再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 選り好みせずに生きる・日々是好日

<<   作成日時 : 2016/02/29 19:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


春の霜二の足を踏む音のして 玉宗


お寺の行持は一見すると毎日同じことの繰り返しのようなもの。十年一日、百年一日、千年一日といったところがある。

例えば寒行托鉢にしても、避けることのできない寒さの中を、いつもと同じ道を、いつもと同じように鈴を振って、いつもと同じお経を唱えながら托鉢してあるく。仏道とは毎日同じことを実践することなのかと思いたくなる。何が面白くてお坊さんをしているのだろうと見られている節もある。


仏道はまっすぐないのちの戴き方を教えている。凡夫ながらも、真っ直ぐ自己のいのちを戴き、そして施す。唯一無二にして、諸行無常なるいのちの実相を見極めなければ、多いに迷うこと請け合いの人生。昨日と同じことのつまらなさを嘆く愚かさ。過ぎたことや将来への愚痴や不安を抱く前に、「今の実相」をこそ自問自答するべきではないのか。

今とは何か?命とは、生きるとは?

いのちは過去や未来とは似て非なる「今」を生きている。因果歴然として、且つ、前後が切れている、切れながらもつながっている。そのようなあってないような代物の「今」があるばかりだ。そこには無私にして、誤魔化しが利かず、そして真に自由自在な世界がありはしないか。「いつもと同じ私・いつもと同じ今日」といった転倒妄想こそが迷いの根源ではないか。本来、私は妄想とは関わりのない、なんともない「いのちの事実・今」を生きている。

避けることも貪ることもいらない、ありのままなるいのちの、ひたすらなる様子がある。選り好みする必要もない、日々是好日であるばかり。信仰を持って生きるとはつまりそういうことではないかな。




画像


「曳かれ歌」

雁の帰りし浜と聞くばかり

雁行きし浜にひろへる木屑かな

雁風呂やわれに蝦夷の曳かれ歌

沖を見る眼はうつろ鳥雲に

僧一人木の芽山へと上りゆく

音もなく雨降る宵の桜餅

海鳥の夢見る春の潮かな

落椿アリバイのなほつづきをり

初音して海の明けゆく峠かな

草によこたふ手負ひの雉子でありにけり

引鴨や九十九折りなす七尾線



画像


「土手」

土手を吹く風のかろさや春めきぬ

貧相な男が通る初音かな

菜の花や野にかぎろひの尿をして

夢を失くして土手を歩けばいぬふぐり

如月の水占ふや弓矢引き

ふきのたう金比羅山の裾野より

料峭や舌に切手のへばり付き

田の隅に菜屑捨てゆく二月尽

鳥雲ににんげん土手を歩むなり

着飾りて少し淋しき雛かな



画像


「つんつん」

つんつんと棘ある薔薇の芽吹きかな

雪割草風もさ迷ふ山のべの

空に声して芽吹き已まざる木の芽かな

海原はさびしきところ鳥雲に

生きながら首落とされし椿かな

二の足を踏んで梅見ることをせり

捗らぬ宿題古巣よく見へて

青海苔のゆらめく磯の忘れ潮

如月の風へうへうと出て歩く

風はまだ頬につめたき柳かな

間違へて土竜顔出す二月尽










鳳来山永福寺晋山記念事業ご案内


永福寺(鳳来堂)は昔より霊験あらたかな観音霊場、地蔵尊の祈祷寺として多くの信仰を戴いてまいりました。約百年前に門前総持寺膝下にあった永福寺が輪島の信者の皆さんに守られて来た由緒ある仏さまと合体して今に至り、私・市堀玉宗代まで七世の住職が任を務めて参りました。

その間、社会的にも様々な変遷があり、輪島の宗教事情や市民の宗教感情、意識もまたゆるやかではありますが変化しつつあるところです。しかしながら、社会の変化の中で私どもはお寺の存在をこれからも世に問い続けていかなければならないものと考えております。

ご存知の様に、永福寺には檀家がありません。今日まで多くの信者の皆様に支えられて参りました。つきましては、この度永福寺新命和尚の晋山式挙行に当り、左記の要領で基金を募ります。住職にとっても、信者の皆様にとっても生涯に一度の結縁です。広く布施の願行をお勧めいたします。

お申し込みの方には記念品贈呈の上、法要に当り祈願、供養の回向をいたします。
法要に際しましては、おさそい合わせの上、多くの皆様の参拝をお待ちしております。合掌

晋山式記念事業等の内容

1、平成28年11月3日晋山式大法要
2、記念事業 (境内整備等)
3、記念書籍刊行
4、稚児募集 (募集開始は夏以降)

◎基金募集

晋山式事業基金を次の要領により募集します。 

募集期間 2016年1月より2016年10月まで
募   金 一口・5000円(何口でも結構です)
送金方法 「晋山式基金」と明記のうえ、郵便振替口座でお送りください。
送金先  郵便振替口座 加入者 永福寺 口座記号番号 00750・5・101412




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市堀玉宗第三句集『安居抄六千句』

画像



出版元である邑書林へ申込の方はこちらから↓お求めください。 

邑書林http://youshorinshop.com/?pid=91226737


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
選り好みせずに生きる・日々是好日 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる