お魚食べて精進?!「ガンド、いらんかいねえ~」

画像


生きてゆく遥けさ秋の雲広がる 玉宗


輪島は漆器産業と漁業が基幹産業であると言ってよい。永福寺の什物には輪島塗のものが昔から寄進、奉納されてきた。一方、朝市でも有名な輪島には輪島崎町、海士町といった漁師町があり、永福寺はその両町の境界に位置する地域に建っている。祈祷寺でもあることから、様々な祈祷の申し込みがあり、漁師さんから「大漁祈願、海上安全」を依頼されることがある。

今年に入ってから何度か、いつもの漁師さんから「お礼参り」ということで「鰤」を一箱(3本入)戴いた。お盆前の一月などは週に一回ほどのお礼参りで、どうも「鰤」の大漁が続いているらしい。「鰤」と言えば「寒鰤」として冬季のものが全国的に有名だが、年間を通じて漁獲しているようで、出世魚である「鰤」は成長段階で呼び名が変わる。
三陸ではツバエソ・ツバイソ(6センチ前後)、コズクラ(9〜15センチ)、フクラギ・フクラゲ(30〜45センチ)、アオブリ、ハナジロ、ガンド、ブリとなっているらしい。

今回頂いているものは地元で「ガンド」と呼ばれていたものである。それを毎回三本。いくらなんでも家族の少ないお寺では食べきれるものではない。かと言って、施主の心をシャットアウトできるものでもなく、必然的に知人や檀家さんへお裾分けということになっている。頂いたその日のうちに氷浸けの「ガンド」を車で届ける作務、である。なんか、宅配便のようで、「ものを届けるのではなく、心をとどけるのだ」「場所ではなく、人へ届けるのだ」みたいなキャッチコピーを呟いていたりしながら駆けずり回っている。

画像


ところで、お寺さんがお魚を食べるって、あり?と怪訝なお方もあろうかと思う。はっきり言って、私は戴いたものは基本的に何でも食べる。「生臭坊主」と言われても意に介さない。肉食妻帯は仏弟子ではない、それは職業僧侶と呼ぶべきだ、といような指摘を目にしたことがある。日本のお坊さんの大半は仏弟子ではないという見解であろう。南方仏教、北方仏教、小乗仏教、大乗仏教、等々。妻帯や食事に教条的差異があるのだろう。

菜食主義や独身主義が仏教の本筋だ、という主張なのかもしれないが、それが生きた仏法なのだろうか?草木も魚肉も命である。生きとし生けるものの命を頂いて、精進しているのには違いなかろう。菜食して、それで精進足れり。それってどうなんだろう。自己満足や健康志向が仏教の本筋であるか。

本山や専門僧堂は別であるが、一般のお寺の住職になるということは、山を下りて民衆と同じ目線、地平に立ち仏法を説き、実践していくという姿勢ではないか。中にはお寺の住職でも独身で菜食主義のお坊さんがいることであろう。それもあり。いづれにしても泥まみれになり、民衆の為に身を施し、心を施し、生を施し、死を施す。その覚悟なくてなんの住職であろうか。

画像


勿論、坐禅という実践に於いては調身、調心、調息の面から過度の肉食や飽食は慎むむべきものであるが、何を食べたかが重大問題なのではない。命戴いて、何をしたかが問われるのではないのか。布施の大小や種類によってその心の軽重を計ってよいものなのかどうか、という思いが私にはある。私がお坊さんとしてどう生きたかによって、施された肉も魚も茄子の胡瓜もガンドも糸瓜も成仏するのではなかろうか。

そして忘れてならないのは、ものやこころを分かち合えることの幸いである。命分かち合える、生きとし生ける森羅万象、有象無象、草木虫魚、有情無情。その一員としての私の命。その命を貪らず、惜しまず、粗末にせず、自然に生きることが共生を宿命づけられた生き物の現実ではなかろうか。







よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ



この記事へのコメント

いらくさ
2011年08月24日 06:03
おはようございます。
今朝の朝顔は5つです。
歳時記を広げると私はつくづく山の人間だなぁ
と思います。魚があまりわからない・・・・・
写真の魚、ガンド?黄色がきれいです。
海の写真もいいですね。
湘次
2011年08月24日 08:20
おはようございます
「ものを届けるのではなく、心をとどけるのだ」「場所ではなく、人へ届けるのだ」・・・いいキャッチコピーですね。
去年の今頃は能登の旅でした。
思い出しています。
ルフレママ
2011年08月24日 22:07
こんばんは。
今日は住吉神社の輪島大祭ですね。
今頃は松明に火が。。。と言うところでしょうか? 息子もよくガンドを釣って来るのですが
食べ切れなくて 親戚、友人にお裾分けするんですが、度重なると、気が重くなるんですよ。
「心を届ける」肝に銘じます。
市堀
2011年08月25日 06:57
皆様、コメントありがとうございます。

いらくさ様。
山派ですか・・・・私は海の町で育ちましたが、山も嫌いではありません。まあ、半農半漁でしたから。(^^;

湘次様。
御出で頂いたのは一年前でしたか!もう随分昔かと思っていました。(笑)
お変わりなく、何よりです。

ルフレママ様。
仰る通り、鳳至の祭りでした。今晩は輪島崎町の祭りです。なんか、毎日、祭をやッているような輪島です。
魚も裁くのが大変でしょうね。お察しします。
差し上げると、少し、困ったような顔をされる方もいます。
スーパーに卸す手もありですかね。(^^;

合掌

この記事へのトラックバック