再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 大志や何処?男のロマン、って言われても・・・

<<   作成日時 : 2010/10/09 05:26   >>

トラックバック 0 / コメント 7

画像


ねこじやらしほどのこだはり持ち歩き 玉宗


性懲りもなく韓国ドラマの『朱蒙』を又見ている。夫人の「またか!」と言わんばかりの蔑視に耐えても見てしまう魅力とはなんだろう。

『朱蒙』には「天地神明」とか「運命」とか「大業」という言葉が何度も出てくる。父親であるヘモス将軍の遺志を受け継ぎ、朝鮮統一へ歩き始める主人公・チュモン。高句麗建国の父となる人間のドラマである。当にドラマ以外のなにものでもない殺戮・戦争・愛憎・出会い別れが繰り返される。「現実は小説より奇なり」創り物の歴史に感動しているのはどうかと思わないでもないが、正直、私には面白い。「創作」は「奇」なる「現実」の「真善美」を再確認、手繰り寄せているようなところがある。

遼東半島から旧満州まで及んでいたであろう古朝鮮民族が漢によって領土を奪われ流浪の民となる。ヘモス・チュモン親子は二代にわたり古朝鮮の領土回復、強大な朝鮮国建設へ身も魂も捧げる。その源流は「天地神明」という例によって「神話」からはじまっているのであるが、そんなことは大した問題ではない。「運命」に翻弄されながらも、古朝鮮の流民という弱きもののために命を賭ける、その心意気に泣けてくるというより、「大業成就」への孤独な道を歩む人間の、切なくも美しい心模様に心動かされる。

画像


男とロマンは憑き物らしい。らしい、などという言い方も実は羞恥心のなせるところで、ロマンチストだと言い切りたいのが本音ではある。が、しかし、現実の私のなんと卑小なリアリストであることよ。と言ったところが正直なところなのである。いつから私は「大志」を失くしたのだろう?いや、そもそも「大志」を抱いたことがあっただろうか?

今更言うのもどうかと思うのだが、お坊さんとしての「大業・志し・使命」とは何だろうかと反省させられる。「運命」という言葉も、今ではなんだか他人事のように重い。それほどまでに小人となってしまった自分に突き合わされているということか。人様に偉そうな、解ったようなことを説いているが、突き詰めれば自分の器の中で、自己のアリバイを釈明しているようなものではないか。

人生の折り返しもとっくに過ぎている。ここはもう一つ踏ん張って、最期の仕上げへ向けて「運命」を切り開こうかと思わないでもない。然し、実際は切り開くというより、じたばたせず「運命」に遵って生きていこうか、と言う方が今の思いに近い。「ドラマ」のようにいかないだろうが、人生もまた自己を創造する自作自演の世界である。徒花であろうが、泥人形であろうが、木偶の坊であろうが、それなりの味わいをもった作品に仕上げなければならない。結果は「天地神明」のみぞ知る。





よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
最後まで見た夢も無く猿茸(ましらたけ)   よし
yoshiyoshi
2010/10/09 08:17
小さくなる男の大志秋の風  湘次

大志を持たない男子も増えました。
湘次
2010/10/09 08:49
おはようございます。

きれいな彼岸花ですね。

大志って何かな〜?
素敵なおばちゃんになりたいな♪

そこここにいる、柔らかな佇まいのおばあちゃんになれるよう大切に年を重ねたいです。
kingyo
2010/10/09 09:23
今日は
日毎に秋深くなりますね、こちら関西の京に近く三色の彼岸花は田圃の畦道狭しと彩っています。
         《草魂》ねこじゃらしに乾杯!
福の神
2010/10/09 10:24
こんにちは。
運命、切り開くものなのか、受け入れるものなのか
未だに分りません。 生まれる前から決まっていたものなら努力も何も要らないと思ったり、、、
無駄な抵抗かもしれないなぁ〜!! なんて思ったり・・

猫じゃらしと彼岸花、面白い取り合わせですね。
花に聞いてみようかしら?
ルフレママ
2010/10/09 14:42
今日はコメントをいただきありがとうございました。
虫干しのむさ苦しい画面を褒めていただき恐縮です。
宿命とは運命とはなどと考えた事もありましたが、よく分からないまま時は過ぎていきます。
虫干しの楽屋に似たるにぎやかさ・・・
ナツ
2010/10/09 20:54
皆さま、コメントありがとうございます。

 よしさま。
「猿酒の雫と思ふ狐雨 玉宗」

 湘次さま。
「だうしても風に乗りたいねこじやらし 玉宗」

 kingyoさま。
御無沙汰です。大小をあまり言いたくなかったのすが、志は人それぞれの器に相応しているもののようですね。お大事に。

 福の神さま。
こうしてみると彼岸花って、結構豪華な花ですね。
三色、欲しいなあ。欲望全開です。(笑)

 ルフレママさま。
私の認識や力の及ばない因果関係、縁、働き、巡り合わせというものは感じられます。それもこれも、長く生きてきて知らされるもののようです。生きるとは、それらを受け入れ、前向きに歩むことかと、思っています。

 ナツさま。
天の采配か、神の悪戯か、と実感することが多くなりました。私は私が思いこむほど自力では生きていないようなのです。

合掌
市堀
2010/10/10 10:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
大志や何処?男のロマン、って言われても・・・ 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる