再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 釈尊涅槃会

<<   作成日時 : 2012/02/15 04:52   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像


星一つ吹き残してや涅槃西風 玉宗


今日は釈尊涅槃会である。
法要では「仏垂般涅槃略説教誡経」、略して「仏遺教経」とか、「遺経」とも呼ばれる経典を礼誦する。釈尊が沙羅双樹の下で涅槃に入られようとされるとき、仏一代の教説を、簡略にまとめられたものであるとされる。原始経典に近いものなのかもしれない。

そこには、遺される仏弟子たちへの教え、誡めが切々と述べられている。
即ち、布施・持戒 ・忍辱・精進 ・禅定・智慧 の六波羅密や苦集滅道の四諦の理を明かし、「八大人覚」とされる「少欲・知足・遠離・精進・不忘念・禅定・智慧・不戯論」の修行の要諦の八項目が懇切に説かれている。

欲少なく、足ることを知り、騒がしい所を離れ、つとめはげみ、身心をととのえ、心しずかに、物事の真相を見通し、心を乱す議論を避けるというもので、読誦するたびに仏弟子のあるべき本来の姿を諭されている実感が湧く。又、正直なところ冷や汗も出てくる。どれだけ自分はジタバタと騒々しく生きていることかという自省の念。内も外も涅槃寂静とは程遠い娑婆世界の煩悩人であることが恥ずかしい。いつも涅槃の頃となると、「おまえは仏道の先導役としてのお勤めを果たしているのかい?」、というお釈迦様の声なき声が聞こえてくるのである。

偶に「修行が足らない」とダメ出しを喰らう事がときがあるが、確かに「足らない」のは事実である。我ながら、いつになったら「足りる」のだろうかと思わないではないが、「遺教経」には「足らない」からお前は駄目だとは書かれていない。元より「足る足らない」の話ではない。煩悩具足の身心を以って精進を退することなく生きていきなさい、という釈尊の思い遣りである。感極まって泣けてくる時さえある。

釈尊の涅槃から現代にいたるまで面々と伝えられているものがある。末法の世の鈍根劣機の仏弟子として、些かなりともその法恩に応えなければならない。私はどれほどのことを為し得て娑婆世界を旅立つことができるだろうか?涅槃図の穏やかな有り様を目の当たりにするにつけ、そのような思いを新たにする。


画像
 永福寺の涅槃団子





ランキング応援クリック

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 涅槃団子かわいいですね!私も不器用な手でこねて両親にお供えしました。顔も知らない姉も仏様になっているんです。
 涅槃図いいですね。
くろちゃん
2012/02/15 13:19
瘋癲の風車とみゆる墨衣   よし

大変失礼な句で、まことにすみません。
yoshiyoshi
2012/02/15 15:16
 涅槃図も様々あるのですね。
お寺様は皆、同じようなものを複写するのかと思っておりましたが、このように大勢の人たちに囲まれていらっしゃる図は、初めて拝見いたしました。
実際は、かなり大きく荘厳なのでしょう。
涅槃団子を殆ど見たことがありませんでした。
お見受け致しました処、上新粉を使用しているように見えるのですが、可愛い子犬や蛇(辰?)は一つ一つ手作りなさるのでしょうか。
最後は食べてもいいのですか?
生家では暮れにお供え用の鏡餅を沢山つくり、手伝いましたが、涅槃団子の話も知らず作った記憶もないのです。母の里方(茨城県)もそうでした。
地方性が強いのでしょうか。
いろいろ珍しく興味尽きません。
みどり
2012/02/15 15:17
くろちゃん樣。
手作りの涅槃団子。なによりの供養ですね。敬服します。合掌

yoshiyoshi樣。
まあ、たしかに異形ではあります。「^^;

みどり様。
涅槃図は大勢の仏弟子、生きとし生けるものに囲まれているのが一般的ではないでしょうか。涅槃釈迦だけの像もありますが、掛け軸はこのようなものが大方の構図ですね。私の知った限りの話ですが。
涅槃団子も、こちらではうるち米、米粉が原料ですね。関東の方はよく存じませんが、涅槃団子の形も丸いものやら、煎餅型やら地方色があるようです。
御守りにしたり、焼いて食べたりしていますね。機会があったら差し上げましょう。
合掌
市堀
2012/02/15 19:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
釈尊涅槃会 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる