アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「俳句の風景」のブログ記事

みんなの「俳句の風景」ブログ

タイトル 日 時
食いしん坊さん!
食いしん坊さん! 蜘蛛の糸餓ゑのしづけさ漲れる 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/24 05:46
わが俳句教室雑感
わが俳句教室雑感 向日葵の焦がれて已まぬ丘があり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/15 06:03
気づくこと、忘れること
気づくこと、忘れること 菩提寺へ子を差し出せと青葉木菟 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/11 04:58
写生俳句の可能性・客観写生とは?!
写生俳句の可能性・客観写生とは?! 不如帰空に深入りしたらしく 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/30 05:14
細見綾子俳句鑑賞
細見綾子俳句鑑賞 またとなき日の来てゐたり瓜の花 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/27 05:17
山河大地というお経
山河大地というお経 夏花摘むだけの人生とはなりぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/21 06:04
貫く棒のごときもの「稲畑汀子先生との出会い」
貫く棒のごときもの「稲畑汀子先生との出会い」 繍線菊やあの世の母に顔向けが 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/09 04:58
俳諧ともののあはれ、わが「せつせつ」考
俳諧ともののあはれ、わが「せつせつ」考 木隠れに涼しくねまる石ひとつ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/05/25 04:09
わが俳句信条
わが俳句信条 おほでまりご飯をこぼすやうに咲く 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/07 08:11
今日の言いたい放題・俳句のおもしろさとは?!
今日の言いたい放題・俳句のおもしろさとは?! 亀の声死んで生きよと聞こへけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/15 12:39
出家とはなにか?!
出家とはなにか?! 擽れば拳をほどく木の芽かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/16 17:13
中山純子という俳人
中山純子という俳人 たもとほる影あらばこそ寒椿 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/23 20:05
俳句の可能性・あたらしみ
俳句の可能性・あたらしみ 切り貼りし障子明りの月日あり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2016/12/21 19:22
出家者のアイデンティティー
出家者のアイデンティティー 是よりのけもの道なり冬ざれて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/18 18:57
寺報12月号
寺報12月号 袈裟がけの日差しの中や花八つ手 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2016/11/30 17:15
美しき人生・もみいづる命・細見綾子という俳人
美しき人生・もみいづる命・細見綾子という俳人 木立より見ゆる星屑冬安居 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/27 17:21
沖に出て見えて来るもの
沖に出て見えて来るもの 山茶花や日暮れは家が恋しうて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/24 18:09
諸行無常の宗旨に生きる
諸行無常の宗旨に生きる 赤き実を零し冬鳥去りにけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2016/11/18 19:04
永福寺晋山式挙行!無事円成しました。
永福寺晋山式挙行!無事円成しました。 蜻蛉が稚児行列に割り込みぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2016/11/03 22:34
今日の衆善奉行・己を忘れて天命を尽くす
今日の衆善奉行・己を忘れて天命を尽くす 秋深き湯宿や加賀の山中の 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/31 19:16
今日の親ばか・俺って、雨男?!
今日の親ばか・俺って、雨男?! 雨傘を叩く音して落つ木の実  玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/25 16:51
今日の自浄其意・髪を剃る
今日の自浄其意・髪を剃る 草は穂に風は千里をとぶらへり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2016/10/10 17:52
今日の眼横鼻直・マインドフルネス、って何?!
今日の眼横鼻直・マインドフルネス、って何?! 芋の葉も赤子包めるほどとなり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2016/10/04 14:56
森澄雄・生を詠った俳人
森澄雄・生を詠った俳人 稲架越しの能登も外浦や波の音 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/01 18:48
今日の取らぬ狸の皮算用
今日の取らぬ狸の皮算用 夏萩に退けとばかりに風がきて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/03 17:35
いのちの糧
いのちの糧 かんばせに朝のひかりや更衣 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/07 17:08
大原若葉しぐれ百句
大原若葉しぐれ百句 鎮魂の大原若葉しぐれかな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/04 16:48
無常という海原
無常という海原 大手毬こでまり妻の声弾む 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/01 15:45
俳句鑑賞雑感
俳句鑑賞雑感 蝮草まだあどけなきさみどりの 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/28 14:20
今日の諸行無常・さくら雑感
今日の諸行無常・さくら雑感 空とひらく花のかんばせ四月来る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/05 19:16
俳句の可能性「目は厳しく、心柔らかく」 
俳句の可能性「目は厳しく、心柔らかく」  てのひらに享けたる花のぬくみとも 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/02 16:26
俳句の可能性・何気なさがとらえるもの
俳句の可能性・何気なさがとらえるもの これよりのけもの道なり山菫 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/03 17:04
今日の有頂天・二つの句集鑑賞
今日の有頂天・二つの句集鑑賞 月並もめでたかりけり初句会 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/31 18:58
今年一年をふり返って・その1、俳句のことなど
今年一年をふり返って・その1、俳句のことなど 葱抜いて戻ればいつも日の暮れて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/28 18:30
今日の羊頭狗肉・句集始末記
今日の羊頭狗肉・句集始末記 つはぶきの花かがよへるひかりかな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/08 17:57
今日の妄想・生前葬という生き方
今日の妄想・生前葬という生き方 冬安居控へし山のしづけさよ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/02 18:22
子規という生き方
子規という生き方 椿の実未生以前の硬さあり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/04 14:59
遠いから歩く
遠いから歩く 青きまゝ落ちたる栗や坂がかり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/23 18:33
今日の妄想・句集『安居抄六千句』を持って外へ出よう!
今日の妄想・句集『安居抄六千句』を持って外へ出よう! 雲の峰いつものやうに家を出て 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/13 19:17
今日の試行錯誤・非常識なる句集『安居抄六千句』?!
今日の試行錯誤・非常識なる句集『安居抄六千句』?! 桔梗やふたりで生きてきた朝の 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/12 10:09
今日の応病与薬・眠れない夜のために
今日の応病与薬・眠れない夜のために うつろなるものの漲る夏日かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/10 19:51
今日の営業・「安居抄六千句」を読むコツ?!
今日の営業・「安居抄六千句」を読むコツ?! 月見草沖なだらかにやすらけく 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2015/07/08 17:48
今日の捨てる神、拾う神・「拝啓、良寛さま」企画、その後のその後
今日の捨てる神、拾う神・「拝啓、良寛さま」企画、その後のその後 涼しさやゆるやかにして水ながれ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2015/07/07 16:48
今日の営業・句集『安居抄六千句」はお買い得です!
今日の営業・句集『安居抄六千句」はお買い得です! ふり返る蟻がゐぬかと見てをりぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/05 07:34
今日の妄想・『安居抄六千句』がベストセラーに?!
今日の妄想・『安居抄六千句』がベストセラーに?! 喉みせてひかり吐き出す海芋かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/04 07:33
今日の営業・市堀玉宗句集『安居抄六千句』刊行!販売開始!
今日の営業・市堀玉宗句集『安居抄六千句』刊行!販売開始! 生前に句集一冊雲の峰 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/02 17:36
今日の皮算用・エッセイ集『拝啓、良寛さま』刊行?!
今日の皮算用・エッセイ集『拝啓、良寛さま』刊行?! 木に耳をあてれば命涼しけれ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2015/06/15 20:39
わが人生、わが闘争、わが俳句、わが遺言、わが空去来
わが人生、わが闘争、わが俳句、わが遺言、わが空去来 夏薊恋は山越ゑ谷渡り 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/11 19:16
今日の手持無沙汰・夢疲れ
今日の手持無沙汰・夢疲れ 海棠花乙女さびたる紅さして 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2015/04/27 20:11
今日の近況報告・第三句集名決定!?
今日の近況報告・第三句集名決定!? 一人静と教はりたればしやがみこみ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/18 20:21
今日の妄想・俳句という犀の角
一日がはじまり終る春愁ひ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/06 16:37
今日の諸行無常・「桜のいのち妄想」
膝枕花に酔うたるふりをして 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/03 17:12
俳句の可能性・「俳句以前ということ」
春霜の朝日に眉を濡らしけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/16 20:24
永福寺涅槃団子作り
僧が搗き漁師が捏ねる涅槃団子 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2015/02/21 19:12
今日の羊頭狗肉・句集名公開募集?!
そも春の風に吹かれてよりをかし 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/10 18:46
今日の諸行無常・今年一年を振り返って
ここにきて片手で足りる日を数ふ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/12/29 21:18
今日の羊頭狗肉・第三句集で取らぬ狸の皮算用的な
いろいろあつて冬の浜辺に辿りつく 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/12/17 06:36
今日の言いたい放題・俳壇にものもうす!
残菊を見てゐて臍の痒くなり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/18 22:37
冬安居を控えて
冬安居始まつてゐる森の黙 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/08 16:39
沢木欣一の世界
塩田にとどく海鳴り波の花 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/06 13:06
現代の教養俳句・有馬朗人の世界
こだわりはコスモス風に揺るゝほど 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/03 21:52
津久井紀代著『一粒の麦を地に・100句から読み解く有馬朗人』読後感想控え・その1
銀杏散る万巻の書の頁より 有馬朗人 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/29 20:54
秋思・私一人の時間
秋風に吹かれて何を思ひだそ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/19 21:06
正岡子規という生き方・再掲
コスモスの咲いてだうでもよくなりぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/09/17 18:21
今日の羊頭狗肉・俳句の覚悟
萩に風どいてくれろと云はむばかり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/14 20:44
今日の諸行無常・いのちの危うさ
また一人秋の浜辺に来て坐る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/11 19:03
今日の教外別伝・行雲流水の生き方
明日の空へ引き揚げてゆく秋の雲 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/08 19:01
興禅寺寺報9月号
慌てない雀が稲をよく食うて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/06 19:26
今日の以心伝心・お寺という異空間
秋の雲ひろがりひろがり父となる 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/09/03 19:44
今日の諸行無常・中山純子という俳人
潮騒や月に眠れる葛の花 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/01 08:46
私的秩父巡礼の旅
峰連ね霧湧き雲となるところ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/22 21:49
棚経廻り始まる!
恐ろしき山の方より盆の月 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/13 04:46
盆用意・いのちの灯
あの雲に乗り遅れたる秋思かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/10 21:02
今日の愚痴・それって何のため、誰の為?!
また一人秋の渚に来て坐る  玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/08 21:52
立秋雑詠
立秋や折り目正しき妻の朝 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/08 11:25
俳句雑詠
昼顔の聞きしは誰がため息ぞ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/27 17:51
今日の人間たらし・太宰治雑感
あかつきの夢のつづきや杜鵑 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/20 21:26
現代俳句観賞「現代の月並・その2」
家といふ雁字搦めや鉄線花 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/01 20:39
風のように生きる
衣更へて風を探しにゆくところ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/31 20:58
仏戒に生きるとはどういうことか?!
草を引くために出家をしたやうな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/27 17:22
今日の誓願・現代宗教事情
いつの間になんじやもんじやが空の上 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/25 21:09
「現代俳句観賞・その4「現代の月並」
お隣の躑躅が燃えて目に余る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/10 18:52
今日の雲心水意
梢吹く風の音にも夏安居 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/09 21:01
現代俳句鑑賞・その3「俳句という自己更新」
鈴が鳴る花のかたちや夏めきぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/07 20:57
夏つばめ
いく度も海へ出てみる夏燕 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/06 20:53
住職になるということ
山法師空が賑はひ始めけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/05 04:31
現代俳句鑑賞・その2「現代俳句の感性」
ひとつひとつ椿は紅を尽くしけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/03 19:13
現代俳句鑑賞・その1「様々なる意匠」
かんばせに朝のひかりや五月来る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/01 21:18
現代俳句の可能性・その1「くたばれ写生?!」
チューリップ解り過ぎてもだうかと思ふ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/29 21:27
たんぽぽ俳句管見
たんぽぽの臍のあたりが頑固なる 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/22 19:23
今日の天の邪鬼・その2「協会を退くのこころ」
裏に咲くわが家の桜ひとり占め 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/12 06:28
さくら雑感
転生のこゑをかぎりや山桜 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/10 05:17
大衆文藝誌『ムジカ』創刊
春蘭の夢みる花のうすごろも 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/06 21:06
お知らせ
落ちてなほくれなゐ燃ゆる椿かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/05 19:58
花に学ぶ人生
花の世を面影にして蝶眠る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/02 06:45
雪割草群生地・猿山岬
海光る雪割草の花陰に 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/30 07:04
辻恵美子句集『帆翔』
ぼうたんに屈みて同じ風にゐる 恵美子 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/28 20:39
大本山總持寺拝登の旅五十句
新到の板木谺す木の芽山  玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/18 23:18
冬の終わり、春の魁。大本山總持寺祖院涅槃会
山晴れて甘き涅槃の雪滴 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/11 06:58
もうすぐ東日本大震災から三年
霞むほど沖より幸の来るといふ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/08 19:40
俳句の可能性・その4「不易流行を支えるもの」
随分と生きたね雪割草に屈む 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/07 18:50
俳句の可能性・その3「写生俳句実作の現場」
春の波打ち寄せ白き手を伸ばす 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/06 17:34
俳句の可能性・その2「写生という感性の世界」
灯台は背伸びのかたち鳥雲に 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/05 19:42
俳句の可能性・その1「写生を超えるとは?」
アネモネの些か開きすぎかとも 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/04 22:32
磯の思い出
海女老いて搗布ひろふと答へけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/03 10:25
今日の詭弁・薄情な師匠
蘊蓄はほどほどにして桜餅 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/28 20:24
雨水
春風にそゝのかされて以来なり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/19 17:48
言ひおほせてしまふ俳句の功罪?!
まづしき世に光りを放ち福寿草 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/15 19:47
俳句の面白さとは何か?仲寒蝉句集『巨石文明』
ふて寝してゐるとも見えて涅槃像 仲寒蝉 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/26 21:03
今日の貪瞋癡・賑やかな寒念仏ってどうよ!
朝に夕に鉦や太鼓や寒念仏 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/25 19:18
黒田杏子第六句集『銀河山河』
狼に黒田杏子がついて来た 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/24 21:28
男波弘志句集『瀉瓶』・写生と軽み
蝋梅のひらかむとして匂ひ立ち 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/19 07:15
灰燼に帰したる安堵・黒田杏子の世界
山茶花のまだ色持たぬ空の色 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/23 05:13
「永平寺拝登五十句」
妻や子を捨てかねてゐる寒さかな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/13 20:35
みちのく遠望
みちのくは寒かろ風も恋しかろ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/30 05:17
今日の生老病死「病棟三十六景」
病棟はさながら枯野妙に明るい 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/28 05:14
俳句の陥穽・月並とは何か?
鶴来たる膝から下がよく冷えて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/11/25 05:13
冬になり冬になりきつてしまはずに
小雪の泣きだしさうな空なりし 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/24 04:51
落柿舎・俳諧の浄土
落柿舎へ冬田を曲がる二三枚 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/22 04:47
わが人生のアリバイ
山眠り空ゆくものの影もなし 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/21 05:15
時雨月
いふなればしぐれがちなる人生で 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/15 07:19
冬木の記憶
傍らを行くたび仰ぐ冬木あり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/12 04:51
東日本大震災句集『わたしの一句』
さざんかの花の月日に翳りあり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/09 05:02
柿の思い出
掠めたるごとくに柿は喰うべけれ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/31 05:07
俳句文芸誌の世襲制について
杜鵑草寄らば大樹の翳りあり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/28 06:49
初紅葉・みえてくるもの
もみづるや生きながらへてみゆるもの 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/20 05:07
種田山頭火忌二十句
生き死にのいづれ哀れや山頭火忌 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/12 05:30
パソコン回復記念・・・みたいな。「残像五十句」
遠ざかる愛の近さに曼珠沙華 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/02 17:28
紅葉狩りにはまだ早いんですが・・・。
籾を焼く煙り影なす月夜かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/26 04:48
十五夜の思い出
十五夜の母が小さくねまりをり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/20 05:18
子規という生き方・糸瓜忌二十句
柿喰うて俳に血を吐く男かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/19 03:27
「正岡子規・鶏頭の句」逍遥
鶏頭の咲くといふより怒るなり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/18 04:15
山頭火との出会い
曼珠沙華振り向くたびに咲いてけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/09/14 03:51
不殺生の世界・秋の虫や草たち
潮騒や月に捧げし葛の花 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/09 05:34
今日の詭弁「家出」を季語にしよう?!
ふるさとの見ゆる高きに登りけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/06 05:15
俳句の日・それがどうした?!
忸怩たる思ひ八月十九日 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/20 05:03
盆用意
朝顔や家族といふも露の世の 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/10 04:53
「里」能登加賀吟遊
睡蓮を巡る頭の悪さかな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/08/06 04:39
諸行無常から学ぶ「私は死に損ないです」
父母のあの世気になる暑さかな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/08/04 05:22
「竅v8月号・作品鑑賞など
解夏の僧らしきが駅をうろつきぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/01 03:43
墓洗ふ
墓洗ふ不肖の弟子でありにけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/27 05:11
俳句実作の現場・「くろがねの・20句」
漆黒の闇の淵より火取虫 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/25 05:06
妄想俳句・大暑の妻二十句
目に余る妻のおゐどやけふ大暑 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/24 03:55
夢うつつ・二十句
三尺寝うつつを少しはみ出しぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/23 04:53
「写生」雑感
かなかなやむかし家族のありにけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/22 04:56
俳句実作の現場・俳句の楽しみとは?
桔梗や折り目正しき妻の朝 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/19 05:04
「俳諧の誠」と「俳句における文学性」
気になつてせうがない向日葵の高さ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/12 04:12
今日の教外別伝・究極の現世利益?!
かんばせのほころぶやうに蓮の花  玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/11 03:24
親孝行・子孝行
手を合はす四万六千日の夕闇に 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/10 04:04
風鈴の音「無為自然」
叱られにきて風鈴を聞いてゐる 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/09 04:53
「竅v7月号・作品評など
海山のこゑにそば立つ花うつぎ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/06/29 03:29
俳句という風車・俳誌「白茅hakubou」創刊号 
夕焼を見に行かぬかと妻のいふ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/20 04:36
健康志向という拘り・能登はいらんかいね?!
不如帰空に深入りしたらしく 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/15 02:12
わが俳句へ期待するもの
水無月の風のかよへる木立かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/14 04:23
小池康生第一句集『旧の渚』・人柄との出会い
昼顔の聞きしは誰がため息ぞ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/08 04:28
更衣
はまなすや海に曳かるゝものの声 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/02 04:23
北海道の旅・その2「生まれ故郷へ」
いたどりの花高々とわが生地 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/29 04:52
ふるさと紀行・七十句
ふるさとの山惜しみなく滴れり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/05/28 00:55
自己との和解
蝶となり海をわたらむ夏薊 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/22 04:28
花作務・いのち戴きます
白雲よ旅ゆく空の涼しさよ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/16 04:38
ある遺句集・鳥毛正明句集『花浄土』
生涯に遺句集一つ花は葉に 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/06 04:27
俳句の新しみ・その2「いのちの輝き」
たんぽぽの横に坐れば見ゆるもの 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/04 04:20
俳句の新しみ・その1「選の基準として」
山吹や雨後を下校の子が帰る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/03 04:39
駐車場整理作務
真青なる空へ通草の花の影 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/30 05:21
選句、それは人柄との出会い
よく晴れて空は魔が差す竹の秋 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/29 04:19
「ヒバクシャ」「フクシマ」という差別
フクシマは蝶の破れしかたちして 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/28 04:40
いのちの現場・自死問題への取り組み
山はかすみ流れを急ぐ水の音 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/26 04:32
ありのままという幻想・俳句の場合
菜の花やふるさといつも眩しくて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/04/24 04:10
信じる力
春の雲逃げ果せたる軽みあり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/22 04:40
つばめの空
つばくらや空の扉の開くる日ぞ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/21 04:40
生きている、そこが故郷?!
春濤や帰る由なき郷があり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/20 04:40
諸行無常の声と姿と
たもとほる影はさびしき椿かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/19 05:02
戒名はいらないって、どうよ?!
若葉吹く風の音にも大乗寺 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/17 05:24
俳句が文学になるとき・再考
わがために咲くとも見えず山吹は 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/15 05:10
花の歳月
とことわの空より枝垂れ桜かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/10 04:28
花と無心
あけぼのや浮かび出でたる初桜 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/08 04:45
「かたち」についての考察・その1「なぜ俳句をつくるのか?!」
耕人のいつしか遠ちへ流されて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/02 04:07
弥生尽・明日を信じて
黄水仙流れに映るきれいな顔 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/31 05:02
總持寺祖院坐禅句碑
雉鳴いて戒律の朝はじまりぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/24 02:50
今日の教外別伝・桜伐らぬ馬鹿?!
海原を渡るさびしさ彼岸西風 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/21 04:37
俳句には説教されたくない?!
紅梅のかそけき色に恥じ入りぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/20 03:25
今日の言いたい放題・売れる俳句、売れない俳句
寄する波引く波春の来てをりぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/19 04:07
能登で「授戒会」?!
結界を零れてきたる落椿 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/17 04:04
東日本大震災忌二十句
みちのくかなしくさもゆるさへあだとなり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/09 05:29
極楽の文学考・虚子という闇
さよならがうすらひほどの光りなら 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/23 05:00
私の俳句観
ひかりつつ水は流れて蕗の花 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/22 04:59
雨水
今日雨水耳あたらしくなりにけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/02/19 04:51
金沢大乗寺逍遥
雪解ける音にも加賀の大乗寺 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/02/18 04:49
涅槃の一風景
鳥が来てもの言ひたげや涅槃像 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/17 05:07
俳句の肉体・伝統と新しみ
臍の緒に似たる牡丹の芽が怖い 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/16 05:14
福は内、鬼は外についてのこころ
節分の豆が足りないまあいいか 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/02/04 04:45
言葉にならないけはいのようなもの・片山由美子第五句集『香雨』
冬終るしづかな海を見てゐたり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/03 19:50
雪安居・今が誕生、今が臨終
寒卵教外別伝の宗旨あり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/31 05:01
鬱陶しい世界?!
うすらひや寡黙に人の行き違ふ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/30 04:52
今日の妄想・俳句賞についての偏見的考察
雲中に冬日うつろふ椿かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/28 05:16
探梅
梅探る他に用事もなかりけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/26 05:00
今日の諸法実相・命懸けの托鉢?!
来た道を拝みて寒念仏終る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/01/21 05:02
ある狙いどころ
灰となり龍煙のぼる吉書かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/16 04:58
吹けば飛ぶようなお坊さんですが・・・。
向うへと行かねばならぬ寒さかな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/01/13 04:43
托鉢雑感
帰らざる父の如くに冬嶺あり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/09 06:28
元旦の開き直り?!
外に出ればすでに二日のゆふべかな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/01/02 06:55
あけましておめでとうございます
元旦が波打ち際に来て去りぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2013/01/01 02:45
大晦日・今年もたくさんの真心をありがとう
歳を越す大きな夜の帷かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/31 05:04
冬季雑詠
底冷えの街に花屋の灯が点る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/22 04:59
今年のわが俳句総括
背伸びしてたそがれてゆく冬木かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/17 05:06
山田露結句集『ホームスウィートホーム』鑑賞
少年が守る夜伽の大焚火 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/16 05:48
師走作務あれこれ
雪の轍は征きて帰らぬ昭和かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/15 05:11
昭和遥かなり・・・田中哲也遺句集『水馬』
天上を行つたり来たり龍の玉 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/14 04:57
冬季雑詠
煤払終えたる空のしづけさよ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/13 05:08
今日の妄想・地方の時代雑感「俳句の場合」
雪しんしん血脈つひに仄暗く 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/11 05:13
雪安居雑詠
生きてあるものみな寓意冬木立 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/09 06:06
雪安居雑詠20句
竹林の冬空風の鳴くばかり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/07 06:37
京都の旅・俳諧しぐれ記五十句
面影や紅葉落葉の明るさに 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/06 02:32
極月雑詠
ゐるといふただそれだけの寒さかな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/02 04:54
霜月雑詠
雪も来よ父のなき子の手のひらに 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/30 05:15
葛湯の思い出
葛湯吹く筋金入りの淋しさに 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/28 04:13
今日の妄想・初冬の風物詩あれこれ
取り敢えず北窓塞ぐことをせり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/27 04:13
衆生本来仏なり 「雲水さんの接客作務?!」
赤き実のあらはに冬のさびしさよ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/25 05:08
生きてあるものみな遺族
うすうすと十一月の確かさよ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/20 04:49
冬安居雑詠
をらざるがごとき鴉の冬めきぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/18 05:16
冬季雑詠
妻よしぐれの中を歩いてきたことだねえ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/11/16 10:11
俳句教室雑感「意は似せ易く、姿は似せ難し」
けふよりは風の百日冬安居 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/16 04:12
やっちまったよ 「馬の耳にかみなり?!」
犬も喰はぬ夫婦喧嘩と干し大根 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/14 04:15
里山つれづれ
綿虫や光陰淡くありにけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/11 05:29
「暮れ方」考
うつろなる冬大空のあかるさよ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/10 05:45
初冬雑詠
冬始まるしづかな海を見てゐたる 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/09 07:31
掃き作務雑感
紅葉してこしかたゆくへ且つ散りぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/09 04:11
立冬つれづれ
綿虫のいのちあやうきゆふまぐれ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/07 04:19
今日の妄想「焚火のこころ」
夕星にひとり消えゆく焚火かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/06 07:15
晩菊
晩菊や老いゆく日々もうつくしく 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/05 18:23
俳句的な生き方
木枯しの月より吹いて来たるかと 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/31 05:11
秋果いろいろ
秋果食ぶ母の不在を受け入れて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/10/29 04:11
秋の畑作務、とは名ばかりで・・・
霜降の畑に反古を焚きに出る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/24 04:13
秋の旅吟百句『雁の声』
頭陀袋やつれて冬がすぐそこに 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/13 03:47
やっちまったよ。入れ歯紛失の旅はつづくの心
旅人の我は秋風汝も秋風 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/10 05:31
羆出でし彼の山、鼠溺れし彼の川
母を呼ぶ父の大声稲架日和 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/09/28 04:58
思うべき「もの」が試される秋
名月のまどかなるさへ愁ひなる 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/09/22 04:16
俳句雑感
鬼の子を励ます寺の風ならむ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/09/12 07:08
大本山總持寺祖院御征諱会
雁や飯喰うことも供養なる 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/09/12 05:52
俳句甲子園という社会現象
われもまた惑へる蛇の如くにて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/09/03 04:12
今日の以心伝心./家族葬って何?
葛咲くや消え入りさうな神の声 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/29 04:11
定型詩の個性についての一考察
忸怩たる思ひや鳥の渡るさへ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/27 04:07
今日の妄想、その2・夏の思い出
秋風に吹かれて何を思ひ出そ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/26 04:10
俳句雑感・俳句の独自性など
秋茄子空張りつめてゆくばかり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/18 04:49
生と死の風景
今生のいのち限りをつづれさせ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2012/08/13 04:13
高野ムツオ著『時代を生きた名句』
けふよりは秋の簾ぞなり下がる 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/09 03:35
俳句のメルトダウン・再考
絶望に何かが足らず夕涼み 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/02 04:25
「詩人の良心」 関悦史句集『六十億本の回転する曲がった棒』
    ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/29 04:33
良寛と一茶・再考
はんざきの石になれざる憂ひあり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2012/07/25 04:06
「豈」53号読後感想・その3「解る句・解らない句ー高山れおなの場合」
無い知恵を絞りてをるや蝉しぐれ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/24 04:15
「豈」53号読後感想・その2「震災俳句」
歳時記を枕に眠る大暑かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/23 04:07
「豈」53号読後感想・その1「見える句、見えない句」
蓮池を廻る頭の悪き日で 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/22 04:06
總持寺祖院観音祭り
手をつなぐ母ゐて星が涼しくて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2012/07/18 04:14
夏安居雑感
白雲の行方も知れず涼しさよ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/16 04:10
なまもの考 「言葉・表現の場合」
蚤とゐる夜の孤独を嗤ひけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/01 03:41
わが青春の大乗寺
青蛙遥かなものに応へけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2012/06/25 04:16
今日の諸行無常・幼馴染との再会
これ以上背伸びはできず立葵 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/06/23 04:11
ある住職の感慨
夏至といふ峠に似たる気だるさよ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/22 04:12
金子兜太著『荒凡夫 一茶』・生きもの感覚の自由人
輝ける兜太のうんこ蠅喜ぶ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/18 04:10
俳句指導の実際・俳句結社「栴檀」の場合
水無月の綺麗な風を写生せよ  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/12 04:39
参禅の勧め・自己が自己に参じる
雨安居や蛹の眠り繰り返し 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/11 04:11
震災句集・小原啄葉『黒い浪』
心労が夏の渚に来て帰る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/05 03:43
いのち暮らしのススメ
溢れさうな光りの中へ更衣 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/06/01 04:03
栴檀は双葉より芳し、かったのに・・・
抜きん出てしまひ竹の子術もなし 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/27 03:53
節穴から覗く現代俳句展望・その4 不易と流行を支えるもの
あめつちに一人涼しき木陰あり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/22 04:14
美しきジョギング作務?!
夏野行く美しき誤解を携へて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/21 04:07
仏道に於ける慈悲について・再考
よく育つ夏萩に風閊へをり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/19 04:00
写真俳句ブログ<青の句会>70句鑑賞
世を拗ねて青きつむりの涼しさよ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2012/05/18 03:58
自惚れで、お節介で、こんなお坊さんもありかと・・・
おそるおそる村一番の幟かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2012/05/03 04:24
節穴から覗く現代俳句・その3「種田スガル」の世界
俳諧は血を吐くやうに恋するやうに 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/01 03:27
節穴から覗く現代俳句展望・その2 『琉』俳句
春鰯銀鱗朝の日に濡れて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/29 04:05
鐘の音
泣く気にもなれず耕し始めけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/04/28 04:07
節穴から覗く現代俳句展望・その1『里』俳句
春蘭に清々したる日の光り 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/27 04:34
峨山道・先人もお寺の掛け持ちで苦労したというような話
目を借りて言ひ訳ほどの一仕事 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2012/04/20 04:06
俳句に於ける個性についての一管見・その3
世が世なら世が世ならとて亀鳴きぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/15 03:45
写生俳句の系譜「栴檀」の場合
木瓜の花うつらうつらと照り陰り 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/13 03:43
桜に想う
晴々と命冷えゆく桜かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2012/04/11 04:47
俳句に於ける個性についての一管見・その2
人訪へば恥らふ如く一輪草 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2012/04/08 04:41
俳句に於ける個性についての一管見。その1
春寒く小米花さへ芽を吹かず 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/06 04:08
俳諧という枯野を駆け巡る御中虫という実弾の夢
形而下も捨てたもんじやない蕗の花 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/01 03:25
「道楽」についての一考察
春風に唆されしだけのこと 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/20 03:56
三月のつれなさ
佐保姫の裾吹く風やもどかしき 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/15 03:38
じんのび精進しまいか
じんのびと生きめや能登の山霞 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/09 04:48
俳句という生き方
襟首の汚れ易さよ鳥雲に 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/05 03:54
一人旅だからこその出会い
誘へる風や弥生の沖明けて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/02 05:01
下萌ゆる春の息吹
やよ三月猫の狼藉始まりぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/29 04:49
今が初心、今が遺言、今が道場
天網を透かして此処に春日影 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/12 04:49
雪解けの音
薄氷を踏まねばならぬこともなし 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/07 05:47
残雪
ものぐさの屋根に雪積む涅槃月 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/06 06:21
金子兜太という狼
狼の夢に跼まり眠るかたち 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/22 05:35
お坊さんは縁起が悪い?
葱抜いて戻ればいつも日が暮れて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2012/01/21 05:26
若者よ来たれ!
人の来る夜はよく爆ぜる炭火かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/23 05:12
初冬に思う人生の味わい
呆けてはしぐれがちなる日を過ごし 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/20 05:22
冬安居
蓑虫や日の道月に入れ替はり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/13 05:04
初時雨
ひつじ田に菜屑捨てゆく初時雨 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/11 18:14
立冬・十一月のこころ
冬安居空を欺くものもなし 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/08 04:31
綿虫・刹那を生きる
雪婆空の広さを図りかね 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/05 05:23
合同句集「わじま」第七集出版記念祝賀俳句大会
この頃は蜜柑剥くのも億劫で 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/04 04:53
冬用意助走・障子の穴に惑う
貰ひ湯も今は昔に秋夕焼 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/03 05:11
予想外のこと
思ひ余りて落葉を掻いてゐたるかな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/31 04:28
泉鏡花記念金沢市民文学賞の思い出
金沢や釣瓶落としに水の音 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/29 21:06
秋深む
暮れてゆく水の行方や雁の声 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/29 04:39
美しき人生・もみいづる命
装へる山を廻りて人を恕す 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/10/27 04:44
俳句同人誌「琉」巻頭エッセイなど
石蕗の予想外なる黄なりけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/24 04:04
私はだ〜れ?!
案山子より愚かに生きてゐるかとも 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/23 04:34
秋興
天高くこの清しさの何事ぞ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/22 04:29
煩悩の秋・日々これ口実?!
籾を焼く煙影なす夕間暮れ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/15 04:33
「春耕」45周年記念出版・棚山波朗『俳句時事』
土までもやさしい能登の案山子かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/14 05:10
人生の秋・生を施し、死を施す
覚えある川に出にけり赤まんま 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/07 05:17
俳諧精神・句会にお酒はつきもの?!
落栗や俄かに曇る日和山 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/30 03:53
秋たけなわ
秋の山ひとめぐりして人を恕す 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/28 05:13
バベルの塔の交響楽・虫の鳴く星
月を恋うて赤子は泣いてゐるらしき 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/24 03:59
俳句は言いたいことを言ってはならない?んな、ばかな!
枝先に取ってつけたるくわりんの実 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/16 11:49
秋意・こころを調え、身を調える
しづけさや秋日一枚石の上 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/06 04:51
青山茂根 句集『Babylon』 俳句という可能性
外に出れば誰も旅人秋の暮 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/02 03:58
今日から九月。台風が近づいているようで・・・
台風の臍の中行く臍曲がり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2011/09/01 04:11
新総理も決まったようだし・・畑作務再開としますか。
蟷螂の貌は先刻暮れてをり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/31 03:42
金子兜太・半藤一利対談集『今、日本人に知ってもらいたいこと』
言霊の石や碑となる秋の風 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/26 04:53
名前という方向性・光り
朝顔や家族といふも彼岸まで 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/08/21 04:42
「ご苦労さまです」・雲水さんの挨拶
生きてゐてすまない八月十五日 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/16 03:30
お経は上手ければいいのか?
解夏の僧らしきが駅をうろつきぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/15 04:14
初秋
秋めくや草葉を抜ける水の音 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/13 06:01
紺の彼方の月日・いのちの光りと陰
あさがほやわが身ながらに懐かしき 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/05 04:49
俳句のメルトダウン・その2/芸と文学
踏ん張れる夢の力ぞ蝉の殻 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/08/03 06:30
俳句のメルトダウン
母溺れゐる青田波の向う側 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/02 06:46
わが町の俳句大会を守れ!
赤蔵の狐日和や稲の花 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/01 04:12
NHK学園・和倉温泉俳句大会
NHK学園・和倉温泉俳句大会 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/07/29 19:37
俳句大会前夜
夏霧の中の大橋渡りけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/28 03:49
山頭火の明るさ
炎天の首より垂るゝ頭陀袋  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/07/19 03:53
夏暁
明け易き妻の部屋より妻の音 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/03 04:55
仏弟子の歩み・首座法戦式
梵鐘の中は真つ暗雲の峰 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/29 04:15
夏萩
魁の夏萩に目を奪はれぬ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/06/28 03:53
俳句は季語へのお供物/奥坂まや第三句集『妣の国』
アルバムを火蛾の窓辺に桜桃忌 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/19 04:43
お礼の言葉
草々の影もろともに梅雨寒く 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/06/17 07:05
能登が世界農業遺産に
蟇闇に念仏申す能登の郷 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/12 05:03
東日本大震災にあたって俳人はどうあるべきか?
てらてらと椿若葉は日に濡れて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/04 04:06
「栴檀」創刊十周年俳句大会
栴檀のいつとも知れず咲き満ちて 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/22 20:38
俳句大会へ
亀の子の泪し泳ぐ大湖かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/21 04:03
「栴檀」創刊十周年記念俳句大会案内
日陰より日向が好きで大手鞠 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/05/18 20:47
短詩形の可能性・その2/故沢木欣一との出会い
かなぶんが疵のごとくに空を恋ひ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/15 04:27
短詩形の可能性・その1/再び社会性について
梢吹く風も安居のまどろみに 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/14 04:27
切ったら血の出る俳句
甦る梢の風も夏はじめ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/06 05:01
中山純子句集『水鏡』・実のある俳句
星雲の銀河の果ての鯉のぼり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/04/30 05:29
三関浩舟・インパール戦線を生き延びた俳人
日の光り厨に溢れ龍天に 玉宗 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/05 05:25
雪割草の咲くお寺
雪割草に屈む呼び止められしごと 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/03/30 04:18
彼岸の一句・即興の醍醐味
遺されて彼岸の雨に打たれけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/21 06:44
不即不離・淡交という生き方
道半ばなりしが今日のあたたかさ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2011/03/06 05:09
俳句の未来・『超新撰21』より
反古くべてゐるのに春の焚火とは 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/03/02 05:53
やっちまったよ・五十肩?!
春の山呼べば応ふるごとくあり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/03/01 04:57
二月礼者
寝ることも人生ぞなもし獺祭 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/02/19 04:48
「栴檀」創刊百号
春立つと振り向く方に家族あり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/04 07:12
山が眠る?!
瘡蓋の痒くなる頃山眠る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/11 05:24
雪安居雑感
今日といふめぐり来ぬ日よ笹子鳴く 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/01/10 06:38
つごもり雑感
海底のやうな夕暮れ松飾る 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/30 05:27
「奥の細道」・同行二人、時々ひとり
時雨れつゝ紅葉且つ散る石の山 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/11/12 06:39
俳句が芸術になるとき
海の色空の色冬来たりけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/07 05:00
沢木欣一著・『昭和俳句の青春』 その1・川口重美
枯れてゆく地の明るさを風木忌 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/06 05:35
原郷をまっとうに生きる/金子兜太・皆子夫妻
曼珠沙華ふりむく度に咲いてけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2010/11/05 01:18
兜太先生、菊池寛賞受賞!
思ひ屈してをれば野菊の情けあり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/17 06:51
生き物感覚・金子兜太の「俳句力」
秋草の力の限り美しき 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2010/10/14 05:56
野垂れ死にしたい?!
空は太古の雲を通はす野菊かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2010/10/13 05:40
俳句の味わい/森澄雄・生を詠う
みな咲いて嬉しい土手の曼珠沙華 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2010/10/07 08:00
小林一茶という生き方
羊穂に仰ぐ夕星帰らむか 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/01 04:38
ありのままという神話
秀野忌の髪梳る坊が妻 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/27 07:37
十五夜
遺されしものみな今日の月仰ぎ 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 7

2010/09/22 07:27
往きて還る
死んでしまへば身も蓋もなき芒かな 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/19 06:58
俳句の可能性・その4/自然さと実感
鶏頭の一点胸を焦がしけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/09/15 06:54
俳句の可能性・その2 (光るもの)
秋茜名もなき棒を選びけり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/06 21:14
俳句の可能性・その1 (共感の場)
拝殿へ湧き上り来る稲穂風 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/09/05 22:05
白蟻が来たあ!
山寺を濡らしてゆけり秋驟雨 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/03 06:40
奉納俳句展示作務/採らぬ狸の皮算用
栗落ちて人間影を深うせり 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/08/30 05:17
夏の思い出作りに励んだ芭蕉さん?!
またもとの二人に盆も疾うに過ぎ  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/19 06:55
私の俳句遍歴・棚山波朗さん
盆過ぎの波穏やかに舫船  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/17 06:41
夏惜しむ
為すことのならぬあれこれ秋夕焼  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/09 06:36
俳句の重心/金子兜太・肉体の言葉
夕涼み黄泉の牛舎を待つごとし  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2010/07/22 08:32
俳句の総量
ながらへて見ゆるものあり夏柳  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/18 04:31
俳句の質量/佐藤鬼房・愚直なる詩心
浜茄子や吾に蝦夷の曳かれ唄  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/15 21:33
「様々だな・・・」 父の呟き
ぱたぱたと灯を取りに来る虫の音  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/10 05:07
見る事の秘訣
茅葺の庇ゆたかに夏燕  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/09 05:33
梅雨のひとこま
投げ出してゐるほかはなし夏布団  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/07/04 05:36
NHK学園・和倉温泉俳句大会 
影もまた重なり合うて新樹光  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/03 05:05
金子兜太・佐佐木幸綱 『語る 俳句・短歌』
仄暗き月日十薬抜くとせむ  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2010/07/02 00:00
俳句韜晦論
朝な夕な何思へとや不如帰  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/01 04:17
言葉のアニミズム
蛍袋咲いても咲いても一人きり  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/30 12:04
林徹俳話『雉山房雑記』その2・細見綾子の挨拶
面影や麦の秋風渡るとき  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/06/24 17:34
たらちねの色
たらちねの色に出にけり花菖蒲  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/06/14 20:39
なぜ俳句を作るのか?
黒揚羽溜息ほどの重さあり  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/09 19:34
「俳句は文学ではない」考
詩に餓えて夏をおろおろするばかり  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/04 18:32
長生きは得でっせ!?
日に雨にけぶる繍線菊なりしかな  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/05/31 07:45
見て納得。やっぱり鵜飼は面白い!
共生きの鵜を司る匠かな  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/30 16:58
講演手控その3・虚実に遊ぶ/具象と抽象
はまなすや遥かなるとき目を瞑り  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/05/27 05:37
講演手控その2・俳句の文学性
白雲の行方も知れず涼しさよ  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/26 05:08
講演手控その1・俳諧の誠とは?
花くわりんけふといふ日を逃さずに  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/05/25 05:19
俳諧一撃・「それがどうした」
沖遥か風立ちにけり更衣  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/05/17 21:55
おもしろうて、やがて・・・鵜飼再考
代掻くや陰まで濡らし雨の中  玉宗     ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/05/12 05:01
花摘み作務
誰か来てこの指とまれ花祭  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/08 21:36
大愚良寛と小林一茶・その2
ひとり来てひとりし帰る春汀  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/04/21 19:05
大愚良寛と小林一茶・その1
折からの雨によろこぶ木の芽かな  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2010/04/20 14:11
淡海の旅・夢は枯野を・・・
糟糠の妻と淡海を花の旅  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2010/04/10 23:42
締切という崖っぷち・人生も又・・・
目借り時手持ち無沙汰の風が吹く  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/04/04 06:34
やっちまったよ。(その4)奥歯が・・・
花冷や流れを急ぐ水の音  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2010/04/02 05:13
雪割草群生地・猿山岬
沖霞み娑婆捨峠花曇り  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/03/18 18:16
『風』写生・即物具象の指標と系譜(1)
雪間より振り返りたる訣れかな  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/19 21:42
一休さん、何してる?(その2)
泣く子には勝てぬ氷柱を太らせろ  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/01/10 10:31
大人とは何ぞや?!
高舞へる鳶うつくしや冬の嶺  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/09 11:45
どっちでもいいじゃん。
人日の朝粥に眉濡らしけり  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2010/01/07 11:43
寒の入り
寒卵あんな男に呑まれけり  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/06 11:56
鳳来堂年頭
餅配り戻るや盆に雪のせて  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/04 12:53
お年玉頂戴!
貰ふより上げる幸ひお年玉  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/03 06:43
あらたまの・奉納俳句紹介(1)
あらたまの空さびしもよ鳶の笛  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/01 00:15
ある思い出
水仙のやや捻くれて真直ぐな  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2009/12/26 20:43
黒田杏子先生
動かざる石の愚直さ十二月 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 11

2009/12/01 04:12
大根の唄
意気込んで引きし大根折れにけり  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2009/11/27 06:37
綿虫来い来い飯食わしょ
綿虫の尻に罪科のやうなもの  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/11/26 05:11
夢十句
潰えたる夢ぞ眩しき都鳥  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/11/24 00:13
みんなで俳句を奉納しよう!
托鉢の笠に音聞く初時雨 玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/11/11 05:06
出もの腫れ物、こりゃいかん。
鳥のみちけふは雲ゆく冬安居  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/11/07 03:33
じんのびした〜い!(2)
ふたりゐて妻には妻の秋思かな  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2009/10/31 05:41
月三題
新到の荷を枕辺に十三夜  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/10/24 04:35
わが秋思(2)海辺にて
月光の巌に出て鳴くきりぎりす 玉宗  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/10/15 05:16
兜太先生帰る!
稲架が碑となる空よ白鳥こうい来い  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2009/09/20 05:01
金子兜太来る!
秋駒の大きなウンチ兜太来る  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/18 20:32
似て非なるもの
おしなべて似たり寄つたり衣被  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/14 06:08
「俳句供養塔」って何?
「仮の世に秘めごと多しお螻蛄鳴く  玉宗」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/09/11 05:53
一枚の写真(その2)
鬼の子や空に漣寄する日も  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/10 04:41
人気のない虚子の間
おおぶりの椿一輪虚子祀る  玉宗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/18 04:56
少年 遥かなるもの
櫂を漕ぐ少年一人雲の峰   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/06/25 00:22

トップへ | みんなの「俳句の風景」ブログ

再生への旅 俳句の風景のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる