再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の羊頭狗肉・句集名公開募集?!

<<   作成日時 : 2015/02/10 18:46   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


そも春の風に吹かれてよりをかし 玉宗


「今日の羊頭狗肉・句集名公開募集?!」

 さて、採らぬ狸の皮算用をしている私の第三句集の選句編纂の真っ最中なのであるが、当初の三千句を逸脱して六千句ということにします。で、それはそれでいいのだけれど、句集名っていうんですか、それをまだ決めかねています。私的には「其中庵六千句」を考えているのだけれども、どうだろう。「ごちゅうあん・ろくせんく」少し、固くない?

これに拘るつもりもないので、なんの特典も、ご褒美もありませんが、FB、ブログ、ツイッターの友達の皆さんに、ここで、私の第三句集名を公開募集します。コメント欄にどしどし書き込んでください。

句風はご覧の通りの俳句が目白押しです。天下一品の自己類相、自己模倣のオンパレード、だといいね。羊頭狗肉の虞が十分ありますが、6000句文庫本定価1500円は価格破壊とさえ言える、前代未聞の安さだと言わざるを得ない。まあ、要は中身だけどね・・・。んじゃ、よろしく。合掌

画像


「金沢料峭」

過去帳に捨子が一人花菫

如月の旅の初めや手さぐりの

はだれ山過ぎてほどなく加賀の海

残雪の峠を越えて弔ひに

千里浜の沖に春潮ひた寄する

夜伽果て朧なる夜へ吐き出され

死や生に寄り添うてゐて冴返る

人を送りて名残りの雪が降るばかり

雪代の勢ひもまた城下なる

湯湧なる山の方より春霞

あり余る百万石の寒さかな

梅東風の香林坊に待ち合はせ

片町の夜をさ迷ふ霜の音

坂がかる兼六園や春の霜

雪解橋渡り東の廓へと

茶屋街の鶯餅に舌鼓

忍者寺の門前に売る雛あられ

魚は氷に近江市場の賑はひに

魚屋の隣りに春の花売り女

うすらひの上に吹かるゝさゝら雪

せつせつと空を泣かせて牡丹雪

春川にゆらめき友禅流しかな














    

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも拝見いたしています。
句集名は「そもさん」ではいかがでしょう。
鬼屈堂
2015/02/14 07:47
久しぶりに訪問しました。第三句集出版決定おめでとうございます。それにしても6千句とは型破りですね。
「其中庵」と聞いて山頭火を思い出すのは小生だけでしょうか…。お節介ながら今調べてみると、そもそもは法華経の経文のなかの「其中一人作是提言(ごちゅういちにんさくぜしょうげん)」という一節が、山頭火は好きで其中庵にも「其中一人」という書を掛けていたそうです。(ちなみに小生は山頭火を尊敬しています。)
 
@ 謙遜としたたかなプライドはお嫌いのようですが、「野巫(やぶ)六千」は?
学業の劣る禅僧を称して「野巫」と言いますよね。もちろん「藪」の語源ですが…。他人から言われるのは大変問題ですが、自分の発声ならば「謙遜」「へりくだり」です。

A もう一つ「恕」という禅字が好きで「人を思いやる心」という意味ですが、「『読者の「寛恕」を問う』(読者の許しを問う、お咎めを問う)コトにして「寛恕六千投」なんて有りかもしれません…。

以上、無責任お許しあれ!  
清龍
2015/02/15 20:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の羊頭狗肉・句集名公開募集?! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる