再生への旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 地蔵盆?!

<<   作成日時 : 2017/08/18 05:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


毬栗や落ちても痛くないやうに 玉宗


さて、お盆の行事も済んでのんびりしているのだが、永福寺では檀家もないということもあるのか、昔から山門施食会法要を行っていない。教区のご寺院はみな日程が組み込まれている。興禅寺は8月3日であった。

古来からの行事を守ることも大事ではあるが、古きよきものを今に活かす観点からしても、お寺もまた新しい企画を打ち出してもいいのではないか。ということで、永福寺で直近の8月23日ではあるが、今までしてきたことない「地蔵盆」なるものをやってみることにした。

今年は準備不足を否めないのだが、まあ、思い立ったら取るものもとりあえず駆け出してしまうような私。今までもいろんな企画、目論見を言い出し、やってみたことはご存知の通り。そして三日坊主を地で行くような仕儀になっていることも。長続きしているのは「俳句」くらいなものかな。

まあ、しかし、あきらめきれないのも正直なところ。生きているうちはいろいろ試してみたいんだよね。

どうなることやら。\(^o^)/



画像



                         



画像





「甘さ」

ふるさとは露の甘さの稲穂かな

朝顔やなにもなかつたことにして

木になれぬ淋しさ独活の花つけて

だらしなき汁の甘さや長十郎

毬栗や落ちても痛くないやうに

煮ゑ滾るやうに転がる芋の露

冬瓜のごろりと人生甘くない

暮れてゆく水の行方や秋澄みて

唐黍や肩寄せ眠る甘き夢

野葡萄やわりと気楽な次男坊

滲み出る柘榴の甘さ血の色の

色のなき風に破れし蜘蛛の糸

朝露の煌きを野に鏤めて

生きてゆく脇の甘さや鳥渡る










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地蔵盆?! 再生への旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる