再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の仏性、今日の成仏

<<   作成日時 : 2016/10/16 16:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


天高く人に遅れることをして 玉宗

その家は先代から菓子屋さんを営んできた。
先代さんに続いて、その奥さん、そして後を継いだ息子さんと相次いで亡くなり、現在は従兄弟に当たる方が店を継いでいる。今日はその先代さんと奥さんの年忌法要をお勤めしたのである。施主は先代さんの息子で他家の養子となって名前を変えている。店は続いているが先代から続いた名前はなくなっているのである。仏壇に飾られた三人の遺影を前にお経をあげた訳であるが、如実に諸行無常の有様を感じながらのお勤めではあった。

人の命、人生は空しさをその身上としている。一代の人生で何ほどのことも成し遂げられずにいなくなるのが人の世の大半でもあろうか。他人事ではなく、私自身を顧みたときに、これまでも、これからもいかほどのことも成し遂げず、成し遂げる見込みもない体たらくではある。曲がりなりにもお坊さんとして今日まで歩んできた訳であるが、先のことをことさらに当てにすることもなく、過ぎたことをいつまでも引き摺ることもなく、今をまっすぐ、真心を尽くすほかに永遠へつながる手立てはないものと知らなければならんね。そんな親や師匠の生きざま、うしろ姿をみて後から来るものはその志を継ぐこともあるだろう。それが儚い人の世の倣い。

私たちはこの世に生まれて来たことを、あたかも人生という私が生まれる以前からあり、死んだ後もあるかのような、そんな人の世の舞台にひょこっと飛び出してきたかのようにとらえる癖がついているようなのであるが、私かぎりの命の実際のところは決してそのようなものではない。

世界は自己と共に起こり、自己とともに崩落するというのが仏道のいろはである。いのちとは今ここという私かぎりにして広大なる事実のことだ。そのいのちとは虚しさをその面目、身上としている。発心も菩提も涅槃も、因果も而今なる仏性のことにほかならない。成仏と仏性は同時なることを知らなければならんね。あきらめず、見限らず、弛まず、貪らず、偏らず、くぐまらず、傾かず、ぶれないいのちをまっすぐ戴く。至難の業と言えば至難ではあるが、わたくし無ければ当然そうならなければならんし、自己を信仰する道とはすべからくそのような心術が欠かせないものであろう。仏道はいうまでもなく私空しく生きる解脱の道であろう。自己のいのちの深さ、豊かさに切込み、沈潜し、遊化し、生死する。今日の仏性、今日の成仏。それだけのことに計り知れない世界の関わり合いがある。思えば不思議なことではある。理屈を超えている命の実際があり、救いも苦楽も通塞も自ずから脚下に学ぶことを試されているものとしなけれなならんと思っている次第。


画像



北国新聞社からわがエッセイ集『拝啓、良寛さま・曲がり真っすぐ禅の道』(定価*1800円+税)が出版されました。


お求めの方は販売元↓へ直接か、アマゾンでお買い求めください。

政策・販売

北国新聞社 〒920−8588 金沢市南町2−1

п@076−260−3587 (出版局直通)

FAX 076−260−3423

https://g.bookwalker.jp/book/item/B16714182/


画像





「次男坊」

菊の香や九十九七浦凪ぎわたり

竹刈りて覗き込んだる藪の空

振り返る猫の貌にも秋深き

死ぬる世は似たり寄ったり衣被

秋薊誰も迎へに来てくれず

歯の痛む憂鬱にあり茗荷の子

味噌汁に生きた心地や身に入みて

コスモスやとある田舎の道野辺の

ゐのこづちしこたまつけて次男坊

蟷螂の鎌研ぎゐたる影が見ゆ

一日を使ひ切つたる虫の声



画像



「だらだら」

秋うらゝ猫がだらだらしてをりぬ

地下街の雑踏にゐて愁思あり

紅葉狩り酔うた顔して戻りけり

稲扱くや暮れゆく空の明るさに

人肌ほどの火の恋しさでありにけり

かんばせは疾うに暮れたる根釣かな

柿実り鴉よく鳴く日なりけり

深く蒼く空の冷えゆく通草かな

子のために釣ってみせたる紅葉蛸

湯の滾るやうに囀る稲雀

親しめる妻には妻の燈火あり



画像


「じたばた」

藤袴静心なる朝の来て

差し込める朝日に草の露時雨

刈田吹く風の荒びも奥能登の

コスモスの花の盃ゆらめいて

ポケットに暫し眠れる木の実かな

翔つときの鴨がじたばたしてをりぬ

秋蝶の舞ふに重たきたまゆらの

水引の消えてなくなるやうに咲き

杜鵑草血を吐く花の裏みせて

秋ひとり遊び呆けてうららけし

折り取りし芒の風を持ち歩く



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の仏性、今日の成仏 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる