再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 放てば手に満つ世界

<<   作成日時 : 2017/06/12 08:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


蛍見しまなこ大事に眠るなり 玉宗



良寛さまの周りにはいつも子供たちがいた。
子供達が朝も夕方も懐くようにやってくる。それを一つも煩わしいと考えずに子供たちと一緒になって遊んでおられた。また、村人が畑を手伝ってくれと言えば、畑の中に入った。時には草引きもし、家の手伝いもした。月夜の泥棒に黙って蒲団を盗まれたり、墨がなくなると空へ筆をなぞらえた。庄屋の放蕩息子には無言の涙を以って諭し、食べるものが底をつくと、ときには門前の信者さんに無心する事もあった。

新潟は雪深い所で七十を過ぎた良寛さまは貪ることもなく、縁に随って日々を過ごされた。これは、今の私共がやれ修行をしております、やれ勉強をしておりますといっても足元にも寄りつけない解脱した生き方だ。
真に自由自在な生き方、ひろやかにして、まぶしくも、厳しい孤独な世界。今の時代はなにかしら忙しい事が待ちかまえて、その波に乗らなかったら自分が損をしたように思ったりする。一日の暮らし方は色々あろうが、目先の忙しさで人生を全て消耗してしまうのは、貧しい生き方ではないのだろうかと思ったりもする。

そんな時に良寛さんの生き方は誰でも真似が出来るとは思わないが、一つの指標にはなろう。誤解を恐れずに言えば、本来、人生に目的などない。人生に意味など予定されてはいない。ほとけのいのちに生かされていることに目覚めてみれば、そのように言うしかない「いのちその日暮らし」と言ってよい豊かな今があるばかりだ。

仏弟子の生き方はまさに「その日暮らし」であると思うようになった。
常ならぬ、一度きりの人生をどうのように生きたら後悔なく、充実して生きることができるか。自分の人生、命の使い方は本当にこれでいいのか。人生の一大事とは何なのか。人生の宝とは何なのか。

どの道を選んでも生から死への一本道を歩くことには違いないが、その道程の歩みを支える力となるもの、生きてゆく命の糧となるものを求めるのも又人の命の定めであろうかと。私が本来歩むべき「仏弟子」の人生の一大事・面目とは、お金儲けではなかった。名誉や肩書でもなく、競争でもなかった。何かを着け足すことはなく、主義主張でもなく、略奪でもなく、大言壮語でもなく、人を誑かすことでもなく、そして単なる自己満足でもない。

また、それは死なない事でもなく、予定された何かをすることでもなく、やるべきことをしないことでもなく、あるがままとしか言いようのない、自己の命を今、此処に戴くことの難しさ。それは「今」に執着するのではなく、蜘蛛の糸のごとき「今」の世界へ身も心も投げ出す「大死一番」「進一歩」の世界の展望があるからに他ならない。常ならぬこの世を生きる、そのような極めて単純にして永遠に真実な生き方があるのではないか。

無一物にして無尽蔵なる「いのちその日暮らし」。なにかを「あてに」して、貪りに生きることを已めた様子。教条や宗派、主義主張、名聞利養、徒党ぼけが見事に抜け落ちている良寛さまの「その日暮らし」の生き様。それはやはり「仏弟子」としての理想の姿であろう。

人の世に落ちこぼれ仏弟子となり、お坊さんの世界を落ちこぼれて俳人になり、俳人にも落ちこぼれて「ただの人」になってしまった私。能登の田舎の小さなお寺で、妻帯し、四苦八苦しているが、私は今でもそのような良寛樣的な地平、放てば手に満つる世界を慕って生きているのである。


画像




「越」

韜晦のこれよりときく花うつぎ

僧となりあの山越ゑむ夏薊

空とひろがる越の山河やただ青し

道元の逃れし国や青葉風

北潟の風はあかるき花菖蒲

単衣着て火宅遥かにしてゐたり

逃れ來し都遥かに忘れ草

茅花吹く風の行方や越の国

笹百合や谷越ゑてゆく星の座の

蕎麦の花蓮如越ゑ來し山里の

初鮎や都を沖とせし国の



画像




「若狭十五句」

青葉潮ここに鎮もる若狭かな

へしこなる汗もしょっぱき塩の道

北前の海へ垂水の滝一条

国生みの泊が浦や若布刈舟

ちぬ釣るや蘇洞門峻なる巌陰に

苔灼けて人声もなし発心寺

花菖蒲北の京なる面影に

卵生す荒神池の木下闇

木隠れに涼しくねまる若狭仏

海碧く空蒼く山滴れり

放哉が寝転びし夏座敷とか

真清水や弥勒下生の地なりけり

鯖の道ここに始まる花かつみ

夏霧の襲ひ来るや三方五湖

海彦山彦若狭の夏を鬩ぎあひ


画像


「色」

あぢさゐの水の色どりなりしかな

蛍火や夢をうつつとなぞるなり

ゴーギャンの光の色に百合の花

草笛を吹くに眼差し遠くして

琉金の憤怒の色を愛づるなり

贖罪の未だし薔薇の香に咽る

夏茱萸の熟れて血の色滴らす

丸めては一番草を放り投げ

袋掛け封じ込めたる空の色

汗みどろ潮みどろして昆布刈

夜の色にかつかつと鳴く鵜なりけり












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放てば手に満つ世界 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる