再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のびっくりぽん・お坊さん派遣業

<<   作成日時 : 2015/12/13 17:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


山里はひそかに日暮れ木守柿 玉宗


お坊さん派遣業といったようなものがある。


産経ニュース・アマゾンが「お坊さん」をネットで宅配!? 3万5000円で読経 8日から受付開始
 
http://www.sankei.com/economy/news/151207/ecn1512070010-n1.html

インターネットで葬儀の注文や僧侶の派遣を定額で受け付ける事業を展開するみんれび(東京都新宿区)は7日、一周忌などの法要の際に読経を行う僧侶の手配を3万5000円で受け付ける「お坊さん便」をアマゾン10+ 件のサイト内で8日から行うと発表した。みんれびはこれまで自社サイト内で僧侶の手配を行っていたが、レビュー機能の充実したアマゾン10+ 件内でも展開することで、受注件数の増加を図る考えだ。

 読経を依頼する寺院との付き合いがなかったり、お布施や車代などの費用相場がわかりにくいなどの声が多くあがっていたことから、同社は平成25年から一周忌などの主要法要を3万5000円、一般の葬儀を16万円など定額で僧侶を手配するお坊さん便を開始。浄土宗、真言宗、曹洞宗、臨済宗、天台宗、浄土真宗、日蓮宗の7宗派の全国の僧侶約400人が手配に基づいて読経などを行う。昨年の問い合わせ件数は8000件に上ったという。
アマゾンで行うお坊さん便は、3万5000円で手配する、事前予約が可能な一周忌などに限定。法要予定日の5カ月前から2週間前までに予約が必要。



従来の檀家制度に拘らない読経、法事、葬儀などの要望に応えるというものらしい。都会の葬儀屋さんには何時のころからかしらんがお抱えのお坊さんがスタッフとして用意されていて、顧客の要望に応じてどの宗派の僧侶でも対応できる体制を整えているらしい。葬儀が葬儀屋さん主体になって久しい。無宗教葬儀、家族葬といったものも利用者からの要望に応えた商品の一つなのであろう。

今回の、お坊さん派遣業とやらは、いわば便利屋さんの延長線での話のようなものだ。檀家制度に縛られないという時代風潮の波もあるのだろう。お布施が不明瞭、法外だという世間知もある。このような展開に注目し、賛同するお坊さんもいれば、批判的な方々もおられるだろうことは想像に難くない。

正直なところ田舎ものの私などには当初、違和感があったのだが、お坊さん派遣業にある問題提起といったものを冷静に考えてみるに、あながちに否定されるべきものでもないようだ。そこには確かに宗教の現代的展開の機会が開けるのかもしれない。既成宗教の逼塞が打破される可能性も無きにしも非ずだ。

その一方で、派遣業のもつ落とし穴といったものも感じるのである。それはなにかと具体的には云えないが、今いえることは「宗教と利便性」との問題といったようなこと。宗教とは何かを越えるもの、何かを捨てるものではなかろうかと常日頃思っている私には、布施をお金の多寡だけで捉える世相も、人生の豊かさを利便性や合理性だけで価値判断する風潮に違和感が拭えない。危なっかしいのである。なにか違うんじゃないのかな、といった感が拭えないでいる。

これが単に田舎坊さんのびっくりぽん、見当違い、杞憂であったなら幸いである。


画像


「恋」

着膨れてわが身ながらもうつゝなき

煤逃げの影もいぶせき父なりき

あかぎれを母が形見とおもひけり

沢庵石おゐどがほどの重さなる

胸に抱く焼芋恋の冷めぬやう

禁断の父の書斎や漱石忌

大根引く顔はとっくに暮れてをり

冬薔薇叶はぬ恋のおもざしの

菜を洗ふ水の音にも暮早く

初霜や家出もならぬふるさとの



画像



「結婚記念日」

月よりの使者かとおもふ焼芋屋

綿虫は冥土の使ひどこまでも

凍星へ夢を語りし逢瀬あり

冬空を滑り落ちたる二人かな

狐火の一つを妻に娶るなり

得もいはれぬ妻との縁年も暮れ

畳替へ浮いた心地がしてならぬ

切り貼りし障子明りの夕餉かな

星屑をくべて焚火を育てけり

生きて来し二人の月日龍の玉

冬籠隅に置けざる妻とゐて

暮れてゆく水の早さに菜を洗ふ

葱抱いて寡婦の如くに戻り来る

もはや正気で生きてはをれず帰り花

今さら妻に蒲団を敷けと言へもせず

行く末が見えてしまへり火を埋む



画像


「煤」

臍の穴鼻の穴にも年暮れて

家さゝふ梁の暗さや十二月

年貢納めに遅くならないやうにして

不景気な男が一人焚火して

着膨れて鍵を忘れし顔をして

インバネス空を憂ふること頻り

うぶすなの杜へ寒柝二つ打ち

おめでたい顔して飾り売る男

煤逃の止り木に来るまた一人

煤払ひ終へたる部屋がつんとして

忝い顔して浸かる煤湯かな










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市堀玉宗第三句集『安居抄六千句』

画像



出版元である邑書林へ申込の方はこちらから↓お求めください。 

邑書林http://youshorinshop.com/?pid=91226737


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日のびっくりぽん・お坊さん派遣業 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる