再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の以心伝心「柔軟心・豊かな人間力 」

<<   作成日時 : 2014/07/24 20:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


きちかうや二人で生きて来た朝の 玉宗

夫人と結婚して三十年になる。
紆余曲折、四苦八苦、いろんな事があった。夫人に言わせると、婿殿である私を見限って捨てて出ていくことも出来ないらしいが、まあ、お世辞抜きでよく私のような人間を支え、寄り添って生きてきてくれたものだと、還暦近くになってつくづく思うのである。
その夫人は基本的に愚痴をこぼすことが少ない。私より余程人間ができている。仏弟子の世界へ誘って下さった師匠である板橋禅師にお会いする度、言われる言葉がある。

「あんたはいい奥さんに巡り合えたね。勿体ないくらいだよ。」

会う度にそう言われ、夫人を褒められているという嬉しさと同じくらい、わが身の至らなさを論われている思いで、正直余り居心地が宜しくない。それにしても考えさせられるのは、人間力の強さということである。
愛知専門尼僧堂堂頭・青山俊董老師が「女性の強さとは?」という設問に対して次の様に応えておられた。

「水のような、風のような、しなやかさではないでしょうか。無我性ですね」

これは女性だけに限らない人間一般に通じる真実ではなかろうか。拘るものが無ければ随所に於いて主となるという言葉にも通じる。真に主体的な人生を歩むことができる秘訣なのかもしれない。負けるが勝ちという事もある。勝ち負けだけが人生の全価値ではない。強いとか弱いとかということも糾える縄の如きものかもしれない。それは一つの幻想ではないか。大仰なもの言いをするなら、そのような幻想に踊らされた人類の悲惨な歴史が見えてくる。万物の霊長、考える葦である人間が地球上で我が物顔でのし歩いているが、これも悠久の時間の中では一瞬の出来事であろう。弱さがそのまま強さであり、そのまた逆も無常なるこの世の真相に思える。

24時間テレビで盲目の少女が語った言葉が印象的だった。

「私は自分が障害者だとは思っていません。みんな人間には得意不得意があると思うんです。私は人より見る事が苦手なだけです。」

健常者であることによって見えなくなったり感じる事ができなくなったものがあろう。貧しさが生きる力を育てる事もあろう。逆境と思える事が再生への展望台であり、飛躍の踏み台となることもあろう。そしてまたその逆も。どのような境遇にあっても、生きることへの謙虚で前向きな姿勢で生きている人がいる。水や風のような柔軟な心の持ち主。それは人より苦手なものを抱えて生きるために神様が与えた心の強かさ、柔らかさのように見えてくる。

「失敗のあとで、人間が決まる」といわれる。人間には失敗や挫折はつきものである。挫折によってダメになる人は、世を恨み、人を罵って人生を終える。挫折によって驕りを挫かれ、真人間に立ち返る人もいる。人々から手のひらを返したように白眼視され、唾をかけられる。どん底に突き落とされた悔し涙で自分を洗い清め、素直な人間に生まれ変わる人もいる。あおの挫折があったからこそ、現在の意義ある人生を送っていると、合掌する人もあるに違いない。
運、不運は人生につきまとう。運が向いたばかりにダメな人間になる人もいる。不運によって「明日」に立ち向かう勇気の出る人もいる。過ちをおかす人もいる。過ちをおかしたい衝動を、人はみな持っている。その衝動こそ「生きる」根源であると言いたい。しかし、過ちを他人のせいにしてゴマ化そうとする人は、過ちの泥沼に埋没してしまう。過ちを素直に認めて反省する人は、その過ちが新しい出発点となる。
人には長所だけの人もいないし、欠点だけの人もいない。光りの当て方によって長所も欠点となり、欠点も長所となる。」板橋興宗著『柔らかな心で』より



人間の可能性、矛盾、実相、光りと影をありのままとして受け入れる人間力。まっすぐものを見、感じ、受け入れ、生きる。無限大の自己を信じる強さが試され、取るに足りない自己に拘らないやわらかさが試されている。



画像



「ダリア」

くちなはの滑り込んだる草の闇

夕立を見てゐて肩の凝りにけり

きちかうや二人で生きてきた朝の

瓜番を戻りし父に夜のにほひ

河骨や人とゐて血の滞る

貧しくても母は全能ダリア咲く

夜や秋の引きあげてゆく波の音

一匹の蚊に寝そびれてしまひけり

従兄なる恥かしきものゐる帰省

酔芙蓉倦みたる風が纏はりぬ

焼酎を好んで負けてばかりをり

米櫃を覗いてゐたる旱かな











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の以心伝心「柔軟心・豊かな人間力 」 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる