再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 明日の施食会を控えて

<<   作成日時 : 2012/08/02 04:26   >>

トラックバック 0 / コメント 3

画像


転生もならずこの世に夕涼み 玉宗


大本山總持寺祖院では一日から四日まで夜間施食が行われる。五日は日中に大施食満散法要。夜間施食では法要後には雲水さんが一人づつ参拝者を前に「お説教」を披露する事になっている。門前のおばあちゃん達も心得たもので、雲水さん達の「初々しいお説教」を楽しみにお参りする方もいる。新到の孝宗も勤めなければならない筈である。師匠の私も聞いてみたいほどだ。

ところで、興禅寺の施食会法要を明日に控えている。昨日は市内の教区寺院へ法要の瑞喜。祖院から雲水さんが助太刀に参上していた。その中に弟子の孝宗も加わっていたのには驚いた。事前の情報では三日の興禅寺の法要だけに参加予定の筈であった。進退作法も少しは身につき始めたようだが、盗み見る限りではまだまだ箸にも棒にもかからないウロタエぶりではある。これから先も失敗しながら体で覚えて行くことであろう。

ついこの間から禁足も開けて外出ができるようになり、法要随喜も可能になった。そうではあるが、師匠の寺が目の前にあるからといって不用意に、そして何の許可もなく出入りなど出来はしない。お盆の棚経補佐の為に「他出許可」は得てあるが、「ちょっとお寺へ行ってきます」などという訳にはいかないのだ。全国各地、遠いところから修行にやってきている雲水さんばかりである。特別扱いなどしてはならないし、そのような特別扱いが本人のためにならないことは目に見えている。

まあ、それは本人も十分心得ているようで、夫人や師匠の方が「少しくらい大目に見てほしいな」というのが本音である。然し、明日の興禅寺の法要では親子や師弟関係である前に、本山大衆の一員として敬い、相対さなければならないと思っている次第。

そうではあるが、やはり、なんかうきうきする師匠でありましたとさ。(−−)







ランキング応援クリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
蚊火の香や少年強く老ゆるとも  よし
yoshiyoshi
2012/08/02 04:35
フローレンスからボンジョルノ なんとなぁく明るい感じがして嬉しくなりました。
Florentia55
2012/08/02 15:30
yoshiyoshi樣。
強く老ゆる・・解るようで解らないのがいい感じです。

Florentia55樣。
またもや親ばかぶりの一端を披露しております。(笑)
市堀
2012/08/03 20:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
明日の施食会を控えて 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる