学術会議論争?!

IMG_8167.JPG

汝がために摘む撫子ぞ命がけ 玉宗



 恥ずかしながら、菅総理のお陰で学術会議なるものが日本にあることをこの年になるまで知らなかった。ホームページには凡そ以下のような事項が掲示されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈 日本学術会議は、科学が文化国家の基礎であるという確信の下、行政、産業及び国民生活に科学を反映、浸透させることを目的として、昭和24年(1949年)1月、内閣総理大臣の所轄の下、政府から独立して職務を行う「特別の機関」として設立されました。職務は、以下の2つです。

•科学に関する重要事項を審議し、その実現を図ること。
•科学に関する研究の連絡を図り、その能率を向上させること

日本学術会議は、我が国の人文・社会科学、生命科学、理学・工学の全分野の約87万人の科学者を内外に代表する機関であり、210人の会員と約2000人の連携会員によって職務が担われています。
日本学術会議の役割は、主に以下の4つです。

•政府に対する政策提言
•国際的な活動
•科学者間ネットワークの構築
•科学の役割についての世論啓発

日本学術会議には、総会、役員(会長と3人の副会長)、幹事会、3つの部、4つの機能別委員会(常置)、30の学術分野別の委員会(常置)、課題別委員会(臨時)、地区会議、若手アカデミー及び事務局が置かれています(なお、必要に応じ、幹事会には幹事会附置委員会が、各委員会には分科会等が置かれます。)

 機能別委員会
機能別委員会は、日本学術会議の組織運営のために設置されています。
•選考委員会・・・・・日本学術会議会員及び連携会員の選考について審議
•科学者委員会・・・・・科学者コミュニティ内の様々な問題を審議
•科学と社会委員会・・・・・社会に向けて発言すべき問題を審議
•国際委員会・・・・・国際的な学術団体(アカデミー)との共同作業について審議

 分野別委員会
分野別委員会は人文・社会科学、生命科学、理学・工学のすべての領域を30の学術分野に分割し、それぞれの分野の様々な問題を審議します。

 課題別委員会
課題別委員会は、社会が抱えるその時々の課題のうち、特に重要な課題について審議するために時限設置されるもので、科学者コミュニティを集約した適切な意見を時宜に応じて提言します。〉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 一読して、正直なところ羨ましくなった。戦争は絶対悪であるという戦後日本の復興の中で、科学はその良心としての役割を担わされたと言うことなのだろう。わたしが属している宗教界が「政教分離」という理想のもとに政治から見放されて久しいものがある。政治だけではない。教育の現場からも分離されているんじゃないのかな。それどころではない。人間の現実、人生からも分離されようとしているんじゃないのかと言いたくなる昨今の世相。釈尊以来の「宗教」の根本義を曖昧にしたままに二十一世紀を生きている人間社会が不思議でならない。

 ところで、科学は「絶対善」なのだろうか。「科学」は善悪を越えて只「科学」であるのがその身上であるように私には思える。「宗教」が善悪を越えて只「宗教」であるように。「政治」が善悪を越えて只「政治」であるように。利用されたりされなかったり。利用してほしかったりほしくなかったり。それは政治や科学が人間の為せるところのものであることの証左ではなか。政治や国家が徹頭徹尾悪であったり、善であったりした試しがあっただろうか。科学が徹頭徹尾科学以外でなかった試しがあっただろうか。

 「善悪」は「時」であると道元禅師は警鐘を鳴らした。そして「時」は「善悪」ではないとも。「時」とは「諸行無常」であり「時節因縁」であると言い得るだろう。もっと言えば「いのちそのもの」と言い切ってもいい。そのような領域の話しを「宗教」とは言いたい。

 嘗て「宗教」が「政治」に利用されていた歴史があった。正確に言えば「宗教」ではなく「宗教に纏わる権威やタブー」が利用されていたのではないのかな。一人一人のいのちへの目覚めを「信」という。「宗教」は釈尊がそうであったように本来的に孤独な作業だ。いのちという絶対的孤独な存在にして縦軸の世界の真相を掘り下げるのに、他者とか競争とか争いとか政治とかといった数量的にして横軸的解決を期待してはいない。殺生戒とは殺生してはならないといった制止や倫理の次元でのことではない。自己のいのちを全うするのに本来的に「殺生する理由がない」ことの自覚をうながすものだろう。貪るなと諭している。先人は言った。「大地有情同時成道と制止するなり」と。

科学者や政治家や宗教家の良心を担保するものはなんだろうか。政治とは何か。科学とは何か。それは人間だ。そんな人間の「いのち」の絶対性の尊重ができなくてなんの社会か、なんの政治か、なんの科学かと私は言いたい。

「いのち」そのものに「権威」も「タブー」も「差別」もない。そこを無理なく自然に首肯できなかぎり、世界のどこかで似たような悲劇が繰り返されるに違いない。私はそう思う。
      



IMG_8150.JPG

「白馬五竜」

龍田姫追うて越境したまへり

親不知子不知月の波砕け

信濃へと山深くして秋澄める

小谷なる根雪の里や草の花

乗鞍岳を呑み込み傾れ秋の雲

白馬なる深山苧環実を零し

高原の空は果てなし秋燕

豆干すや四方を山に囲まれて

頂上はすでに末枯れ五竜岳

立山は雲の中なる紅葉かな

貴船菊穂高の風にぶたれけり

龍潜む淵の色にも奥信濃

安曇野の風はしたたか蕎麦は実に

アルプスの雪の甘さの林檎かな

山越えし風の音にも逝く秋ぞ

信濃はや冬を隣りす佇まひ


IMG_8199.JPG

「大王神社」

ざうざうと夜霧蠢くダケカンバ

峰連ね雲を従へ山粧へり

安曇野は尾根に雲置く暮秋かな

穂高なる里の南瓜と山猿と

山葵田に秋蝶のまだ五六頭

大王が守りし里の水澄みて

銀杏の紅葉且つ散る鬼社

赤とんぼ橋の擬宝珠に一休み

新蕎麦の肴に鮎の一夜干

芒穂にこれより越の国境



この記事へのコメント