再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 御征忌法要が済んで

<<   作成日時 : 2017/09/16 03:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


風よりもさびしきものに秋桜 玉宗


大本山總持寺祖院の御征忌法要も無事円成。
今年も親子三人で随喜できたことである。まあ、私は枯れ木の賑わいであるが、妻は御詠歌で、弟子は山内に於いて聊かなりともご本山のお役に立てるようになったことがなによりうれしい。

画像


画像


画像



画像




御征忌が済むと能登の残暑も峠を越えて、一気に仲秋の気配が漂う。秋彼岸も間近ということもあるが、彼岸花が咲き始めている。芒の穂も目に付くようになった。虫の音も夜は喧しいほど。秋の蜂が余念なきように飛び回り、秋蝶が忘れ物でもしたかのように寂しげに舞っている。

画像



画像



北朝鮮からミサイルが日本の上空を飛び回るような時世。人には年齢に応じた初心があるというが、さて、わが日常はこれからも変わらず、いのちその日暮らしがあるばかり。天の下に新しきことなしではあるが、一期一会のわれであるには違いなく、それが宿命。天には新しくないかもしれんが、いつも、いまここに、今生を限りを生死一如していきたいものではあるね。合掌。



画像





「過ぎる」

はかなさの今をかぎりや秋の声

秋蝶のひそやかにして過ぎゆけり

ふところに入るは白き風ばかり

なにもかも過ぎてしまへり草は穂に

仙人草煙りのごとく蔓延りぬ

遠山の陰りてゐたる稲穂かな

きのふよりけふのあかるさ秋桜

みちのべの草によりそふ秋思かな

力草みちくさ覚え初めしより

秋もはや半ば過ぎたる風の色

籾を焼く煙り影なす夕月夜








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
御征忌法要が済んで 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる