再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 再生の旅再考・その1「わが人生の一大事」

<<   作成日時 : 2017/02/25 18:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


被災十年雪割草の咲くころか 玉宗

来月25日に控えた能登半島地震被災して10年。この日々が私にとってどのようなものであったのか考えている。

災害に遭うて人はその非条理にうちひしがれる。なぜ自分が被災しなければならなかったのか。まるで自分が選ばれたもののように感じられたものだった。天の采配。めぐり合わせの不思議、といったいい方しかできない私の思いを超えた、予想外の、事の成り行き。分別を超えた出会いがしらの驚き。そして、九死に一生を得たことへの安堵。日常が危うい条件、関係性の中で成り立っている楽屋裏を垣間見たような気がしてならなかった。

そのような謂わば「縁」といったようなものの本質を自問自答しないではいられなかったわたし。上述のように「縁」というものは私の有意、意思に頓着なく、只そのように起こったり起こらなかったり、生まれたり消えたりしている。私の思い通りにならないからこそ、我々は自分に都合のいい「縁」を期待するのであろう。

然し、よくよくおのれむなしく考えてみるに、災害だけではなく物事は全て「わが思い」を「超えて」いるからこそ「尊い」としなければならないことに気付くのだ。謂わば人生の「宝」「教材」のようなものであろう。それをどう学び、活かすことができるかが私に試されているのであろうし、私が生きる意義とはまさに「私が私になるための学びの道程」である。生老病死それぞれの今があり、学びがあり、新鮮な今がある。

それは災害に遭っても遭わなくっても、この世に生まれ落ちて以来の人生の本質でもあろう。思えばこの世に生まれた「縁」もまた私の思いを超えた出来事である。生きている今も、死んでゆくときも、いつも、只、かくのごとく生起している「縁」の様子。そこには本来的にわが「煩悩」に着色される以前の「清浄」なる命の現場、事実があったし、今もそこを生きているし、死ぬとき揉ま「死」という清浄なる「縁」を戴いるに違いない。

私たちは何か大きな出来事に出会うことで改めて存在の条件や尊さ、有り難さに気づかされるものであるが、それがそのまま人間の弱さ、愚かさでもあろうが、しかし、見方を返れば、人は人になるために生きているのであれば、それは決して咎められるようなものではなかろう。大事なことは無常なる人生の展開にあきらめることなく、貪ることなく、謙虚に、己むなしく立ち返り、立ち上がり、今、ここに足を踏ん張って歩き出すことではなかろうか。

情け容赦のない「縁」の中で翻弄されることの多い我らであるが、今、ここを於いて「再生」を期するところがないことを骨にも身にも心にも空にも土にも銘じなければならんだろう。

能登半島地震に被災して以来の十年、確かにそれは「新鮮な再生の日々」であった。構えることなく、流れに身も心も任せ、己むなしく生きることに気付かさせてくれた「災害という縁」。そこには苦楽を超えた充実した人生の歩みがあったし、展開があったし、「今を大事に、丁寧に生きる」ことへの気づきがあった。自分を見捨てる訳にいかなかった。私は私を再生したかった。再生してもなんともない、本当の「自己」が今もなお試されている。当にそれこそが人生の一大事であると心得ている次第。



画像




「夢にまで」

獺の祭りや鳶の笛已まず

獺の祭りし魚や傷深く

夢にまで畑打つ母でありにけり

磯菜摘む一人の母が遠く見ゆ

波寄せて森とひろがる石蓴かな

海女老いて浜に搗布を拾ひけり

朝市の地べたに坐り搗布売る

嘗て遊びし磯も老いたり夢違へ

しんがりは犬が乗り込む和布刈舟

麦踏や地の果てに夢叶ふべく




画像


「追伸」

追伸に雪割草のことなどを

クロツカス日向恋しくなりにけり

沈丁花夕餉過ぎたるひだるさの

青柳青柳風を手懐けはじめけり

桜貝ひたひた波のうち寄せて

マーガレツト恋する風の明るさの

シクラメン病癒ゑたる人とゐて

たらちねの別れもちかき花大根

褒められも厭はれもせず茎立ちぬ

薔薇の芽や愛されずしてやすらけく

草摘むややり直せると思ひつゝ

猫の子のいとけなき目に咎められ

空にまだ雪の冷えある辛夷かな


画像


「風」

残雪を遥かに風の生まれけり

春風に吹かれだうしたものかとも

韋駄天の閼伽にさざ波春疾風

浚はれてみたしと思ふ夕東風に

死にたがる母にも風のやわらかき

半島は笛のかたちよ春北風

ふるさと行ゼロ番線ホーム春二番

山の背の星もゆらめく涅槃西風

北前の湊を今に鰆東風

風もはるかに増穂が浦や貝寄する

霾や行方も知れぬ蒙古斑

海原は風の墓場ぞ雁供養







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
再生の旅再考・その1「わが人生の一大事」 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる