再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間の愚かさとは何か?!

<<   作成日時 : 2014/08/06 19:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


芋の葉も赤子包めるほどとなり 玉宗

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」

広島原爆死没者慰霊碑に刻まれた碑文である。この碑文に関しては次のような批判的見解もある。

「主語がはっきりせず、まるで日本人が「原爆を落とされるような悪いことはもうしません」と言っているかのように読める。実際、東京裁判で被告全員無罪を主張したインドのパール判事が広島を訪れた際にこの碑文を知り、「過ちは誰の行為を指しているのか。原爆を落とした者は日本人でないことは明瞭である」と憤ったエピソードはよく知られている。広島市のホームページによると、碑文の趣旨は「原爆の犠牲者に対して反核の平和を誓うのは、全世界の人々でなくてはならないというもの」だそうだが、そう読み取れるだろうか。」<来栖宥子★午後のアダージォ>より

私の立場上、上のような問題には踏み込まない。すべてわが事として、この言葉に委ねられた人間の可能性の問題として捉えてみたい。結論を言えば、過ちを繰り返すのも人間の実際であるが、過ちを繰り返さないように出来るのも又人間であろうという思いが私にはある。愚かに生きることも、賢明に生きることも出来る人間。可能性の矛盾に揺れながら生きている現実の私。


その男性は、13歳で長崎の原爆に被爆し、一命をとりとめたものの全身に大火傷を負う。特に顔面右半分は耳を削がれケロイド状態を終生残すこととなった。当初は人類初の原爆の戦争被害者として社会へ向けて戦争の悲惨さ・原爆の体験とその非人道性を訴えていた。しかし、その後、被爆した日本人でありながら、同じ日本人の差別を受けながら生きていかなければならなかったという現実があった。一被爆者としての社会への提言の意欲・使命感も失せるような人間社会の非情な現実。
しかし、男性は平成の世になって再び「被爆者の言葉」を語り始める。それは戦争の悲惨さ、愚かさを知らない若い世代へ向けての遺言であった。その言葉には戦後を被爆者としての差別とも闘ってきた男性の魂が胸に深く刻まれていた。講演の最後に、男性はいつも次の言葉で締めくくっていたという。「結局、平和の原点は人を思いやるこころを持つことではないでしょうか・・・」

「人を思いやるこころ」それは人類が過酷な生存競争の中で磨きあげ、耕し続けて来たもう一つの本能ではないだろうか?個でありつつ、集団であることを避けられない人間。パーソナルでありつつソーシャルな命の矛盾。思い遣りとか寛容さこそがその矛盾の中で育て上げて来た人類の叡智であり、万物の霊長たる所以ではないのか。

人間の愚かさとは何か?
人の痛み、悲しみ、喜びに思いを致すことが平和の原点であるという提言はいつの世にも云い継がれてきた言葉のようにも思える。しかし、人間は「同じ過ちを繰り返す」動物でもあった。思想や主義や正義や経済という観念世界に足元を掬われる人間。愚かさと賢さ。その両刃の刃となっている人間の知能。身のほどを弁えず、過ちを過ちとも受け入れることができなくなった人間。人類はその愚かさに滅ぶ、とはよく言われるところであるが、その愚かさとはやはり「おのれを知らない」ということに尽きるのではないか。


画像


「夏風邪」

夏風邪の子の痩身が棒立ちす

うすものやいのちせつなくさざなみし

風鈴や首の坐りし子の空に

夏期講座三々五々と終りけり

水飯をたひらげて褒められもせず

かなかなや瘡蓋痒きゆふまぐれ

行水の妻や白磁の壺となり

丑三つの夜空蒼ざめ夏蒲団

歓声に囲まれてゐるプールかな

底ひなき夜を焦がして虫送り

雨乞を戻るや草の香をまとひ




画像



「秋隣」

梢吹く風の音にも秋隣

またもとの二人に咲ける桔梗かな

糟糠の妻の肩揉む夜の秋

坊守のとある家族の花火かな

地に降りて遊ぶ烏や朝曇

雲の色風の色夏惜しみけり

むつかしく生きてオクラの花に会ふ

世辞自慢どうも苦手で心太

ひぐらしや厨に妻の立ちん棒

而してつくつく法師二人きり

正直な南瓜の重さかとおもふ

夜濯ぎや妻に小さき力瘤

刈り伏せし草の山より虫の声


画像


「原爆の日」

めくるめく原爆投下の日なりけり

蛇口より叫ぶ声して広島忌

人類の原爆ドーム西日中

緑陰に逃れし魂の冷えならむ

向日葵が見てゐた閃光かもしれぬ

夢覚めて原爆の日の貌洗ふ

炎帝に仕へし烏無口なる

広島やうつろに夏の漲れる

夏蝶の影が流れてゆく瓦礫

峰雲や阿鼻叫喚の今もなほ

にんげんは不真面目糸瓜ものすにも

明日からは秋の簾として生きめ


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間の愚かさとは何か?! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる