再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の即身成仏・もの思う手、考える足

<<   作成日時 : 2014/10/18 20:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



なるやうになつてしまへるくわりんの実 玉宗

もの思う秋だという。
世に考える葦とは西洋からの受け売りである。我思うゆえに我あり、なんていうものまである。まさか人間であるからにはものを思わねばならないといったような義理が秋にある訳でもなかろうが、秋になると自ずからもの思いに耽るひとときが多いということは解る。

実際のところは思っても思わなくても、それなりにものごとは諸行無常して今がある。もの思いだけではない。私という存在があっても無くても世界の趨勢には殆どないに等しい影響力ではある。然し、そのような鵺のような代物に左右されやすい存在でもあることを折に触れて痛感する。もの思い、もうそれはほとんど、本能とでもいうような始末の悪さがあり、人間らしさの中でもとびっきりに抜き難い癖のような代物なのである。たかがもの思い。されどもの思い。

「もの思い」は、人類が生き伸びるための権利でもあり、義務でもあり、甘露でもあり、刃でもある。「もののあわれ」と云ったときの「もの」ではなく、「物」一辺倒に成り上がり、或いは成り下がった現代文明。そのような代物を謳歌している人類の断末魔とでも云うべき賑わいがある。それはもう殆ど訳のわからない先行き不透明さである。もの思い、それはどこまで人類の未来を保障するものなのだろうか。

科学という「もの思い」は世界を知るための一つの手段であるが、人間にとって、つまり限りあるいのちにとって、それは全権をゆだねられた手段ではないようにも見える。すべてを科学的に知ったところでどうなんだろう。全知全能の神様なんて、その無聊たるや筆舌に尽くし難く、神であることすら放棄したくなるのではなかろうか。

秩序がある。混沌がある。タブーがある。かたちがある。何かがある。何もないかもしれない何かがある。絶望という思いを越えたものがある。規則のようなものがある。それにしても、ものには限度がないのだろうか。そこにはなんらかの神の意志があるのだろうか。

御嶽山が噴火して、季節の移ろいや自然の雄大さ、美しさを讃嘆していた我々に、山の本質、実相の一端を見せてくれた。実に自然は人類に恩恵を与える神の宿りであると共に非情な振るまいを見せる悪魔の帷でもある。科学というもの思いは、儚い存在である人間に、ある意味で人間を越えた永遠の定義を教えてくれるのは確かであるが、然し、御嶽山の噴火自体は科学であろうが、それは人間の思いを遥かに超えてやってきた。科学と云う名の宗教、神話に浸っていた人間は暫しうろたえるしかない。

そんな意地悪な見方をしてみてもはじまらない。自然から学ぶことは尽きない。人はものごとの実相を直見するに耐え得る眼力、体力、脚力、手腕を身につけなければならんのだろう。「自らを知らむことを求めるは生きるものの定まれるならひなり」考える葦どころではない。身心一如、心物一如。如何ともし難い現実の真相。身に即し、心に即し、物に即し、一如に即し生きて行かねばならん現実なのではある。考える足、もの思う手を以って、厳しくも麗らかな二律相反し、双頭の蛇の如き現実を生き伸びて行かねばならん。実に、人間という代物は逞しいのだか、弱々しいのだか訳が解らん存在ではある。それはもう殆どその自然界と寸分たがわぬ分身のような矛盾した存在なのである。



画像


「腸」

親潮の腸苦き初秋刀魚

手遊びに摘みし秋子や手に余る

秋風や打ちのめされしかんばせに

螻蛄鳴くと信じて任を解かれたる

半生は疾うに過ぎたる芒かな

まだ死なぬくらいに酒を温めけり

烙印を捺されて焚火守ることに

追伸の文読むごときもみぢかな

四方より咎めるやうに秋の暮

起死回生なくて小鳥の来ることよ

赤まんまやくそくげんまん嘘ばかり



画像


「十月」

十月や湯の香に飯の炊きあがる

先ず菊を褒めて様子を窺へる

さながらに稲田へ雀ばら撒くや

ひたと口閉じては雀蛤に

しづけさに散りし茶の花なりしかな

障子貼り終えたる頃やさぶらへる

謎解けぬまゝに老いたり木の実拾ふ

ものおもふことのいつより秋深き

てのひらに山河あり鳥渡りけり

秋の暮用なくそこら辺りまで


画像


「ジタバタ」

けふもまたジタバタ生きて秋の暮

掠めたる如くに柿を喰うてける

神仏も淋しからんと秋祭

梨喰うてばかりもをれず手を洗ふ

日陰より日向の紅葉見て足りぬ

天高く真つ逆さまにうち仰ぐ

蟷螂の貌はとつくに暮れてをり

洗ひたる障子そろそろ渇くころ

秋興に小僧を一人侍らせて

さつきまで焚火囲んでゐたらしく

鶴来るてのひらに肉刺できる頃








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の即身成仏・もの思う手、考える足 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる