再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の諸行無常・能登観光ブーム再来?!

<<   作成日時 : 2015/05/03 21:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


聖五月先を競うて遊ぶ日ぞ 玉宗

ゴールデンウイークも闌かな。新幹線や朝ドラの影響があってか、能登にもマイカーが押し寄せているようだ。輪島のような狭い街中を県外の自家用車や大型バイク、観光バスが走っている。昔の能登半島ブームの再来かと思わせるとは助手席に坐っていた夫人の言である。今から四十年以上も前の話しをしているようだ。婿入りした私が輪島に入ったのは今から三〇年ほど前。まだ、永福寺では民宿をしていたが、まだ往時の賑わいの残滓があった。その後十年ほどして民宿の看板を降ろすことになった。台所を任せられていた寺族の高齢化ということもあったし、観光客も俄かに減少していたのである。

現在でも民宿の数は増えてはいないようだ。観光客の嗜好も様変わりして、民宿よりも小奇麗なホテルやペンションを利用しているようだし、交通手段の変容で輪島での宿泊より車で移動できる温泉宿泊地を利用しているようだ。

門前町の大本山總持寺祖院も能登の観光地であるが、往時の集客数には桁違いに及ばなくなって久しいとのこと。私が安居していた昭和の末頃までは、ゴールデンウイークなどは雲水も総出で駐車場の整理に駆り出されたものである。定期観光バスや不定期の観光バスも路上に長々と駐車をしていた。今では町の協力もあり、大駐車場も完備されたし、震災以後は門前の町並みも小奇麗に整備されたのである。

憚りながら、興禅寺も縮小されたが再建されて街並みに色を添えていると密かに自負をしているのではある。然し、如何せん、バスの一台も参拝に来ることもなく、門前の観光と云えば祖院というのが昔からのお決まりである。まあ、それはしょうがないことではあるけどね。せめて、毎日バス一台でも拝観してお賽銭を投げいれてくれたら、常住も潤うんだけど…。こればっかりは、私の営業努力の皆無ということもあり、観光客が素通りしてしまう。

世間ではお寺と云えば観光というのが相場のようでもある。それを一概に仏法とはなんの関係もないことだと排斥非難するつもりもない。観光となるに耐えたる神社仏閣にはそれなりの歴史があることは否めない。人が参拝したがる理由には単に文化財的な価値観共有や美意識の問題だけではない、信仰と云う欲望を越えた世界への、畏敬の念や憧憬があるからだろう。そのような思いに寄り添えるだけの「かたち」や「うつわ」が観光地と呼べれ親しまれるところには備わっているのだろうね。私自身のこの歳になって、若いころには想像もしなかった「神社仏閣巡り」への興味が仄仄と湧いて来るようになったのであるから。

光陰とはじつにうつろいやすく、危うく、そして諸行無常の端的そのものであったのだね。身も心もものも、自由自在に変化して已まない今がある。過去現在未来がある。生死がある。観光ブームに乗りたがり、賽銭の過多に汲々として、仏道の歩みを本末転倒してしまうというのも、如何にも口惜しいことであるし、あってはならんことであるし、商売ですら、そのほんとのところは信頼をやりとりするのであることからしても、仏道は人の縁の真っ只中に成し遂げられるものであることを再確認したいのである。武士は喰わねど高楊枝ではないが、節操を曲げて、媚びへつらうようなお坊さんにはなりたくなもないのである。まあ、こんな感じですから、人様に人並以上の暮らしをしていると怨まれるようなことは金輪際なかろうとも思っている訳ではある。



画像



「はらわた」

子が食はぬ粽を母が食うてをり

花見より戻れば家の冷たさよ

絞るやうに開き初めたる海宇かな

襟を吹く風にも夏の遠からじ

囀りを聞いて腸なごませる

雀の子らしきが人と遊びたがる

夕ひばり宿題はみな後回し

メーデーを何の騒ぎとついて歩く

夏来ると髪を短くして待ちぬ

ものを煮る如く代掻してをりぬ








画像



「小筐」

人を送りて触るゝばかりに春の月

筍を厭になるほど食ふことに

龍宮の使ひもあらず磯遊

逃げ回る小蜘蛛を吾の他生かと

泣くに泣けざる八十八夜濡れ鼠

藤房へ潜り込んでは唸りけり

まだ解かぬリボンの小筐五月来る

のたうちて地を湧き出づる蚯蚓かな

斃れたる蟻を担いでゆく蟻が

草引いて悔い改むる男かな



画像


「森の星」

プラネタリウムへ森の蕨を摘みながら

春星の火を獲りにゆく男かな

春眠や星うつくしき森に棲み

満天の星けぶらする霜くすべ

ふらここの揺れ已みしかば宵の星

憲法記念日森の星座を見てゐたる

春暖炉火星近づく話など

聖五月先を競うて遊ぶ日ぞ

ふらふらと春三日月にぶら下がる

月星の朧に堪へず早寝せる











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の諸行無常・能登観光ブーム再来?! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる