再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 「内外放寛」・聞きわけが良い大人とは?

<<   作成日時 : 2010/06/02 14:41   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像


先んじて生きもの夏の朝を鳴く  玉宗

「内外放寛」

鳩山総理さんがお辞めになった。

「国民の皆さんが聞く耳を持たなくなってしまった。」

聞く耳を持たなくしたのはどなたであるか、と言いたくなるのだが、ご自身の信念が伝わらなかったということへの無念さがあるのだろう。政治家は信念だけで勤まらないということの現実であろうか。というより、信念が信念として活かされなかったという事なのだろうか。理想と現実の間を埋める実行力・誠実さが機能しなかったということか。政治の世界にあるパワーバランスに押し切られたのだろうか。私のような素人にはよく解らない。解らないが、「人間とはどうしてこうも理解し合えない動物なのだろうか」という思いを新たにするには十分だ。

画像


うつろなるものの漲る夏深空  玉宗


さて、「聞く耳」とは「聞きわけのできる耳」のことでもあろう。

一般的に、物事の深い意味や人情などを理解できない者を子供だなあと揶揄する。それに対して、落ち着いた、世なれた者を大人だと一目置く。「ものの道理」や「常識」、その理屈を理解できないながらも「聞き分けた」場合に「大人だ」と褒められる。「理解できない」ということは同じでも、聞き分ける・分けないの違いで大人・子供と振り分けられるのだ。

世間で「聞き分けがいい」人間とは、「ものの道理」や「常識」をそのまま無批判に鵜呑みする姿勢、又は渋々ながらも呑み込んだ者を言うのだろう。 鳩山さんは国民に何を鵜呑みにさせたかったのか?或いは、渋々ながらも何を呑み込んでほしかったのだろうか?

政治家にとって真に有益・意義のある「聞く耳」は「逆耳」であるかもしれない。あの宇宙人のような「耳」にそのような忠言は聞き分けることができたのだろうか?

画像


安居僧らしきが駅をうろつきぬ  玉宗

ところで、「聞きわけが良い」という言葉は僧堂生活をしていると思い当たる節がよくある。

僧堂では起きてから寝るまで、日常生活の展開を鐘や太鼓の音で知らせる。
起床は振鈴。坐禅の始まりは止静鐘。中休みの経行鐘。終りの放禅鐘。時を告げる更点・暁鐘・日中鐘・黄昏鐘・開枕鐘。訪問を知らせる木版。食事を告げる雲版。食事作法の中で使う析・槌。法要を告げる堂鐘。お経の調子を調える木魚・磬子。作務を促す太鼓。風呂の順番を確認する木版。等々。

鐘や太鼓や鉦の音を「聞き分け」て全ての進退所作をなければならない。団体生活・行動における規律というものを人の言葉だけを介しない。それは言葉という「情・あやふやなもの」を外しているという事でもあろう。

理解とは何であるか?

自分の恣意や都合のいいように受け入れることだけが理解の本質だろうか?政治の世界も宗教の世界も、「耳」が外へ向けられ、且つ、外から内へ向けられ解放されたかたちをしていることを忘れてはいけない。




よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
上簇や三白眼は長からず    よし
yoshiyoshi
2010/06/02 15:05
鳩山さんの「「国民の皆さんが聞く耳を持たなくなってしまった。」には、笑いがこみあげてくると同時に耳を疑いました。
俳句もそうですが、お寺での用語(鉦や太鼓のことなど)、こういう言葉がすらすら言える、そしてそういう環境におられる僧侶の方(玉宗様)、尊敬の眼差しで見つめています。
花てぼ
2010/06/02 16:47
>安居僧らしきが駅をうろつきぬ

もっと沢山の雲水さんが
街に溢れて欲しいです。
定住ホームレスではなく
放浪乞食に会いたいです。

山頭火と旅したい私です(笑)
つまり夏ですねぇということ
どこかに行きたくなりました。  
いらくさ
2010/06/02 23:49
おはようございます
 耳の痛い話は大事ですね。
 上に立つ人は耳の痛い話も聞かなければ行けませんね。
湘次
2010/06/03 08:40
よしさま。<上簇や身を粉にしたる夢七日  玉宗>
花てぼさま。一生懸命やっても間違うのが人の世の有り様と幾たび現実を受け入れたことでしょうか。(笑)
いらくささま。
<もっと沢山の雲水さんが
街に溢れて欲しいです>はじめてこのような言葉を聞きました。すばらしい。でも、ちょっと異様な雰囲気になるかもしれませんね。(笑)
湘次さま。忠言耳に逆らうとはよく言ったものですね。自分と言うものの正体が一番見えにくく聞こえにくいのかもしれません。世界をわが鏡とする姿勢がほしいですね。合掌
市堀
2010/06/03 19:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
「内外放寛」・聞きわけが良い大人とは? 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる