再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の残念・「拝啓、良寛さま」その後×3

<<   作成日時 : 2015/07/14 20:08   >>

トラックバック 0 / コメント 1

画像


いふなればへくそかづらのやうな娘で 玉宗

わがエッセイ企画『拝啓、良寛さま』であるが、先日出版の可能性を高らかに歌い上げたんですが、ここにきてチャラになった。まあ、いろいろ双方の行き違い、思い違いが織為しての今回のバタバタ劇ではありました。

結局、自費出版の道しか世に出る方法がないことを認めない訳にはいかなくなった。やはり、世間は甘くないよね。それにしても200万円近くの費用がかかるなんて、だれか、投資して助けてくれる人はいないかな。2000冊を1800円で売り切れば十分元は採れるのだが・・・。その、売れるかどうかが問題なんだけどね。

投資を検討してみたいという方で読んでみたいという方がおられたら、メール送信しますのでお知らせください。

ん〜、これで諦めるのもくやしいなあ。捲土重来を期してエッセイ企画については暫く鳴りを潜めます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像



出版元である邑書林へ申込の方はこちらから↓お求めください。 

邑書林http://youshorinshop.com/?pid=91226737



作者へ申込の方はこちらへお願いします。

〒928−0074

輪島市鳳至町鳳至丁139番地 市堀玉宗



お支払いは郵便振込の場合、以下の通りです。

口座記号番号 00730ー9ー  94330
加入者名  興禅寺
 

通信欄にお求めの冊数を記入の上お申し込みください。
手数料が掛りますので、定価1500円でサービス頒布します。一冊について、「1500円+送料215円」を振り込んで頂くことになります。



画像


「二人」

くちなしの花繙けば八重なして

蒼天にひとり気を吐く凌霄花

向日葵や地の果てまでも望むべく

瑞穂なす虹の下なる青田かな

夏花摘むあの世この世に手向けして

夏落葉踏めば後朝音なして

月見草いつも斜めに陽がさして

一人より二人に甘き西瓜かな

玉葱を吊るして生きるほどほどに

明日よりもきのふは遠し茄子の花













テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私の思うところ、「安居抄六千句」がベストセラーになり、話題沸騰したのち、出版社から出版を懇願してくるでしょう。しばらく時を待ちましょうか。
hinotori
2015/07/15 08:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の残念・「拝啓、良寛さま」その後×3 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる