再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS お布施は誰にとって不透明なのか?!

<<   作成日時 : 2012/06/07 04:18   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像


世に遅れ歩めば風の涼しさよ 玉宗


天下の読売新聞 6月6日(水)9時49分配信に次のような記事が載っている。

『僧侶からお布施還元…葬儀会社など5億所得隠し』

私的にはブログに取り上げるのも憚れるような、虚しい内容ではあるのだが、このような事例が仏道の本義である「布施の心」を取り返しのつかない地平に追い遣ってしまうのではなかろうかと、一抹の危惧を抱いている。仏道を理解してくれている人には今更のことであるが、正直なところ、世間のお坊さんを見る眼差しが「対価的金銭価値の有無」に偏向してしまう時流は余りに口惜しいと言わざるを得ない。

件の葬祭業者は「税務当局の指導に従った。お布施には不透明な部分があるのは事実」と話していますが、「お布施を不透明」にしたのは、業者や自称派遣僧侶の方々なのであって、ここは味噌も糞も一緒にしてはならない。
彼らには葬祭に携わっている宗教界とは羨ましい業界なのであろう。そうでなければ誰が好き好んで「施すこと、捨てること、空っぽになること」を実践する世界に踏み込んで来るだろうか。「布施の世界」とは煩悩を膨らます次元と対極にあるものだ。かれらは「布施」に「拝金」の匂いしか嗅いでいない。依頼する方もまた「布施」に「負債」の匂いしか嗅いでいない。そして批判される宗教界は「布施」に「煩悩」の匂いを嗅ごうとしない。と、私は敢えて言わせて戴く。

このような時勢は三者三様の思惑、油断があっての風景なのかもしれないと私などは半ば呆れ、明らめている。

画像


葬祭や法事に関連業者が関わり、お坊さんは、葬祭業者から提供されるサービスの一項目と化してしまっているような誤解を抱かせる風潮の現代。それは今や中央だけではなく地方にまで浸食してきている「社会儀礼の改革」に名を借りた「宗教儀礼弾圧」みたいな様相を呈している。

「宗教」というものに「負のイメージ」が纏わりつくのは今に始まったことでもなかろう。お釈迦様の頃から絶えない娑婆というものの厄介さ加減なのではないか。なんせ、煩悩は何千年経っても手を換え品を換え人類に付き纏っているのだから。現代における「宗教への負のイメージ」は社会の「金銭至上主義」の風潮や不景気と無縁ではなかろう。

百歩譲って、お坊さんの「お布施」に「金銭的対価」の価値を認めることにしよう。「社会儀礼の改革」の中でお坊さんも又儀礼の中での安価な項目となるとしよう。それにしてもである。「布施」は誰にとって不透明なのか?或いは、「布施」を不透明にしているのは誰なのか?「布施」を貪っているのは誰なのか?「布施」を惜しんでいるのは誰なのか?三者三様に「不透明さ加減」を点検して自己の信心、自己の布施心の真偽を確かめてみるがいいのである。仏道は自己がどこまでも清浄になっていくだけの話である。何度も言うが、欲の世界の話ではない。







ランキング応援クリック

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
誰しもが食わねばならぬ金亀子  よし

その名に拠って騙すのも騙されるのも
また良かんべぇ、と不遜なことを思っておりまする。
yoshiyoshi
2012/06/07 07:54
フローレンスへからボンジョルノ
本日のポチッは俳句にしました。いいですね この一句 共感というか実感しておりますもので。
Florentia55
2012/06/07 16:50
「布施の心」と「金算段」が絡んでしまっていますね。昔からあるように思いますが。
湘次
2012/06/07 19:11
はじめまして、倉田有希と申します。
いい写真ですね、この光景を見てみたいです。うちは歩いて行ける距離に菩提寺がありますが、お寺さんは法事や施餓鬼会のときくらいにしかご縁がなく、お布施のこともよく判らないのが正直なところです。ところで都内ではお寺さんで開かれる句会もあって、入谷の西念寺の本堂での「塵風句会」に何度か参加したことがあります。ご住職は俳人でもあり、また映画になった「コクリコ坂から」の原作者でもある佐山哲郎さんです。

先程、しばらく前のエントリーですが、「2012/05/18 写真俳句ブログ<青の句会>70句鑑賞」にコメント致しました。
yuhki
2012/06/07 22:31
yoshiyoshi樣。
類は友を呼んですなあ。ここだけの話。)−−(

Florentia55樣。
皆さんに共感できるお布施のお話ができるといいのですが。(−−)

湘次様。
そうでしょうね。
三者三様、身のほど。こころの程を知ってほしいものです。


市堀
2012/06/09 09:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
お布施は誰にとって不透明なのか?! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる