くなる気配が少しもなく、また爆発や余震が起きて避難することがないように祈るばかりです。

市内の公民館は津波に遭われた方々が一時避難所として使われ、4月5月は使用できませんでした。6月から使えるようになり、句会も2カ月ぶりに再開します。私も膝が悪くて外に出ることも少なく、俳句を作るのに苦労して居ります。

主人も八十九歳になり手が掛るようになり、老夫婦とはこんなものかと日々を過ごしています。今年は朝がとても寒く、風も冷たく、主人などは毎日変な天気だなあと呟いて居ります。
「がんばれ・ふくしま」が有名になってしまいました。幟もたくさん立っています。私どもなどは人様のために「がんばる」こともできないので、人様の御世話にならない様にしなければと頑張るほかないですね。

隣の家の花を見てこんな句が出来ました。

鎮魂の海見はるかす紫木蓮

白木蓮では哀し過ぎますね。
一日も早く原発の影響が終息することを念じています。もう二人とも十分生きてきましたから、あまり深刻に考えず暮して参りたいと思っています。どうぞ、お元気で。かしこ 」

画像


海神へ浜昼顔は耳澄まし  玉宗

風薫る幾たび別れ重ねても

青葉木菟甲斐なき夜を泣きにけり

遺されてこの世の草を引くばかり

みちのくの魂滴れる青山河









記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この俺も萊の杖に縋る頃  よし
yoshiyoshi
2011/06/09 05:17
おはようごいざいます
 やはりこころの支えがあると苦境でも生きていけますね。頑張ってほしいですね。
湘次
2011/06/09 07:03
おはようございます。
近くを散歩してきました。
今日は犬3匹と飼い主2人にあいました。
元気に歩いていましたよ。
放射線は鼻の良い犬でも
感じられないものなのですね・・・・・
いらくさ
2011/06/09 07:20
市堀玉宗さん こんばんは!

歳を重ねるたびに、人様のことを
考えて生きるとは偉いものです。


陽だまり
2011/06/09 19:15
こんばんは。
お年寄りの被災地での暮らし、切ないものがありますね。どうぞお気をつけてとしか言えませんが。。。
今日 金沢も小さな地震がありましたが、そちらは? 
ルフレママ
2011/06/09 23:12
 みなさま、コメントありがとうございます。
結局は平生の生きる姿勢が非常時に於いても芯を貫くのだと思います。老夫婦二人のご静謐を祈るばかりです。
合掌
市堀
2011/06/11 06:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島からの手紙 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる