再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の只管打坐・こころ忘れて今を生きる

<<   作成日時 : 2014/07/26 05:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


疲れ鵜の籠に息づくしづけさよ 玉宗

お盆の忙しさを来月に控えて閑居している私であるが、暇に任せて暇とか多忙とか言われる際のこころの在り処を点検してみたい。

人間、暇があると魔が差すと言われるが、逆に暇なしというのもなんだか危うい感じが拭いきれない。
「忙しい」という字は、心を亡くすと解釈するのが世の通例で、余り褒められた状態ではないもののようだが、世の中は「お忙しそうでなによりです」などと挨拶を交すように、多忙を羨む風がある。 忙しさも限度を超えて、自己が仕事に振り回されたり、芯がぶれるようなことは好ましいことではないが、それにしても適度に多忙な時間を過ごしているときの、あの充実感というものは何なのだろう。

適度な「忙しさ」の様子を点検してみれば、「こころ」とか「こころでないもの」とか、「つまる、つまらない」などという「余念」がないことに気づくのである。ものや事と一つになっている時、私は何かを亡くし、忘れている。それはまるで、命が充実するために妄想の出る幕がないかの如きである。 「忘れている」とはそういうことであってみれば、それは決して消極的な命の真相ではないように思えるのだが如何なものだろう。結論を先に言えば「心を亡くす」、或いは「心を忘れている」状態というものは決して悔むべき命の全体像ではないと言いたい。私どもお坊さんに引き寄せてものを言えば「行」というものの本質に通う心術であると考えられるのである。もっと云えば「坐禅」の充実感、空虚感、莫妄想の端的に通うものがあろう。只管なるとき人間の心と体は理想的な新陳代謝、アップデートをしているに違いない。

一方で、暇潰しに人生を生きている様なことに陥ってはいなかと危惧することがある。
「無為」とは何もしないことではない。怠けることでもない。道とか法と呼ばれるものに身心を委ね任せる、一つになることであろう。そこにもやはり「こころを忘じる」功夫がある。本来、「暇」「間」とはいのちにとってなくてはならない代物でもあろう。「遊び」「暇」という潤滑油がなければ何事もうまく廻って行かない。

「急ぐな 休むな 夢を追え」

板橋禅師のお言葉である。
「夢を追え」が私には如何にも禅師ならではのお示しに思える。並のご老師なら「夢を追え」とは言わない。もっと宗旨に即した決まり文句で事を収めようとするところだ。 「閑」の一事に通じる仏道の極意であろう。

「忙しさ」や「暇」が人を誤らせるのではない。ものごとと一つになり切れない、つまり「こころを忘れ切れない」今の真相が問題なのではないか。私という事実の真相は、忙しかろうが、そうでなかろうが、いつも一つの今の命を生きているには違いない。「夢を追え」とは禅師様流の今を生き切ることの極意であろう。急ぐことも、休むことも、もっと言えば、追うこともない淡々とした命の戴き方を示されておられるのだ。私はそのように受け取っている。あるがままに、拘りもなく、心を忘れ亡くした、充実した「今」になり切る。無為とは独楽が廻っているときに止まっているように見える如く、いのち只管なる様を言うのである。そのような無為なる人の分上は今より外にないものと心得たい。

禅師様には次のようなお言葉もある。併せて肝に銘じて生きていきたい。

「雑用というものはない。愚痴があるだけだ」




画像



「蝙蝠」

蝙蝠や鵜舟影なす長良川

暮れてゆく水のにほひや船料理

みてごらん西瓜はかぶりつくのだと

生き死にを遥かに星の涼しさよ

硯海の潮彩なす雲の峰

なけなしの知恵を絞れど蝉時雨

花擬宝珠釈迦三尊のしづけさの

生娘の謎の如くに桃を手に

木槿咲く朝ゆ叶はぬ夢あまた

冷奴手間のかゝらぬ亭主佳き

うつろなるものの漲る夏の空

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の只管打坐・こころ忘れて今を生きる 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる