訪ね人

画像


白山は照葉紅葉と峡の空 玉宗



<紅葉狩り>


何かを探している

そして、それはどこにもないらしい

栞とするのには

余りにも美しい徒労の日々よ


木漏れ日は福音のやうで

生まれてきたことも

死んでゆくことも

夢であることに変わりはない


立ち止まるのが恐いほど

空がこんなに碧い


だれもが

檻から逃げ出した囚人のやうに

けものの貌をしている


償わなければならないものが

まだあるやうに

時間の中をさ迷い歩く






よい記事と思われましたらポチっとお願い致します。合掌
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ


この記事へのコメント

yoshiyoshi
2010年10月16日 07:31
がちゃがちゃもあらかた去って闇の濃さ  よし
市堀
2010年10月18日 20:06
 よしさま。
一句ありがとうございます。
「がちやがちやの事切れんとす前かがみ 玉宗」


この記事へのトラックバック