再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生の山河を乗り越えて

<<   作成日時 : 2012/01/18 05:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


糟糠の妻の蒲団や嵩低く 玉宗

阪神大震災から十七年の昨日。
鎮魂の広場に集まった被災者の中に、当時四歳の孫を失くした女性の呟きが印象的であった。昨年の震災忌を一つの節目にすることができた矢先の、三月十一日東日本大震災で彼女は改めて衝撃を受けた。暫くは東日本の被災状況の映像を見る事ができなかったという。そして、今年の阪神淡路震災忌を迎えた。いつものように孫の鎮魂として足を運んだであろう。東日本大震災の被災者にひと言とマスコミからの取材に申し訳なさそうに応えるのである。

「乗り越えてほしいですね・・」

神は乗り越えられない試練を与えなかったという言葉もあるらしいが、それは生き残った者の述懐なのだろう。幾百万人の犠牲者、被災者の骸を重ねて、今の私たちが生きている。生きている者より、圧倒的に逝った者たちの数が多い事実がある。重く、忽せならない、尊い現実がある。乗り越えさせて貰った今の私たちでもある。
彼女自身もそれを痛感しての十七年の歳月であっただろう。這いつくばり、のた打ち回りながらも、再生を果たした人間の呟き。そんな響きがあった。そうであれば尚更の事、東日本大震災の被災者に対して、今の苦難を乗り越えてほしいという言葉は悲痛であり、切なく、そして真心の温もりがある。

一人ひとりの人間に、一人ひとりの人生に於ける紆余曲折があり、喜怒哀楽があり、人生の山河がある。そこには流した涙の軌跡が残っているであろう。国破れて山河あり、山河破れて人あり。弱さを克服する道程が人間の人間たる存在意義であると思えてならない。合掌







よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
豪華客船事故で大変なイタリアよりボンジョルノ
先ほどは適切なコメントありがとうございました。

実は思ってたんですよ大震災後やたら殺人事件がおおいなぁって。一人じゃなくて結婚したいって人も多くなったとかですが殺人事件が多すぎる。生きることを継続できる価値を忘れてしまった人がいるようですね。自分の命、大切な人の命そしたら出来ないはずなのに。文明は人間に何をもたらしたのでしょうかねぇ。
高いビルを建てた。でもモラルは益々低くなったーある詩の一節ですが情けない。愚痴になってますね 失礼。
Florentia55
2012/01/18 17:50
Florentia55樣。
貴重な情報を有難うございました。
亡くなった方々の御冥福を祈ると共に、未だ行方不明者には生還の軌跡を願うばかりです。
賠償金から事後処理まで事態収束には時間がかかりそうです。
豪華客船の繁盛にも色々な陰りが生まれていた矢先の事故だったようですね。
一日も早く穏やかな日が来ますように。
(^^;
市堀
2012/01/19 19:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
人生の山河を乗り越えて 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる