無心に生きる

IMG_5118.JPG

コスモスを吹く風だれも咎めざる 玉宗


気持ちよく死ぬ為には気持ちよく生きるしかありません。
「気持ちよく生きる」とはどういうことか?自分が気持ち良ければそれでいいのか?結論を言えばそれでいいのだと思います。問題はその自己の何たるかです。欲望に振り回される自己。そのような自己の「気持ちのよさ」とは一過性のもの。つまり苦の種になるばかりです。そうではなく、自己を調えること、よく調えられた自己、よく忘れられた自己。それこそが気持ちよく生きる妙術・秘訣であると先人は教えています。

自己を調えるとは他を受け入れ、活かすことでもあります。私さえよければいい、という欲望の充足に余念がない生き方とは対岸にあるものです。無心に、きれいさっぱり力を尽くして、心を配り、身を配り、心を施し、身を施す。そこには余念なく今を只管に生きる命の充足があります。「無心」とは「大心」に等しいものです。

貪りの世界にあるのは「気持ちよさ」ではなく「閉塞感」ではないでしょうか。自分の都合や思いを先立てない生き方。そのような「気持ちよく生きる」先の彼岸にある「気持ちよい死」。それが詭弁ではないことを先人の生き様、死に様が教えてくれます。

コスモスの花は無心にひらき、無心に風にゆれ、無心に蝶を呼びます。秋の爽気に彩りを添えてくれます。どう生きても一度限りの、儚いいのち。嘗てない一度きりの人生であるからこそ「気持ちのよい生と死」を約束されているいのちであるのかもしれません。

      〈 法話集『両箇の月』より 〉



IMG_0636.JPG

「風の秋」

僧となり色なき風を纏ふかな

秋海棠つまくれないの花灯し

秋風やわが身ながらも懐かしき

椋鳥の潮をなして空覆ひ

風のいろ雲の色にも能登素秋

鳳仙花母が迎へに来てゐたる

淋しらのいつか来た道風の秋

稲雀瑞穂の国のおこぼれに

ゑのころや草は気まぐれ風まかせ

蓼の花叶はぬ夢を咲かせけり

秋桜風を嫌がるふうでもなく

鳥影や秋夕焼の彼方へと



IMG_8245.JPG


「ちらほら」

朝寒の手が伸び枕引き寄する

老いといふ旅を敬ふ日なりけり

葛の葉に埋もれさうなる能登暮秋

佇める影もちらほら秋彼岸

栗飯を温め直す留守居かな

鳥声や山の木天蓼実となりぬ

冬が来る前のしづけさ蕎麦の花

風に乗り雪を迎へにゆくところ

暮れやすき人の世雁も渡るころ

だれ待つとなけれど秋のゆふまぐれ

外に出ればすでに夕暮れそぞろ寒

一人夜の酒を温めむ人肌に

この記事へのコメント