愚のごとく生きる

仏弟子はほとんどをのこ茎立菜 玉宗 禅宗のよく読誦する「宝鏡三昧」というお経の一節に次のようなものがある。 潜行密用 如愚如魯 只能相続 名主中主 「潜行密用は愚のごとく魯のごとし。ただよく相続するを主中の主と名なづく」 愚かさとは何か。それは自己を知らないことに尽きる。そして仏道に於ける「愚」とは何か。…
コメント:0

続きを読むread more