再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 興禅寺再建三周年、私は再生できたのか・・・。

<<   作成日時 : 2012/10/05 04:42   >>

トラックバック 1 / コメント 1

画像


素風いま何を思へと吹きつのる 玉宗

平成二十一年十月三日、興禅寺は再建され落慶法要を迎える事が出来た。あれから三年が経つ。大学生であった倅も今春には卒業し、現在僧堂で修行の真っ最中である。能登半島地震に遭うたことも、再建出来たことも、弟子が同じ道を歩んでいることも、思えば私の周りの殆どの事象が予想外の展開であった。というより、震災以来、私の中で「予断や予見」を持たなくなったという事情もあるのだろう。我がことながら、成り行き任せ、命のその日暮らし、といった様子が窺える。

平成十九年に被災して以来、「再生」が私の生き方のキーワードであった。私は「再生」できただろうか?旧態依然の愚かさの中で日々を過ごしているのではないかと忸怩たるものがないではない。当初は「再生しなければなりません」みたいな肩肘張ったところがなくはなかったが、ここに至って以前とは確かに違う「命との向き合い方」といったものがある。

自己が自己に落ち着く以外に人生はないし、自己に決着がついていない人生など送りたくもなかった。
「縁」の大切さや諸行無常の「今」から目を背けてはならない。戴いた「命」から逃げることも、追い掛けることもままならないのが人生の真相であろう。「いのち」という「縁・宝」をどう活かし切ることができるか。それは誰と比較することも、比較されることも許されない、独尊・究極の自己責任の道である。命はいつも、そのようにして新しい。自己更新をし続けて私を予想外の地平へ導いて行ってくれる。

私にとって人生とは「再生」の謂いに他ならない。
「再生」に拘る私は一度死んだ人間である筈である。然し、本当に私は死に切れているだろうか?この身このままで生まれ変わるとは都合のいい自己満足、或いは半端な自己欺瞞に過ぎない。点検しなければならないことがまだ置き去りにされている。

「再生への旅」はまだまだ続きそうである。


ランキング応援クリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「お願いの前に、神様とのご縁を深めよう」  神道へのいざないブログ 第77話
東京大神宮 2012年10月 1日 (月)  第77話 お願いの前に、神様とのご縁を深めよう一年の中で、神社にお参りに行くのは、どのくらいの回数があるでしょうか。お正月の初詣の時と、旅行に行ったときにその地方の有名な神社に行くくらいという人も多いかもしれませんが... ...続きを見る
【 日々の感謝 】
2012/10/05 06:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
人が世はおもしろ可笑し芋の露  よし
yoshiyoshi
2012/10/05 07:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
興禅寺再建三周年、私は再生できたのか・・・。 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる