再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の妄想・句集『安居抄六千句』を持って外へ出よう!

<<   作成日時 : 2015/07/13 19:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


雲の峰いつものやうに家を出て 玉宗

『安居抄六千句』を読んで頂いた方から様々な感想を頂いている。其の中で肯定的なものだけを敢えて挙げれば、「読み応えがある」「コンパクトで内容的にも、物理的にも読みやすい」「一句あたり二十五銭というのは如何にもお買い得感を満足させてくれる」「非常識な句集に万歳です」等々というもの。

ん〜、これだけでも出した甲斐があるというものだが、営業的にはベストセラーへはローマへの道ほどの遥かさがあるなあ。新聞社や書店にも売り込んではいるのだが未だなんの反応もない。俳句結社からの大口需要も今のところ皆無である。専務兼社長の私としては手を拱いている訳にはいかない。

そこで、今日の営業ですが、今回、わが句集を購買なり、贈呈に預かった方々を勝手に「安居抄六千句」ベストセラーへの道応援団」団員として登録させて戴いた。団員には特になんの制約も特典もないのだが、一つだけ心の隅に留めて置いて貰いたい「参加型営業努力」がある。

それは「安居抄六千句」をできるだけ多くの人の目に触れさせてほしいというもの。例えば、満員の通勤電車で何気なく句集を読むとか、喫茶店にわざと置き忘れるとか、旅に出るときは必ず鞄の中に潜ませておき、チェックアウトの際にわざと置き忘れるとか、なにげなく行きつけの図書館に置き忘れるとか、子供の夏休みの宿題「読書感想文」の題材にするとか、ツイッターやFBでなにげなく拡散するとか、要するにそのような姑息な手段を弄して句集「安居抄六千句」が世に知れ渡るきっかけを作ってほしいんだなあ。

勿論、これは強制ではない。鼻から相手にしなくても一向にかまいませんし、差し支えありません。私としては「不可能だと思われる夢の実現」に参加したという醍醐味と生き甲斐を団員に味わって頂きたいという下心があるだけですから。

「ダメに決まっている」

それは夢をかなえたことのない人間の常套句ですな。わが句集そのものも、句集を刊行したことも、ベストセラーへの挑戦も、わたしなりの「俳句というかろやかな平和運動」ということになる。笑ってください。

今日のキャッチコピー。

句集「安居抄六千句」をもって街へ出よう。旅へ出よう。ベストセラーへの道が君を待っている!!」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像



出版元である邑書林へ申込の方はこちらから↓お求めください。 

邑書林http://youshorinshop.com/?pid=91226737



作者へ申込の方はこちらへお願いします。

〒928−0074

輪島市鳳至町鳳至丁139番地 市堀玉宗



お支払いは郵便振込の場合、以下の通りです。

口座記号番号 00730ー9ー  94330
加入者名  興禅寺
 

通信欄にお求めの冊数を記入の上お申し込みください。
手数料が掛りますので、定価1500円でサービス頒布します。一冊について、「1500円+送料215円」を振り込んで頂くことになります。



画像


「晩鐘」

水打つや煮ゆるがごとき日の力

飛ぶ鳥の影も留めず日の盛り

蝉鳴くや能登の残照容赦なく

うつせみの祈るや木々の晩鐘に

翡翠の突き破りたる水面かな

かはせみの空に影して襲ひ来る

赤腹の力を抜いて沈みゆく

をかしくてならぬと赤い腹をみせ

人生に見離されたる裸とも

頭悪きまゝに覚めたる昼寝かな

あり余る夜の向かうに青葉木菟


画像



「エロス」

雲の峰いつものやうに家を出て

わが死後のエロスが見ゆる簾越し

炎天を乞ひ戴いて歩くなり

羽抜鶏エロス極まり哀れなり

風死して気の触れあへる音すなり

知らぬ子が庭に来てゐる蝉時雨

ステテコに父のエロスが目に余る

なにごともなかつたやうにゆく日傘

渡御来ると運び出したる母の椅子

拭き終へし観音堂に三尺寝

大仏の掌に寝る涼しさよ

平凡は意外とエロス昼寝妻

煩悩を償ふ汗でありにけり











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の妄想・句集『安居抄六千句』を持って外へ出よう! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる