再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆるキャラ文化を考える

<<   作成日時 : 2011/09/20 04:53   >>

トラックバック 1 / コメント 4

画像


コスモスに吹く風吾にも欲しいと思ふ 玉宗

流行語大賞にもなったという「ゆるキャラ」であるが、門前町の總持寺通り商店街にも数年前からそれらしいものが立ち始めている。「禅の里」を自任している地元の好意を汲み取っているらしいが、少し「ゆるさ」が足りないようにも感じられる。従来からの「お坊さん」イメージをもっと逸脱してもいいのではないか。なんか、以前からどこかで見たような「キャラクター」ではある。奈良の「せんとくん」のような画期的なキャラを生み出す予算も覚悟もなかったのか、保守的であると言われている石川の県民性が出てしまったのか。商標登録で訴えられなければいいのだがと、要らぬ心配をしてしまう。因みに、名前は「もんちゃん」と呼ばれている。「門前」の「もんちゃん」なのであろう。この命名は確かに「ゆるい」。総じて私的には、もっとゆるくてもいいのではないかというのが第一印象であった。

「ゆるキャラ」の提唱者であるみうらじゅんは、あるキャラクターが「ゆるキャラ」として認められるための条件として、以下の三条件を挙げている。

1.郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること。
2.立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること。
3.愛すべき、ゆるさ、を持ち合わせている事。

これに加えみうらは「原則として着ぐるみ化されていること」も条件に挙げているが、「もんちゃん」は未だ着ぐるみ化はされていないようだ。

画像


「ゆるキャラ」と同じ土俵上の社会現象としていいのかどうか解らないが、日本の「マンガ」や「アニメ」等の「文化」が世界的にも注目されている。日本国内に於いても商業的には勿論、政治家を始めとして、ここにきて多くの日本人がこれらを日本独自の文化として注目し、売り出している。躍起になっている風潮すら感じられる。思索的・自立的というより情緒的・大衆的になりやすい農耕民族日本の心象風景なのだろうか。或いは未だに続く戦後日本の敗戦国風景なのか。

ゆるキャラ等の大衆文化に共通するのは「わかりやすさ」ではないだろうか。

何が解ればいいのだろうか?どこまで解りたいのだろうか?本当に解りたいのだろうか?解らないことは本当に悪なのだろうか?解ればすべていいのか、解ったつもりで誤解しているのではないのか、本当は自分のことも他人のことも解って貰いたくないのではないか、みんなと同じように解らなければ社会人として不適格の烙印を捺されるのだろうか、言葉にすることだけが解ったことの証明なのだろうか・・・等々。
今の社会風潮を見ていると、こんな風に切りもなく問い掛けたくなってしまう臍曲がりな私がいる。

画像


「わかりやすさ」が求められる現代。これってどうなんだろうかと、ここでも要らぬ心配が先立ってしまう。現象学というものがあるのかどうか知らないが、正確に私の危惧を言えば、解りやすくわかってしまったことで、影に隠れてしまったり、解らなくなってしまった真実があるのではないだろうか?というようなことなのである。

わかりやすさ、わかってしまったことによる思考停止。それってどうなんだろうか。偶像を作り上げるのは妄想や観念だけではなかろう。思考停止の先にも同様の落とし穴があるのではないか。解ることに難しさ、易しさがあるのだろうか?難しく解ったり、易しく解る、なんてことは本来おかしくないか。私は私の身丈、容積に見合って、解ったり解らなかったりしている筈である。

情緒的と言ったが、日本人の情緒もどこか変質、劣化してしまったのではなかろうかという気がしないでもない。然し、それもこれも、神代の國の住人の「おおらかさ」の表れで、目くじらを立てるようなことではないのかもしれない。

いつものことだが、この記事、解りやすさから程遠い「ゆるい」ものになってしまった。





よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
禅寺にゆるキャラは似合うか?
禅寺に、宗派公認のゆるキャラがいたら、みんなどう思うのだろうか? ...続きを見る
つらつら日暮らし
2011/09/22 05:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
マンションは震災の後耐震工事をしました。
入口の植栽を全部抜いて工事が終わってから
植物を少し戻しました。
その際に箒木も2本植えたので
のびのびと育ち今ごろさかりです。

なぜかこのマンションのベランダには
どの階にも箒木と藜が自生?します。
私の所は今年は朝顔がデビューたので
箒木は影が薄くなってしまいました。

もんちゃん、いいと思います。
我が町はジェンダー的な配慮が行き届いていて?
2年位前にガクト君を公募で誕生させ、
今年は女の子のキャラの名前を募集中です。

ガクト君の名前募集が始まったとき
私の友達は何故
「男の子の名前を募集します。」なのかと
市にクレームを付けましたが・・・・・
「追って女の子を誕生させる予定です。」との
回答があり・・・・・そのとおりに
すすめられているわけです。
震災にもかかわらず(笑)
いらくさ
2011/09/20 20:42
いらくさ様。
もんちゃんは、ゆるキャラとして作ったものではないのかもしれませんね。
それにしても従来のお坊さんイメージに安易に乗っているようで、私的にはちょっと敬遠したいです。
こんな可愛い雲水さんは滅多にいるものではありませんし、愛想が良すぎます。(笑)

合掌
市堀
2011/09/21 19:34
こんばんは

「もんちゃん」自然な感じで素敵ですね。きっと門前町の飾らない素直な心が表れているんじゃないかと。いいなぁと思いました。
最近のゆるキャラブームはどこか商売につなげようというところが見えて、気持ちが和らいだり、ホッとすることから遠ざかってしまっているような気がして残念に思っています。
「もんちゃん」の顔を見てると、すーと力が抜けて気持ちが和らいでいくみたい。大事にしてあげてくださいね♪
kingyo
2011/09/21 19:58
kingyo様。
台風、大丈夫でしたか?
コメントありがとうございます。
なるほど、キャラクターは見る者に和らぎを感じさせる働きを持っているのかもしれませんね。
人によって嗜好があるのかもしれませんが、そうであるなら尚更のこと「自然さ」が大切になってくるかもしれません。
合掌

市堀
2011/09/22 21:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゆるキャラ文化を考える 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる