花のいのち

囀りやほとけ生まれて来たる日の 玉宗 能登の春は冬のイメージと打って変って花が咲き競って明るいものです。 ひと月遅れとなりますが五月の風薫る花のかんばせに囲まれての花祭り。お釈迦様の誕生に相応しいと感じるのは日本と云う四季豊かな仏教国ならではの感慨でしょうか。 「降誕会」は生れ合わせたいのちの奇蹟に思い…
コメント:0

続きを読むread more