再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の弁明/コアな話し?!道徳と仏道

<<   作成日時 : 2013/04/09 04:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


花祭りあかるき風の吹くことよ 玉宗

ツイッターのフオロワーから「市堀さんのお話は道徳に傾き過ぎている。宗教はそんなもんじゃない。もっとコアなものだと思う。それじゃ、サヨナラ♪」みたいなお言葉を頂戴した。憤る前に、余りにも意外な指摘に唖然としたことである。
憚りながらも人生のコアなところに拘って生きてきたと秘かに自認していたのだが、どうも客観的にはそうでもないらしい。それにしても「道徳的」とは、どうしたことだろう。

「道徳」とは「人々が、善悪をわきまえて正しい行為をなすために、守り従わねばならない規範の総体。外面的・物理的強制を伴う法律と異なり、自発的に正しい行為へと促す内面的原理として働く」という定義がされている。人としての当為を自発的なものとして働かせるということだろう。その際の善悪の判断基準は常識や社会的通念や情緒であったりする。個人的なものでありつつ、社会的な側面を併せ持つ。人間の存在条件の一つと見るべきか。

道徳や倫理の世界を敬遠とまでは言わないまでも、自分自身の人間性の全分ではない。といよいり「道徳」もまた「仏道の調度」であると考えている。そんな人間である私が「道徳的」とは?!否、人間が道徳的ということではなく、語る内容がそういう方向へ流れているという指摘なのであろう。
宗教のコアな部分を語らず、「生き方」とか「いのちの頂き方」とか「自己に落ち着く」といったような命題の出し方は如何にも「道徳的領域」の話しに通うものがあるのかもしれない。その辺は大いに学び直さなければならんのかもしれない。

ところで、「宗教としての仏道」であるが、そのコアなところとは「いのちの領域」のことであると信じて疑わない。その説明が「道徳的に傾きすぎた」といった懸念が考えられる。存在の実体も可能性も不可能性も、私はいつも私自身のこととしてものを言っているつもりであるが、それが人によっては「道徳的マインドコントロール」に聞こえ、見えているのかもしれない。

それはそうだろう。人が社会人としてなっているということは、お坊さんと雖も外に向かってなにがしかの供給をしていると捉えられるのが当然である。自己の世界のことを語り、実践しているに過ぎないという無用な話しも、解らないものには「そんなことがあっていいわけがない。自分だけのことに感けて人の役に立つ筈がないではないか」といった理屈も大いになり立つ。というより、なり立ち過ぎる。現実はそんな理屈で動いたり、動かなかったり、理解したり誤解したり、和解したり争ったりしている訳ではない。

コアとは何か?
道徳も倫理も善悪も、表も裏も、迷悟も、前後左右、過去現在未来も、自己も他己も、味噌も糞も糸瓜も、コアでないものがあるのだろうか?と言いたい。仏道とはいのちの話しであり、威儀である。コアなるいのちをどう戴き、生き尽くすかということだ。それはときに人間性を越えることを要求される。「道徳」が人間界隈の欲望の駆け引きであるなら尚更の事、大いに御免蒙りたいといった矜持が私にはある。腐っても仏弟子である。「道徳」といった人間評価の世界で満足するつもりはない。「仏道」はコアの究明、説明、理解以後の話しである。コアの決着済みの土俵である。教外別伝、直指人心、見性成仏の端的の事実を差し出している。語るに落ちる愚を犯す義理などどこにも、誰にもない。

私のコアはこの程度のものである。こう見えても、こんな私でよかったら、といったような憚り方をしているつもりだ。私は私の器で生きているのだろうし、生きるしか術をしらない。「仏道」が私のような些細な存在者に解放されていなかったら、それはすでに「宗教」ではないだろう。申し訳ないが、私はそのように開き直って生きている。

画像


「春疾風」

春疾風空のどこかが破れたる

春荒の纜軋む海溢れ

春荒といふ母の乳房に殴らるゝ

春霖へ藁を咥えて飛び去りぬ

巣作りの雨に打たれし親烏

天上は大風らしき辛夷かな

宵かけて海立ち騒ぐ雁供養

鶯や空にも鍵があるらしき

母と子の二人の暮らしクロツカス

なかぞらにたゆたふ花の奢りかな

極まりて色失へるさくらかな

花の雨上がるや烏ああと鳴き

小鳥らの梢隠れに潅仏会

甘茶仏夕映えに立ち濡れそぼつ

潅仏の光りに濡れて闇に濡れ

背伸びして甘茶をかけて手を合せ

雲水に担ぎ出さるゝ花御堂

野の花も入れて葺きたる御堂かな




ランキング応援クリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の弁明/コアな話し?!道徳と仏道 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる