テーマ:俳句の風景

あるお寺の晋山式に列席して

野坂なる山の錦ぞ宗福寺 玉宗 福井県敦賀市の宗福寺の晋山式に随喜してきた。   新命大和尚は「猫寺」として全国的に有名となった「御誕生寺」の副住職でもある。台風一過で秋晴れとなるかと期待したのだが、しとしと秋雨の中での法要とはなった。それはそれで情緒があって味わい深いものではあった。 先代住職は四年前に六十代そこそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗教とは何か?良寛という生き方

生きながらまなこ涸れゆくいぼむしり 玉宗 今、「宗教とは何か?」「お寺とは何か?」という本質が問われている時代になっていると言われている。果たして「本質」が問われているのだろうか。殊更に世を拗ねている訳ではないし、現実社会を尊重するに吝かではないが、正直なところ、それらは何か物足りなかったり、胡乱臭かったり、或いは何か余分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一如」に生きる

石蕗の花の周りが暮れてをり 玉宗 「幸せになりたい」それは誰もが願っていることだろう。 然しながら「幸せとは何か」と先ず定義しなければならないからややこしい。「現実」は私の願いを遥かに超えて、行ったり来たり、あったりなかったりする。人生とはそのような「なるようにしかならなかった事実」の積み重ねでもある。わが「思い」や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉且つ散るこころ

總持寺の末木に鬼の捨て子かな 玉宗 紅葉且つ散る今日この頃である。 朝昼、夕と外へ出るたびに竹箒で落葉を掃くようになった。数日前は台風の吹き返しで大風となり、案の定境内は落葉だらけとなり、一日掃き作務をしたことである。雲水の頃から掃き作務は苦ではなかった。朝に掃いても夕方にはまた散るのがわかってはいるのだが、その都度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏道と五体

ゆけどゆけど帰るすべ無し曼殊沙華 玉宗 仏道はこの抓れば痛い五体をもって為すところのものである。 また、今ここに生き切るという仏道の様子は、言い方を換えるならば、いつでもどこでもだれでもできるということであって、五体満足でなければならないというものではない。私にとって仏道は無くてはならないものであるが、それはそのまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片山由美子第六句集『飛英』

雨ふれば雨の香りにもみづれる 玉宗 片山由美子第六句集『飛英』が角川書店より出版された。 以前からその人柄の誠実にしてニュートラルな雰囲気に好感を抱いてきた私であるが、『飛英』の「あとがき」を読んで、尚さらにその感が強くなった。氏の人生観、俳句観を垣間見る思いがする。煩を厭わず、勝手ながらその「あとがき」にある作者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺いろいろ

茸狩り尻を汚してもどりけり 玉宗 今日から十月。 今月の予定としては、十八日に永福寺の観音祈願法要。あとは月例行持。法事も月参りもなし。臨時には、お寺の住職のお披露目である「晋山式」への随喜を二つ控えている。一つは先日紹介した同じ輪島市教区の龍昌寺、もう一つは福井県敦賀市の宗福寺。 宗福寺は越前市御誕生寺の副住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「農と禅」村田和樹という生き方

野にくだる男ありけり濁り酒 玉宗 輪島市三井町与呂見根という山中に龍昌寺はある。このブログでも以前取り上げたこともある。 もとは金沢市内にあった曹洞宗寺院であるが、今の住職になってほどなく、檀家を捨てて、能登の山中に移ったのである。今から四十年以上も前のことになる。移って数年たったころに、私がまだ大乗寺で修行の最中、ひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳諧の誠・文学性」再考

ここに来て色なき風を写生せよ 玉宗 昭和二十一年五月一日、「風」は金沢において創刊された。そのときの発行声明は次のようなものだった。   「前略 われわれは何よりも第一に俳句における文芸性の確立を念願しております。生きた人間性の回復、新しい抒情の解放、直面する時代生活感情のいつはらぬ表現。この三つがわれわれの発足するも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここなんだなあ

妻留守の昼は冷たき栗ご飯 玉宗 人生、泰然自若として苦難に向かってゆくことは容易ではない。 その気になれば、朝起きてから夜眠るまで気にくわぬことが山ほどある。洗面の水が冷た過ぎたり、風呂の湯が熱すぎたり、食卓に向かえばご飯が柔らか過ぎたり、強すぎたり。些細なことほど気になるものだ。注文通りになることの方が珍しい。家庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のばかやろう「あおり運転のこころ」

草の花ひとりし生きるみちのべの 玉宗 「あおり運転」が社会問題として注目されている。 「あおり運転」は今に始まったことではないのかもしれない。私も以前、今のようにマスコミに騒がれていなかったころ、「あおり運転」をされてなんとか逃げ果せた体験がある。 車という「道具」「玩具」には、本人の意思とは関係なく、良くも悪しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子規忌によせて

秋海棠乙女さびたる紅さして 玉宗 正岡子規が『病牀六尺』の六月二日の項に、こんな言葉を残していることは有名である。   「余は今迄禅宗の所謂悟りといふ事を誤解して居た。悟りといふ事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思って居たのは間違ひで、悟りといふ事は如何なる場合にも平気で生きて居る事であった。」 宿痾に苛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の心・老いという初心

随分と生きて来たよな芒かな 玉宗 本山御征忌も終わり、もうすぐ秋彼岸。朝晩はめっきり過ごし易くなった。四季の移ろいがまだ日本にはあるのだが、小さいころと比べても確かに気候の様子が変化していると実感する。小さいころと言っても、私の場合、生まれ故郷である北海道のことになるのだが。輪島に生きて四十年近くになろうとしているのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禅問答の極意

螻蛄鳴くや死んで生きよと言はれても 玉宗 御征忌の最終日は「対眞上堂」といって公開での「禅問答」が行われる。 「禅問答」と言えば、 禅僧が悟りを開くために行う問答。修行僧が疑問を発し、指導者がこれに答えるというものだ。 傍からは理解し難い問答や会話のやり取りであることが多い。 世間では 訳のわからないことの別名とさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千年一日の真心・御征諱法要

仏見し眼はうつろ初紅葉 玉宗 十二日から十五日まで大本山總持寺祖院での御開山二祖国師御征諱法要が厳修されている。末寺として随喜させて戴く。枯れ木も山の賑わい、などと嘯いたら御開山に叱られるだろう。至らぬ身であることを如実に知らされると共に、報恩行持であることを肝に銘じなければならん。それにしても年々,随喜することに気の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世でたったひとりのわれを詠う

椿の実咽喉に詰まりし大きさの 玉宗 「今、ここに生きている、この世でたったひとりのわれを詠う」上田五千石の言葉である。 人生とは未だ見ざる時の扉を開けて存在の手応えを求めることにも見えてくる。多少扉の軋みも聞こえることがある。そんな人間にとって俳句は己を恃む為に懐中に潜ませた合鍵のようなものだったといえば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶏頭の句・子規と綾子から学ぶ

>鶏頭の火の手が上がるそこかしこ 玉宗 鶏頭の十四五本もありぬべし 正岡子規 鶏頭を三尺離れもの思ふ 細身綾子 鶏頭の句といえばこの二句を先ず思い出す。 子規の句には即興感偶の最短定型が救いとった鶏頭の何気ないまでの存在感がゆるぎないまでにあろう。 実感を追及した者の自然さ、そのような無造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法話集施本の施主勧進

總持寺へこれより一里木の実落つ 玉宗 總持寺開創七百年協賛記念法話集施本の施主勧進 謹啓 平素よりの御信心、本山愛護のご道念、心より敬服申し上げます。 さて、總持寺開創七百年を令和三年に控え、末寺として僭越ながらも協賛の意を表したく、ここに法話集を編纂しました。つきましては、『總持寺開創七百年協賛記念法話集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻自慢?!

稲の香に噎ぶ故郷へ帰りけり 玉宗 自慢話になるようでならない話になるかもしれんのだが、わが夫人の鼻の利き様は、さながら警察犬並の精度を持っているのではないのかと、常々、驚嘆し、敬服し、あきれているのである。 先日も、夫人の利き鼻が遺憾なく発揮されたのである。朝の掃除を終えて汗を流し、牛乳を一杯飲んで涼もうかと、コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高山れおな『切字と切れ』

切れさうで切れぬ人の世藪枯らし 玉宗 朝日俳壇選者であった金子兜太氏の後を受けて選者となった高山れおな氏から新刊書『切字と切れ』邑書林を戴いた。帯文は次のようなものである。 「総合的切字論 57年ぶりの登場 平安期の前史から現在に至る切字と切字説を通覧。「切れ」が俳句の本質でもなければ伝統でもなく、1960~70年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見果てぬ夢?!

ここに来て色なき風を写生せよ 玉宗 平成二十七年に第三句集「安居抄六千句」を刊行してから約四年が過ぎた。それ以前も以後も、毎日十句、時にはに十句以上をSNS上にUPしてきた。今も継続中である。先日、この四年間でどれくらい俳句がストックされているのかと数えてみた。すると、二万句に約七百足りないことが判明。凡その計算でも今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永福寺地蔵盆

子を抱けば甘き稲の香してならぬ 玉宗 永福寺地蔵盆を修行した。 永福寺にはその前身である真言宗誓願寺から引き継いだ三尊仏がある。本尊は廬舎那仏、脇侍佛として如意輪観世音と地蔵願王大菩薩である。如意輪観世音は能登国観音霊場三十番札所の霊佛として崇められている。地蔵菩薩も同様に近隣の信者の信仰の対象になり、特に明治に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

澤木興道「禅に生きる」復刻

秋風や石も仏となる国の 玉宗 宿なし興道と呼ばれた禅僧・澤木興道。 明治十三年に三重県津市に生まれた。幼いうちに両親を亡くして最底辺の辛酸の中に育ち、十七歳で永平寺へ向かって家出、波乱万丈の遍歴を重ねて真個の禅僧となった。全国各地を巡って坐禅の伝道に一生をささげた人物である。そんな老師が各地で提唱の折などに語られた半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句鑑賞

泣けるだけ泣いたる蝉のかろさとも 玉宗 淋しさに飯を喰ふなり秋の風   一茶  飯を喰うことがさびしさであるとは救われない。秋風であればことさらに。というより秋風が吹くから飯を喰うことが淋しい営みになるのであるか。一茶の人生を思えば淋しさに揉まれ押し寄せられたが如き有様ではある。それにしても一茶は些か正直過ぎるき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが俳句教室

暮れてゆく波の音にも盆過ぎの 玉宗 わが俳句教室と言っても二名しかいないのではあるが、毎回十句前後の作品を鑑賞し、添削、推敲している。 共に学んでいて気付くことがいくつかある。自戒を込めて言うのであるが、例えば、俳句も又文芸であるからには「言葉」との「格闘、選択、選別」といった表現の為の必要条件が欠かせないということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己の心地に根を張る

潮騒や月に眠れる葛の花 玉宗 盆の行事も無事に終わりひと段落。 台風の影響で夕べ遅くから輪島ではほとんど一カ月以上ぶりの纏まった雨が降っている。空梅雨に続いて旱気味の夏であったので気が気でなかった。この雨で庭の草木も聊かならず息を吹き返してほしいものである。 草木の根は旱になると地中深くへ伸びようとするらしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実物を生きる

雲水は着の身着のまま秋の風 お釈迦様は金襴衣ではなく、「糞(ふん)雑(ぞう)衣(え)」と呼ばれる壊(え)色(じき)の布を再利用し、生涯身につけて修行されました。見た目より、いのちの実相をわがものとして尊び、深められたということです。 「実相」は私の都合や私の選り好みや作為でどうにかなるものでもはありませんが、人の毀誉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆といういのちの寄り添い

何もかも母の言いなり盆用意 玉宗 さて、いよいよ盆の入りとなる。 能登は旧盆である。残暑の中での棚経廻りとなるのがいつものことなのだが、今年は空梅雨、旱気味の夏を過ぎて、暑さが半端ない。台風も近づいておりフエー現象で盆の最中が今年の暑さのピークになりそうだ。愚痴は言いたくないのだが、ついつい挨拶代わりに「暑いねえ」と口を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜈蚣に尻を噛まれない夜の為に

背筋這ふ音して来たるむかでかな 玉宗 蜈蚣の話を二題ほど。 私は蜈蚣に噛まれたことはないが、噛まれたという人には今まで何人か会っている。 一人はお坊さん。僧堂で就寝中と坐禅中に噛まれたのである。就寝中は脛を、坐禅中は足を結跏趺坐に組んでいる状態の折に、股間を噛まれたというのだから半端がない。痛いことも痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句鑑賞

昼顔の聞きしは誰が溜息ぞ 玉宗 青空のくわりんをひとつはづしけり 茨木和夫   かりんの実に青空はよく似合う。香りもいい。ちょっとやそっとの風では自ら落ちてはくれない。その実の有様は、枝先にとって付けたるが如きである。落ちるのを待ってもいいのだが、これが意外と傷つきやすい。かりん酒を作るには無傷がいい。もぎ取ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more