再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のビックリぽん・ある仏弟子の憂鬱?!

<<   作成日時 : 2016/02/24 17:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


外にも出て遊べとばかり桃の花  玉宗

今日は永福寺の涅槃会法要であった。
三寒四温の今日この頃、寒い一日ではあったが例年になく多くの参詣者で賑わったことである。いささか、ビックリぽん。

三宝の鼎でもある檀信徒。多くの人にご縁があるに越したことはない。先導か歩哨かは存知せぬが、住職になるということは檀信徒と共に仏道を歩むことを選択したということには違いない。そんな私も出家して35年余が経とうとしている。紆余曲折、曲がり真っ直ぐの道程であることは自他共に認めるところ。この時季、涅槃会が近づくと些か憂鬱になるのは否めない。

それというのも、涅槃会で専ら「遺教経」という謂わばお釈迦様の仏弟子への遺言を何度も礼誦することになるかである。御存知のように、「遺教経」には釈尊が涅槃に入ろうとするにあたって、遺された弟子たちへのお諭しが縷々と述べてあるのだ。四諦、八正道を始め、出家の本懐を果たすための指標である。

画像


決して難しくはない。修行とは理屈を覚え、頭でっかちになることではない。言うまでもなく実践する事ができるかどうかが試されている訳だ。いやが上にも、自己採点、脚下照顧せざるを得ない領域のものである。誤魔化しがききそうで、利かない。自己は自己が一番よく知っていそうで知らない。知らなければならないというのにいかにも他人事のようにまみえていることが多い。

釈尊の生きざまに学ぶのに吝かではない筈だが、それにしても御粗末に過ぎる私ではある。忸怩たるところではない。もう一度出家し直したいと毎年のように思う訳である。些か憂鬱になる所以。仏弟子の春愁とでもいうんですか・・・。





画像


「片腹」

草摘むややり直せると思ひつゝ

東雲の影寄り添へる春焚火

凡そ天下は片腹痛き目刺かな

飯蛸を施されては困りけり

佐保姫の来たといふては縄解き

桜餅解り合へるに手間取りて

やどかりが背負ひ直してゆくところ

調はぬ空の明け暮れ梅の花

燃え移り落ちゆく野火の滴かな

種芋やどこへも行かぬ母のゐて


画像


「骨」

吾輩の名も無き恋の尻尾かな

寒さうな恋猫がゆくずぶ濡れて

骨のある男と目刺喰ふことに

喋りさうな鴉来てをり春の雨

鐘ついて朧月夜を戻るなり

朧夜やおいらはどこの馬の骨

見えてゐる月が朧でならぬなり

雛の夜骨をきれいに取り分けて

云はれたるまゝに雛の客となる

骨抜きにされたる雛の夜なりけり



画像



「びっくりポン二十句」

母さんはときどき男花エリカ

弁当の冷めたるにほひ梅の花

妻や子を泣かせ育てし春子とか

弟が毒ある芹を摘んで来し

妹が風のやうにもスイトーピー

兄といふうしろ姿が若布干す

貰ひたる嫁がとっても桃の花

姉さんは口から先のフリージア

爺さんが消えて無くなる葱坊主

婆さんは腰から下が沈丁花

老いたれば日向のにほひクロッカス

パンジーに吹く風だれも咎めざる

蓮翹の下でさよならするつもり

エプロンと眩しさきそひ花ミモザ

一族は尻窄みなるシネラリア

黄水仙声する方へ見開いて

マーガレット妹が恋する明るさの

よく咲いてびっくりポンのシクラメン

ポケットに粘る飴玉雪の果













鳳来山永福寺晋山記念事業ご案内


永福寺(鳳来堂)は昔より霊験あらたかな観音霊場、地蔵尊の祈祷寺として多くの信仰を戴いてまいりました。約百年前に門前総持寺膝下にあった永福寺が輪島の信者の皆さんに守られて来た由緒ある仏さまと合体して今に至り、私・市堀玉宗代まで七世の住職が任を務めて参りました。

その間、社会的にも様々な変遷があり、輪島の宗教事情や市民の宗教感情、意識もまたゆるやかではありますが変化しつつあるところです。しかしながら、社会の変化の中で私どもはお寺の存在をこれからも世に問い続けていかなければならないものと考えております。

ご存知の様に、永福寺には檀家がありません。今日まで多くの信者の皆様に支えられて参りました。つきましては、この度永福寺新命和尚の晋山式挙行に当り、左記の要領で基金を募ります。住職にとっても、信者の皆様にとっても生涯に一度の結縁です。広く布施の願行をお勧めいたします。

お申し込みの方には記念品贈呈の上、法要に当り祈願、供養の回向をいたします。
法要に際しましては、おさそい合わせの上、多くの皆様の参拝をお待ちしております。合掌

晋山式記念事業等の内容

1、平成28年11月3日晋山式大法要
2、記念事業 (境内整備等)
3、記念書籍刊行
4、稚児募集 (募集開始は夏以降)

◎基金募集

晋山式事業基金を次の要領により募集します。 

募集期間 2016年1月より2016年10月まで
募   金 一口・5000円(何口でも結構です)
送金方法 「晋山式基金」と明記のうえ、郵便振替口座でお送りください。
送金先  郵便振替口座 加入者 永福寺 口座記号番号 00750・5・101412




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市堀玉宗第三句集『安居抄六千句』

画像



出版元である邑書林へ申込の方はこちらから↓お求めください。 

邑書林http://youshorinshop.com/?pid=91226737






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日のビックリぽん・ある仏弟子の憂鬱?! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる