再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 盆用意あれこれ

<<   作成日時 : 2011/08/11 04:13   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像


あれもこれも母の言ひなり盆用意 玉宗

一般の家庭でもそうだろうが、お寺の盆用意も色々細々あるものだ。代々言い伝え、見せて伝えてきた作法、心を伝える形がある。
墓掃除、境内の掃除、堂内の荘厳、盆花作り、施食棚、仏具磨き等々。冥界を身近に引き寄せるための、疎かならない人間の知恵である。昔は井戸浚ひなどもしていたが、あれもお盆を迎えるためのものであろう。

私などは日中は暑いので勤行を終えた後、早朝の新涼の時間帯から動き始める。今年も長男が帰省して手伝ってくれることになっており、一緒に盆の用意をできる幸いを感じながら汗を掻いている。何気ない毎年の行事ながら、家族の絆、命の繋がりを如実に感じられる行事と言ってよかろう。

画像



魂祭とも呼ばれる盂蘭盆は祖霊祭としての仏教行事であるが、民間の盆行事には古い仏教以前の信仰が痕を止めているという。死者のために祭りを行い、その苦を免れしめる行事であり、日本では推古時代にすでに行われていたとか。インドの古い農耕儀礼と、仏教の夏安居の終了に際しての、自恣供養会との集合で、それ以前の固有信仰と自然に結びついたとされている。

僧俗を越えて先祖供養できる身の幸い、縁というものを実感する折節の行事ではなかろうか。仏弟子として代々檀信徒の供養心に寄り添うことができるのも法の潤いというものであろう。心を込めて魂を迎え、鎮め、送りたいものである。神仏と共にあって人としての真を尽くす。それがそのまま彼岸此岸の掛け橋となるに違いない。今を生きている命の深さ、繋がりを大事にしたいものである。


魂棚や藪木をもるゝ月の影  丈草
玉棚の奥なつかしや親の顔  去来
玉祭夜更けて瓜の匂ひかな  野梅
新盆や悲しけれどもいそいそと  田口秋思堂
ゆるやかに日暮れて盆の人出かな  横山佐知子
死は生の褒美のごとし茄子の馬  玉宗






よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>死は生の褒美のごとし茄子の馬 

そうなんですね・・・・・
昨日は2つ、今朝は3つ
朝顔が咲きました。

いらくさ
2011/08/11 05:24
このころはいろいろな行事が重なりますが盆は絆を太くする行事ですね。
湘次
2011/08/11 08:24
こんばんは、
はじめまして、こちらにはじめてコメントをかかせていただきます。
先日のミニ句会では拙句「夏座敷」と「日時計の句」に選を頂きましてありがとうございました。頂きました選、とても励みになります。

初夏に叔母がなくなりましたので今年は初盆、
家族が集まり、故人や昔を偲んだりして家族の絆が強まっていくのですね。

これからもどうぞよろしくお願いします。
ひっち
2011/08/12 00:22
いらくささま。
お寺の緑のカーテン、しょぼい理由がわかりました。土が少ないのでした。小さな鉢植えに一株のゴーヤに水だけでは大きく育つはずがありませんね。
朝顔はそれでも毎日咲いてくれています。実がなくてよかった。(^^;

湘次様。
何処の民俗に先祖というか、いのちの繋がりへ思いを致す行事と云うのがあると思いますが、四季循環の潤いがある日本には心癒される情緒がありますね。

ひっちさま。
写真俳句の方で、お名前は存知あげておりました。
なかなかそちらへ訪問できず恐縮です。
ご健吟を祈ります。
(^^;

合掌
市堀
2011/08/12 06:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
盆用意あれこれ 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる