再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の生老病死・ご利益って何?!

<<   作成日時 : 2014/02/25 19:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


光陰の覚束なくてあたたかし 玉宗

24日の永福寺涅槃会も無事に修行できた。
平日であったが、快晴に近い好天に恵まれた。参詣する善男善女にとっては好都合な日和だったようである。
本格的な春の暖かさを予見させるような日であった。それにしても、十年前と比べて参詣者が一割は少なくなっている。それに反比例するかのように法要後の疲労感は重たくなっていることに気付いた。やっていることは同じでも加齢によって確実に肉体的負担になっているのであろう。

そういえば先日、市外からわざわざタクシーに乗ってお寺を訪ねて来られた方がいた。
七十歳半ばの夫婦連れ。御主人は一人で歩くのができないようで、右手に杖、左の肩を奥さんに抱えられてに歩みである。バリアーフリーなど殆ど施されていない永福寺では、いきなり階段を登らなければならず難儀していたようである。帰りの下りの際は流石に私も手を貸してあげた。

そのご主人であるが、お寺をお参りしたのには緊急を要する訳があった。
四五日前の朝、目覚めると左の膝に激しい痛みがあり、とてもまともに歩けなくなってしまった。前日まではなんともなかったのに、どうしたことか。身に覚えがないといった風である。病院へ行って診察してもらったのだが、納得のいく治療、診断を受けられなかったと言う。膝に水が溜まっているのでもない。要するに原因がよく分からないのだろう。昨日までは元気で暮らしていたのにいきなり歩くこともままならない現実に、苛立っている風でもあった。

人の噂で「永福寺」という「ご利益のあるお寺」があるからと紹介されてやって来たのだという。
永福寺では昔から「ご祈祷」や「おみくじ」といった衆生済度の行をしている。基本的には「般若経を転じる」という宗旨の行である。当然、そのご利益は「般若を転ずることによるご利益」といったものである。

「般若」とはいのち本来の智慧、いのち本来の適応力、いのち本来の面目といったものである。「無分別智」とも呼ばれるそれは、「分別」を超えたところでありのままをしている。そのような次第を「転ずる」とも言うのだろう。普段我々は分別や思い込みの力で「転ずる」ことを空回りさせたり、詰まらせたり、無理強いさせているとも言えよう。いのちありのままに生きるとは実に至難の業にも見えてkるほど、世の中には「空回りの人生」を送っているようにみえる。「転じていない」のだ。目覚めなければならない所以である。生老病死を生老病死として受け入れ力を尽くす。諸行無常を諸行無常として受け入れ力を尽くす。ありのままをありのままとして受け入れ力を尽くす。

人生、思い通りにはならないことが多いが、やっただけのこと、或いはやらなかっただけの結果は巡り巡ってわが身に返って来る現実がある。因果歴然、因果応報、因縁生なる私の世界。
その世界は又、だれも私に代って私のいのちを生きてはくれない世界でもある。本来的にもどう生きたって良いのである。そうではあるが、というか、そうであるからこそ、どう生きたってどうしようもない私の引受けなければならない私のいのち、人生なのである。そしてそれは上に述べたような要するに「誤魔化しの利かない世界・領域」での話なのであるということ。究極の自己責任。であるからこその自由であり、自在なのであるということ。限りあるいのちであるからこその生きる醍醐味、味わい、苦楽がある。生老病死それぞれの成仏がある。

そこに目覚めで欲しいとご夫婦には申し添えたことである。
私は医者ではない。陰陽師でもない。魔術師でもない。整体師でもない。いのち目覚めて生きることを一義とする仏弟子である。自己が自己を引きうける事ができる。それ以上のご利益があろうとも思われないのである、私には。


画像





画像


「春の雲」

千切れたる気やすさ怖さ春の雲

雲ばかり見てゐて春を疎かに

春の雲に乗り遅れたる憂ひかな

光陰の覚束なくてうらゝけし

たゝゐなはる霞の奥の女体かな

茂吉忌やふりさけみれば天照し

茂吉忌の鶏鳴しるきあさぼらけ

花はみな光りに向いてあたたかし

福寿草光りまぶしく匂ひ立ち

雪解けて痒きところに手が届き




画像



「声」

起きぬけの貌を撫でゆく涅槃西風

雉鳴いてあれよあれよと藪の中

鬨あげて炎のごとき雉の声

泥濘を歩む人生亀鳴きぬ

春陰に亀裏返す遊びして

負けてばかりの歩みなれどもうらゝけし

不忍の亀の声聞く女学生

あほらしやふらりと亀の鳴く方へ

踏絵より戻りし父が風呂を焚く

手に負へぬ頭の悪さ春めきぬ

木の芽吹き空に落書きし始める





ランキング応援クリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の生老病死・ご利益って何?! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる