再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 己未だ渡らざる先に他を渡すって、どうよ?!

<<   作成日時 : 2018/08/27 04:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


あの雲に乗り遅れたる秋思とも 玉宗


曹洞宗の経典である修証義、つまり道元禅師のお諭の言葉を抜粋したものである。その中の第四章(発願利生)の冒頭にもある自未得度先度他(じみとくど せんどた)という思量とは如何なるものか。

菩提心を発すというは、己れ未だ度らざる前に一切衆生を度さんと発願し営むなり、設い在家にもあれ、設い出家にもあれ、或いは天上にもあれ、或いは人間にもあれ、苦にありというとも楽にありというとも、早く自未得度先度佗の心を発すべし。


一般的には以下のような解釈が罷り通っている。

「自未得度先度他」の心とは「自らは未だ得ていなくても、まず先に他に得えさせてあげる」という利他救済の心のことです。菩提心(最高の悟りの境地)を起こすということで、発菩提心(ほつぼだいしん)ともいわれています。自未得度先度他というのは、道元の独自の教えです。

といったような塩梅である。
どうなんだろう、自らが渡ったこともない領域へ他者を先に渡してあげなさいと言われて疑問を感じないのだろうか。利他救済の心って言うんだけど、渡るべき世界がもう前提としてそこにあって、救済といったようなことも何が救済なんだか分かりきっているかの如き。というか渡ることが救済みたいなことになっている。そういう次第であるなら、渡らないでこちら側にいる仏弟子って、そもそもが何者ということにならないか。

究極のお節介者と言われても強ち間違ってはいないことになるだろう。お坊さんがお節介焼きを使命とするなんて、全否定はしながいが、御節介するにしてもその本物さ加減が他者の信用を得るに欠かせないことは、どの社会でも当然の前提であろう。仏道だけが節介を焼くこと自体を勧められるなんて人が好過ぎるにもほどがあるというものではないかな。

何が言いたいのか。
自未得度先度他の理想を否定するつもりはないが、自他とは何か。未得とは何か。得度とは何か。先度とは何かといったような言葉の宗教的定義があるのじゃないかと言いたい訳。言葉ひとつの定義も常識を超えているのが我らの世界の様子ではないのか。一般的解釈にすり寄ることに汲々とするのじゃなく、常識を再定義することがそのまま宗教的開眼の入り口であり、宗教的感性の出口ともなるのではないかと思う訳である。

自他の問題にしても宗門的には「自他一如」「自他はときに随って無窮なり」と言われる。「未だ渡らざる先に」といったようなことも、それは既に渡ったものの道得であるといった可能性が少なくない。言うまでもなく、われらが高祖、道元禅師の言葉である。得度といったようなことも「度の中の得」なのであり「度の中の未得」ということもあろう。「先度他」とはお節介焼きの奨励ではない。他を度すことと自を度すことが同時同事だからである。悟り、救いの世界の実体を言っているに過ぎない。

それもこれも、宗門の命とは釈尊菩提樹下の迷悟を越えた、本証の妙修だからであり、自分持ちの世界を遥かに超えているからに他ならない。越えなければならない。越えていることに目覚めなければならない。お節介を焼いている暇などないと申し上げたい。そんなお目出度い、情緒的世界の話ではなかろう。



画像




「ぷいと」

野分だつ杜に拾ひし鳥の羽

天照す別れ烏や声昏く

爽籟の森に枕や庵さし

ふるさとは色なき風に老いゆけり

露けしや思ひ出せずに忘れずに

ついと来てぷいと立ち去る鬼やんま

露の子やまなこ波々しをりぬ

海に入る日の衰えや酔芙蓉

夜の奥に草のにほひやつづれさせ

子を喰らふ貌浮きあがる稲光

まぐはひの影蠢けりいなつるび






画像



「顔や二十句」

顔や朝昼夜を花と咲き

竹の春垂乳根窶れゆくばかり

暮れてゆく跫木の実落つるかに

鬼の子を花野に捨てて来たりしと

星を生む空のにほひや夕芒

甘いものに目がない妻の薩摩芋

秋草に埋もれ死に真似してゐたる

秋薊この道ゆけば風となるらむ

身を捨つる谷の深さよ鳥兜

赤のままいい年をしてしまひけり

鶏頭の凡その数を見てゐたる

コスモスは気楽な花よそして淋しき

どうしろといふのか藤は実と垂れて

胡桃とも知らで過ぎゆく国境

どこをどう間違ったのかくわりんの実

大蓼の抜きん出て野に淋しさよ

馬鈴薯を厭ほど食べて家出する

辣韭や食はず嫌ひの花が咲く

狂ほしき母の空あり紫苑抱き

白粉の花にもの憂きゆふまぐれ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
己未だ渡らざる先に他を渡すって、どうよ?! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる