再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 食いしん坊さん!

<<   作成日時 : 2013/10/17 05:15   >>

トラックバック 0 / コメント 1

画像


悉く腹を空かせてゆく秋ぞ 玉宗

NHKの朝ドラ「あまちゃん」が終って「ごちそうさん」が始まっている。
「食べることが生き甲斐」のような女主人公であるが、「食」に纏わる「生きる力」みたいな人生模様が展開されていくのだろう。今のところ結構面白い。

世に五欲と呼ばれる本能的とも言える欲望がある。色欲、食欲、睡眠欲、名誉欲、財欲の五つ。細かく分類すればもっとあるのだろうが、要するに生きていく力、ダイナモの要素であると言ってもそう目くじらを立てて叱られることもあるまいと思う。

私はどちらかと言えば「食いしん坊」と呼ばれて育ってきた田舎者である。平均的半農半漁の家に育ち、ひもじい思いをしたと言う記憶がない。内容はともかく、その辺は家族の暮らしを支えるのに苦労を厭わなかった両親の真心の賜であろう。働く姿は勿論の事、自分の食べる分まで子に分け与えていた両親の姿を今になっても忘れないでいる。

記憶に残る小さいころの食事と言えば、海や山で採ったり作ったものが多かったということである。昆布、烏賊などの海のもの。じゃが芋、南瓜、玉蜀黍など山のものは主食に近い食材であった。自然からの戴きものといった感じ。漁師であった父と、畑仕事に精を出していた母。両親の供してくれる食材を食べるのが子供にとっては当たり前すぎる程のことだったに違いない。比べなければ、どんな親の料理も子供には御馳走である。分別がつき、文化的生活と云った風潮を目にするようになり、不平不満や偏りを持ちだしていったのだろう。

それはともかく、六人兄弟の中では一番の食いしん坊であったには違いなく、長ずるに及んで「馬力がある」「溜まることはないだろうが、喰うには困らない」「お前は空気を食べても生きて行ける」といった私への評価を何度となく耳にしてきた。生きることの逞しさ、みたいなものがあるのだろうか。半生を顧みて、確かに転んでも只では起きないといった感がないこともない。それもこれも、両親の愛情から授かった生きる力なのかもしれない。

繊細なのか鈍いのか、図々しいのか馬鹿なのか、われながら解らないところがある。そうではあるが、一方で「人間、一生の食べる分は生まれたときに決まっている」といった運命論的な見解も真に受けている。五十八年、馬力任せに生きてきて、あっちにぶつかりこっちでひっくり返るような人生。

さすがに昨今は身心内外の諸行無常を目の当たりにする日々で、メインテナンス、手入れ、軌道修正、微調整、ランディング準備をしなければならんことに気付かされている。仏道は欲望に振り回されない生き方を志向するものだ。いつまでも食いしん坊、万歳とばかり云っていられない。



画像



「野分」

夜は海のこゑかとおもふ野分かな

鮎錆びて黒谷村に風生まる

落栗や国を憂ひて雲居せる

初物の大根をもらふ七七忌

あてのなき風に遊ばれ蓼の花

背後より先を越されて秋の暮

本堂に猫入り来る秋出水

つはぶきの花の夕べに消え入りぬ

月晴れて首を擡ぐる濡れ落葉

子ら出でて台風の尻追ひ駆くる






ランキング応援クリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
萌音
2014/02/19 11:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
食いしん坊さん! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる