再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の諸行無常 「スポーツと今を生きる力」

<<   作成日時 : 2012/08/10 04:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


秋の雲ひろがりひろがり生きて行く 玉宗

ロンドンオリンピックの日本人選手の活躍を見ていると、スポーツ選手を支えているものが選手一人だけで成し遂げられているものではない様子が見て取れる。特に今回は選手自身が東日本大震災の被災地への思い、スタッフや家族への思い、仲間への思い。そして自分自身への思いなどを公言している所為もあり、彼等を支え、励ましている人達の思い、そしてそれを受け止めている選手との絆、関わり合い、思い遣り、支え合いといったものが如実に実感できる。結果や成果を求められている世界ではあるが、個人競技、団体競技の隔てなく、スポーツの芯を支えているもの、それは何だろうかと改めて考えさせられている。

努力とは何だろうか?精進とは何だろうか?
それは自立した領域ではあるが孤立しているものの為し得るものではないように見える。志というものも、「支えられて」あるものだろう。平和への思い、自立への思い、安心への思いといったものも同様である。
生きている事実とは思いが思いだけでは断絶しない。良くも悪くも、大なり小なり、進歩退歩、作為不作為、思いは行動へとシフトしていく。人生は思い通りにはならないが、やったようにはなるし、やらなかったようにはなる。思えば不思議でもあり、じれったくもあり、面白くもあり、怖ろしくもあり、そしてなんだか意味あり気だ。

様々な「思い」を抱き揺れながらも「今」を精一杯生き切り、命燃焼させ、諸行無常している人間。そのようにして私たちは「永遠」へ繋がる手立てを模索しているように見えて来る。スポーツは「今を生きる」命の輝きの一つの典型であろう。

いずれにしても「生きていく力」とはそのような「関わり合い・縁」の世界で生起するものであろうと思っている。生きるとは「縁」を生きることに他ならない。そのような私の「志」とは、常に「様々な縁」を受け入れることができる「器」であり、「虚しいもの、ひたすらなもの」であり続けたいといったことに尽きる。






ランキング応援クリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
フローレンスからボンジョルノ
今日のお言葉もとても良いと思います。ひたすらにかなと思います自分の人生ですが。人間にポチります。冒頭の雲の写真 実はとっても好きで何度も見に来ておりました。
Florentia55
2012/08/10 23:56
盃に月映るまでの宴かな  よし
yoshiyoshi
2012/08/11 07:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の諸行無常 「スポーツと今を生きる力」 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる