再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 髪を剃るという自己表現

<<   作成日時 : 2012/02/24 04:00   >>

トラックバック 0 / コメント 3

画像


新到の板木谺す芽吹山 玉宗

今日は永福寺の涅槃会法要である。法要を控えた昨日、長男が床屋で髪を切ってきた。五分刈りである。スキンヘッドは卒業式が終わってからだそうである。それはいいのだが、彼の坊主頭を初めて見た家族の感想は、「いいじゃない。お父さんより似合っているね」といった身も蓋もないものであった。

「それは当然でしょう」と夫人が自慢そうに言うには、赤ん坊の頃、頭の形に気を使って寝かせつけたお蔭だそうだ。そして、もうひとつ。以前、禅師様に長男を引き合わせた折、「お墨付き」を戴いたという。つまり、師匠である私より「いいお坊さんになる」と太鼓判を押したそうである。(−−)

祖母も義姉も長男の五分刈りを見て涙ぐんでいるには呆れてしまった。スキンヘッドにしたときは卒倒してしまうのではないかと心配してしまう。そういえば、10年前に挙げた得度式では泣きべそを掻いた倅であった。肉親が情に絆されるのは放っておくとしても、本人はそんなことでは先が思いやられる。「髪を剃るは愛根を断ずる也」と言われる。血を分けた肉親であるとは言え、出家の本質を実践して生きて行こうとしているのには変わりない。情に絆されるような初心では本人が歩みを間違うだろう。仏道の歩みには再生への不退転の決意で望んで欲しい。

然し、今回の出発の決意はその心理的経緯は窺い知れないが、自ら起こしたことには相違なく、床屋へ行くのもなんの躊躇もなく出掛けたのである。彼の中で如何なる心境の変化があったものか、少しく気になるところではあるが、僧堂へ上山する日まで基本的な雲水の作法を学ぼうとの必死さも垣間見られるのがなんとも頼もしい。そういう意味では確かに師匠よりお坊さんらしい片鱗はある。

画像


昔、中国のある山奥に深く悟った人が隠れ棲むように生きているという噂があった。
時の有名な禅師が是非とも相見したいものだと自ら山中へ探し尋ねて行った。渓谷に佇んでいるその姿を一目見て只者ではないと知れたのだが、この禅師は次のようなことをこの隠者に語ったという。
「あなたが本当に道を悟っているというなら私が髪を剃ってあげましょう。道を得ていないというなら私はこのまま帰りましょう。」
するとこの隠者は黙って禅師の前に跪き、髪を剃ってもらったという。

「髪を剃るは愛根を断ずる也」
「愛根」とはつまり「執着」ということであろう。それを断ち切ることだという。お坊さんが髪を剃るのは、本来、世間に対するそのような意思表示でもあろうし、自己表現でもある。彼の隠者が悟った上にも髪を剃ったのには「仏法」が「仏法」として現成する道の通塞を伝えている逸話である。自律は他律を抜きにしては成り立たないのがこの世の実際ではなかろうか。仏道は衆生と共にある誓願行でもある。お坊さんが髪を剃ることは衣や袈裟を身につけることと同様に、大いに意義のある表現だと私は思っている。


画像



俳句同人誌『琉』20102・2月号 VOL・35が送られてきた。隔月に発行されている超結社の同人雑誌である。代表は橋本榮治氏。

 冬銀河一粒だにもこぼれざる 橋本榮治
 龍の玉人にやさしくなる齢 松尾隆信
 遅刻もう出来ぬ蒲団を蹴上げたる 松下宏民
 枯蓮のあはき影置く水の黙 河野亘子
 母の膝思ぬ梟鳴く夜は 近藤暁代
 旅人と思ふ葛湯を吹きをれば 有住洋子
 まだ歩ける枯蟷螂のやうにかな 足立喜美子
 平穏の十一月を惜しみけり 飛鳥 蘭
 梟もわが晩年も月光裡 酒井和子

「面構え」 市堀玉宗

 奥能登の冬将軍の面構え
 綿虫の軽々しくも命懸
 雲水が抜きし大根の穴ならめ
 もう誰も愛してくれず枯れにけり
 山眠るやうに死にたいだけのこと
 冬至過ぎ日を追ふ雲の流れかな
 蒼ざめて雪の夕べは来たりけり
 夢を語れば軒の氷柱はよく太り
 灯の奥の餅搗く音やあさぼらけ
 だれも母のやうに林檎を剥いてくれはせず





ランキング応援クリック

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
見送るは寂しきものよ鳥雲に  よし
yoshiyoshi
2012/02/24 07:33
ご長男さんの決意に涙が出そうでした。
頼もしいご子息様ですね。

お生れになった時から
頭の形に拘っていた奥様!の
お気持ち解ります。

私も「ド−ナツ枕」やら、息子達の枕を
色々思案していた昔を思い出しました。
たか子
2012/02/24 09:44
こんにちは。
頼もしい跡継ぎがお出来になって 良かったですね。
でも、男親としては複雑なものがあるんでしょうね。
家でもいろいろ細々 男親は注意や意見を息子に言って聞かせていますが、
若いと言うことはいい事もあり 経験不足もありで 解ったような解っていないのか、黙って聞いています。
素直さだけが 救いです。
今日の涅槃会は お天気でよかったですね♪
ルフレママ
2012/02/24 13:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
髪を剃るという自己表現 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる